FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  作り方

タイの即席麺


世間は連休中のようです。
私にはあんまり関係ないかなぁというところで、
本日も「まちづくりニュース」のデータ編集作業中・・

そのうちお腹が空いてきたので、
最近近所のスーパーOKで買ったタイの即席麺を作る事にしました。

本日はそのレポートです。

180916-01.jpg 


以前買っていた物よりも、包装がしっかりしています。
5個セットで、値段は忘れました・・
すでに4個作って食べたので、これが最後の1つです。

実は最近、ネットでインドのストリートフードの映像を見ていて、
最初に炒めるんだな・・ と思ったので、
これはタイの物ですが、
実験的に炒めるところ作り始めたら、なかなかうまくて4個食べてしまいました
という訳です。

それでは早速フォトレポートをはじめましょう。
まず、冷蔵庫にあった・・

ニンジン 薄切り
にんにく みじん切り
しいたけ 薄切り
セリの茎 みじん切り
セロリの茎 みじん切り


180916-02.jpg 


これらをごま油で炒めました。弱火
ニンジンに火が通ったところで、キャベツ投入・・


180916-03.jpg 


つづいて、エビ3匹を洗ってグル剥きしたカラだけ投入。


180916-04.jpg 


身の方は、適当にちぎってわたを抜き、片栗粉をまぶしてから投入。


180916-05.jpg 


すぐに適量の水を入れ強火。


180916-08.jpg 


さて、麺についてくるこの油ですが・・・


180916-06.jpg 


私には合わないようで、気分が悪くなるから
代わりに、


180916-09.jpg 


ラー油とカイエンペッパーを少々・・ これで代用。
エビガラからダシが出たら、エビガラだけ引き上げて、
麺 投入。


180916-10.jpg 


こちらの調味料を入れて、ついでにタイ風になるようにレモン汁も入れました。


180916-07.jpg 


180916-11.jpg 


醤油を回し入れ・・
2分ほど煮込みます。


180916-12.jpg 


日本人の味覚には、醤油追加は必要ではないかと思っています。


180916-13.jpg 


できたようです。


180916-14.jpg 


パクチー代わりの、セリの葉をちらして 完成 ! 

ちょっと"ちゃんぽん"のような感じですが、
レモン汁も効いていて十分タイな感じのラーメンになりました。
エビに一手間かけているので、プリプリです。

ここまで具が多いと、十分一食分の料理になりますよ。




スポンサーサイト
[ 2018年09月16日 01:29 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

手ぬぐいうさぎ人形


「こみやえん」で販売中の「ほりきりん」手ぬぐい
暑い日は本当に活躍してくれます。


180425-02.jpg


ところで  他に使い方はないかな?
と思い、うさぎ人形を考案しました。


180818-01.jpg 


例えば、震災で避難所とかに避難している時に
こどもを落ち着かせるために作ってあげるのも良いかもと思います。
8/18 17:37  以下「作り方」のうち25:耳の最後の工程に、より安定する方法を追加しました。

【作り方】
PDFはこちら

180818-01.gif 
180818-02.gif 
180818-03.gif 
180818-04.gif 
180818-05.gif
180818-06.gif 
180818-07.gif
180818-11.gif 


耳を作るところ、
上部先端2つを上方向に持って行くところが少しわかりにくいかなと思いますが、
要は上になるように・・ と思ってぐねぐねやっているとうまく行くと思います。
その方法で安定しない場合は、25番の図の右側に書いた"小さく結ぶ方法"を試してみてください。

手が解けやすかったら、先端を長く出して結んで先をもう一度結び目に入れると安定します。

隠し芸として、ひとつ覚えておいてはいかがでしょうか。


( 個人が楽しむためにフリーで公開しています。
著作権は放棄していません。二次使用・無断転用禁止。よろしくお願いいたします。)




[ 2018年08月18日 11:22 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

キュウリのラー油漬け

そういえば、最近トンと調理について載せていなかったことに気がつきましたので、
西の物も出盛期に入ったようですし、本日は「キュウリのラー油漬け」のレポートです。

  180406-04.jpg


その都度、切ったり加工するのは めんどくさい・・
などと無精なことを思った時に、
前に習ったレシピから自分仕様にした「キュウリのラー油漬け」を作ったのが始まりでした。

【用意するもの】1本分で書きますので必要数を掛けてください。大小は計量スプーンです。
キュウリ  1本
・酢  大2
・砂糖  大2/3
・醤油  大1/2
・ラー油 小1/2以下 好みで調整
・ごま油 小1
塩   ふりかけ分と最後の調整分 適量

以下は、あればなお良し。
生姜 すってひとつまみ分
唐辛子  1/4本以下

【作り方】
  1. ・マークをすべて鍋に入れ一煮立ち。味を見て塩を加える。180406-03.jpg
  2. キュウリは、包丁で切る前に塩をまぶし、まな板の上で包丁を横にして押し潰し一口大にcut。
    写真は塩を忘れていたので後からまぶしました。適当すぎる・・180406-02.jpg 
  3. すった生姜+輪切りにした唐辛子と共にビニール袋に入れる。180406-06.jpg
  4. 容器にセットして、1.で作った漬け汁を入れる。180406-05.jpg
  5. 冷めたら、冷蔵庫で保存。
  6. 昼に作って夜から2-3日は食べられます。180406-07.jpg 

うちは黒糖なので、黒目にあがっています。普通ならもっと緑色だと思います。
すっぱ甘辛で、ごはんが進みます。

こども用には、辛い調味料を引いて作っても良いのかもしれませんけど、
作ったことがないので塩加減とか工夫してください。ラー油漬けになりませんが・・

食べる際、容器から取り出す時に直箸をさけると保ちが良いのと、
漬け汁が結構残るので、再度煮沸して醤油等で味を補強し2回目の漬け込みに使ったことがあります。自己責任でお願いします。


【おまけ】


あまり日本ではE8理論を解説したものを目にしない気がするので、私のメモ的に再びTEDの映像を貼らせていただきます。 

なんだかよくわからないのですが、図形としていろいろな要素の関係性を視覚的に表す図形モデルを作ると、今の時点で人間が気が付いていないものまでを含め、全体として世の仕組みはこんな風になっているんだよ、きっと、と言っているのかなと思います。世界が広がる感じがしますよね。なんだか多次元立体みたいに見え、次々現れる形には数学的うつくしさが感じられます・・ただこのままだと相対性の中にあってたぶん静止した世界になるから、何かしらの影響でどこかの箇所が歪んだりするのがリアルな世界なんでしょうね。


絵画などでも、多くの文字を使い説明されている作品を頭の中で こうかな? こうかもな? などと長い時間こねくり回していて海外の美術館でその作品の本物を見ると、一瞬で全部理解できる ! って感じることがあります。なんとなく、この事と似ているような気もしてきます。


[ 2018年04月06日 07:09 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

暑い日の卵料理

夏場は、自炊者には火口に立つのがつらい季節。

そこで、暑さを避けて作った卵料理が、
意外によくできてしまったのでご紹介します。


170719-02.jpg 

お好みで ケチャップやタバスコやシラッチャ等かけると、色彩的にもさらにGood ! 

【材料】1人分
卵 1個
ピーマン 1個
ベーコン 適当
塩 適量
コショウ 少々
水 大さじ1くらい

【作り方】
  1. すこし深さのある取り皿に卵を割り入れる。
  2. ピーマン・ベーコンは、ちいさく切って1.の皿に入れる。
  3. 塩・コショウを振って、水を入れ、混ぜて卵液にする。
  4. 1分ほど電子レンジで加熱。
  5. 完成 ! 

材料は、熱が通りやすい様に、薄く小さく切ればいろいろ使えると思いますよ。
油を使わないところもミソだったりします。


ところで、この四角い皿。
ずいぶん前に取り皿がひとつ割れたので、某ダイソーで代わりに購入したものです。
洗いにくいかも・・ と売り場で手に取っては戻しを何度もしましたが、
使ってみるとそんなコトもなく、さらに何でもない料理 たとえばナスの油焼きとかが
オシャレに見えたりする ! 

適当に作ったジャーマンポテトもこのように・・

170719-01.jpg 
なんだかカフェごはんっぽいなと。

うちには1つしかないけれど、たしか重ねられるように作られていたと思います。


とういわけで、本日は超手抜きな卵料理と、ダイソーの四角いお皿のレポートでした。


現在、新富のRED AND BLUEにて「十二支の記念碑」展を開催中です。
明日7/20(木)は在廊予定。会場の記録撮影をしていると思います。
よろしくお願いいたします。


[ 2017年07月19日 23:52 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

ぐんて手袋

外から、さむそうな風の音。
寒波到来のようです。


170108-01.jpg


ぐんてを手袋にしているここ数年。

311をきっかけに、すぐに捨てられるようにというのが当初の理由でしたが、
何度か洗って起毛してくるとなかなかあたたかい事に気づき、積極的に使うようになりました。

しかし、電車に乗るとなると女の子たちの冷たい目も感じて、
ならば見た目に、積極的にぐんてを使っているとわかる工夫をすればいいのではないか?

と思って、刺繍しました。


170108-02.jpg



うらおもてがないので、模様もラウンドで入れた方がいいかなとぐるりと刺繍しましたが、
結構伸び縮みする生地なので、糸1本ですべて刺繍してしまうのではなく、
2-3本使って、途中に糸の切れ目ができるようにすると良いようです。


こうしてみると、ぐんてって手芸素材として結構イケるかも??


100円で何組か買えるし。


雑貨ブームに乗って、いろいろ工夫できそうです。



わたくし的には、ぐんては多少ごわついて硬いので、使う前に柔軟剤やリンス等で一度洗って
やわらかくした方が好きです。

それと、サイズはL使用かな。
いや、手はちいさいんですけど、ぴったりサイズよりだぶつき目で、
空気の層ができた方が暖かく感じます。


それにしてもぐんてって、継ぎ目もないのにこんなに安価に作られていてすごいですよね。
日本にしかないのかな?と
ぐんて軍手についてウィキペディアで調べると、
これがなかなかおもしろい。


軍手-ウィキペディア

もともとは鉄砲伝来の時に、鉄砲を素手でさわって錆びないように用いられたのがはじまりのようで、
この細かな感性は日本人特有ですね。


また、軍手が今の形になったのは戦後らしく、

1955年、作業時の安全性を向上させるため手首の部分にゴム糸を挿通して編み上げる「ゴム入り安全手袋」が島精機製作所の島正博によって発明された



島正博さんについて調べると、
和歌山県和歌山市出身。10代の頃から発明に熱中し、16歳の時には手袋編み機の特許を取得している。
県立和歌山工業高校卒業後、1962年に「手袋編機の自動化」という課題を掲げて島精機製作所を設立した。「研究開発」に力を注いでおり、1995年には画期的な無縫製ニット横編み機「ホールガーメント」を世に送り出した。
2014年07月11日- アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィアに在るドレクセル大学より名誉経営学博士号が授与された
-wiki


この方の発明により、軍手が安く継ぎ目なく作られるようになったのですね。



そしていまや、世界のアパレルや車のシートに、なくてはならない存在になっているようです。




こんなマシンもあるようです。






戦後、軍手からはじまりこんなに短期間に次元が変わってしまったかのようです。

日本人がすごいと言われるのは、こういうところでしょうね。
創意工夫が深いから、やはり日本人は世界を進化させるためになにか作って行かなくてはと感じます。


こういう技術って大量生産というより個別生産向きだから、これからのindustry4.0に重要でしょうね。

[ 2017年01月09日 02:55 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
770位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR