FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  作り方

ソーセージパン


雨続きで、カビが生えやすい季節となりました。

菌類が活発に活動するという事は、
パンもふくらむのだろうか?

そんな事を考えながら冷蔵庫をのぞいたところ、
「業務スーパー」で購入したソーセージが数本のこっていたので、
ソーセージパンを作りました。

20200720-01.jpg
本日は そのレポートです。

作業開始から食べるまでに、3時間程度。


【用意する材料】1〜2人分
  1. 強力粉 1/2カップ
  2. 薄力粉 1/2カップ(あるいは、中力粉があればその一種類で1カップ)
  3. ドライイースト 小さじすり切り1
  4. さとう 小さじ1
  5. オリーブオイル 小さじ1 (サラダオイルや溶かしバターでも可)
  6. 溶き卵 あるいはマヨネーズ 少々
  7. 水 70cc
  8. 打ち粉用の強力粉 少々
  9. ソーセージ 4〜5本程度

【使用する道具】
  1. オーブンで使える平皿 (私はピザ皿を使用)
  2. 1.の皿と同程度の直径のボール
  3. かきまぜる棒等
  4. 計量カップ(金属)
  5. キッチンペーパー
  6. オーブン(オーブンレンジを使用しましたが、トーストが焼けるものならOK)
  7. ガス口 (はやく発酵させたい時)

【つくり方】
まずは手をよく洗います。

1.
20200720-02.jpg

強力粉、薄力粉、砂糖をボールに入れ、均一になるようよく混ぜる。

2.
20200720-03.jpg

計量カップに70ccの水を入れ、お風呂くらいの温度にする。熱くするとイーストが死んでしまうので注意。そこにドライイーストを入れ、よく溶かす。豆乳のような感じになる。

3.
20200720-04.jpg

ボールに、3回に分けてイースト菌液を入れよく混ぜる。

4.
20200720-05.jpg

オリーブオイルも入れ、よく混ぜる。

5.
20200720-06.jpg

手でモミモミする。
粉と水分量がちょうど良いと、みみたぶくらいで、手についた分もきれいに取れて一塊になる。
柔らかすぎたら強力粉プラス。硬すぎたら水を様子を見ながらごく少量プラス。

20200720-07.jpg


6.
20200720-08.jpg

4〜5個に当分し、まるめておく。

7.
20200720-09.jpg

まるめたものを、てのひらや指を使いコロッケのような形・サイズでペラペラにのばす。

8.
20200720-10.jpg

ソーセージ用意。「業務スーパー」には同じシリーズで、チョリソーではない普通のものも売っていました。なぜこれを取り上げるかと言うと、普通のソーセージは、奥歯で噛んでパリッと弾けるようにと皮が厚めなんです。でもパンに入れるものは、前歯で噛み切れる必要があり、このソーセージはちょうど都合が良かったためです。

9.
20200720-11.jpg

ソーセージをくるむ。
ふくらんでくると、つなぎ目が外れることがあるので、
摘んで・・・

20200720-12.jpg

左右に倒し・・・

20200720-13.jpg

両手のひらに挟んで、ころころ転がして厚みを均一にすると良いかもしれません。

20200720-14.jpg


10.
20200720-15.jpg

オーブンで使用できる皿に、キッチンペーパーを敷き、
くっつき防止のための打ち粉の強力粉を撒いておく。
ちなみに、キッチンペーパーは使用後は洗って干すと再利用可能です。
私はそのようにしているため、上の写真のはすこし焦げ色がついています。

11.
20200720-16.jpg

パンの元をすきまをあけて並べる。

12.
20200720-17.jpg

溶き卵液を皿に接した面以外に均一にぬる。ここに焦げ色がつく。
マヨネーズを使用する方法は後述。

13.
20200720-18.jpg

先に粉をこねたボール。洗わないでOKなので、内部が濡れた状態にして皿に被せドームのようにして水分の蒸発を防ぐ。
晴れた日なら、このまま日向におく。
そうでない場合は、ガスでお湯を沸かした後のガス口(五徳)の上に置き、余熱でイーストを活性化させる。はやくふくらむ。2時間くらいでしょうか。

14.
20200720-23.jpg

2時間くらいで、イースト菌のにおいがしてきて、キツキツに膨らんでいたら
ボールを取り、オーブンへ。

15.
20200720-01.jpg

私の500wのオーブンレンジのトーストモードで、2枚を1回。プラス1枚を半分くらいの時間
まわします。終わったら、すぐには開けず、そのまま30分ほど放置。
こうする事で、焼き色がきれいにつきます。
上の写真のは、すこし焼き過ぎています。逆に焼き足りないと白い部分が生焼けになります。

16.
20200720-19.jpg

放置する事で、このように底面にもいい感じで焼き色がつきます。

17.
20200720-21.jpg

ソーセージを完全に包み込んだバージョン。

18.
20200720-22.jpg

こちらは、溶き卵のかわりにマヨネーズを使いました。
焦げすぎているところは、マヨネーズを厚く塗ってしまった部分。なので、結構薄塗りで良いと思います。

この時は、ソーセージが2本しかなく、かわりにシュウマイも2個使いました。
おかずパンとして考えるなら、結構なんでも具になるかもしれません。


機会ありましたらお試しください。
イースト菌を風呂温度のぬるま湯で溶かす事が、膨らむポイントかなと思っています。






スポンサーサイト



[ 2020年07月20日 20:33 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

「ほりきりん」手ぬぐい折りマスク


FNNのWebサイトを見ていたら、
手作りマスクのページがあり、材料に晒し(さらし)が使われていました。


さらしと言えば、「ほりきりん」手ぬぐい。
ミシンのある方は、「ほりきりん」手ぬぐい1本あれば、4つマスクが作れる計算です。

しかし・・・

本日の当ブログでは、
マスクもミシンも縫針もないけど、
手ぬぐいならあるよ !  という方向けの
題して、
「ほりきりん」手ぬぐい折りマスク
(約35×95cmの「ほりきりん」手ぬぐいを使っています。これくらいのサイズがあればOK。)

すこしデカい感じですが、
折るだけでマスクを作ります。
当ブログ、オリジナルの作り方です。

ミシンで縫った「ほりきりん」マスクをグッズとして開発してもいいかなとも考えましたが、
すぐには無理ですから、手ぬぐいをお持ちの方が折って自作できる方法を考えました。

【材料・道具】
「ほりきりん」手ぬぐい等の手ぬぐい: 1本
紐になりそうな: 2×35cm 2本 (無い場合は、手ぬぐいの両端から2cm幅で裂いて用意。)
アイロン: 手ぬぐいが洗濯乾燥しっぱなしの場合。折りやすさと殺菌目的。

【作り方】

1. 2cm幅の紐を結ぶ。 顔の小さい人は、結び目を二個作り輪をちいさくする。
2020408-01.jpg


2. 手ぬぐいを、幅方向に3つに三等分して折ります。
20020408-01.jpg

2020408-02.jpg

3. 自分の顔に三つ折りにした手ぬぐいを当て、左の耳の付け根から鼻をまたいで右の耳の付け根までの長さよりやや短いところで折り、残りをさらに折って三つ折りにします。
 2020408-03.jpg

おそらく、大方の方は三つ折りにすると、最後の一枚が以下のように長くなるはずです。

2020408-04.jpg

ただ、これは個人差が激しいと思うので、なんとも言えませんが、
重要なのは、まず自分の顔幅やや短めで二つ折りにする事です。

4. いちど開き・・・
2020408-03.jpg

最初に折ったところまで、1. で作った輪を通します。ここが、右耳が入る部分になります。
輪の結び目は内側やや上目の位置にする。

 2020408-05.jpg

5. 上の写真の左端あたりに、もうひとつの輪を通します。ここが、左耳が入る部分になります。
輪の結び目の位置が見えますね。

2020408-06.jpg

6, 次に、上になっている布をすこし上にずらして、内側に折ります。
さきほどの写真と比べるとわかりやすいかと思いますが、
2020408-05.jpg

このように。折ります。この部分は、目の下に位置するマスク上辺の隙間を埋める工夫です。
 2020408-07.jpg

7. 左耳用の輪の左側の布を折り返し、
さきほどの写真のこの状態・・・(実際は左右の輪が通っている状態です。撮影し忘れました。。。)
2020408-04.jpg

から、このように中央部分を蛇腹に折ります。

 2020408-08.jpg

蛇腹折り部分拡大。
ピンクの線のように折ります。
これは、中央部分にオレンジ線のように鼻が当てられた時に、
鼻柱左右の隙間を埋めるための工夫です。

2020408-19.jpg

8. 次に、蛇腹の角を三角形に中に折り込みます。
2020408-09.jpg

このように開いて三角に織り込んでもともに戻します。

2020408-10.jpg

9. 手ぬぐいの端を内側に折り込みます。

2020408-11.jpg
上の写真では、下側にか矢印を書きませんでしが、上側も同様に折り込んでください。

10.  耳輪の部分を絞ります。
2020408-12.jpg

2020408-13.jpg

2020408-18.jpg



一応、完成です ! 

ただし、顔の形や頭部のサイズは人それぞれなので、
ここからフィッティングしながら、自分の頭部に合うよう微調整します。

【装着方法】
1. 中央蛇腹部分に顔を押し当て、左右耳輪部分を持って持ち上げます。
このようにすると、蛇腹折り部分がばらけず顔に密着させられます。
マスクを持ち上げてから顔表面につけようとすると、蛇腹が崩れますので注意 ! 

2. 左右の耳輪を耳にかけます。

3. ぴったりだったら(ブカブカだったら、【調整方法】の項目に進みます)、
まず鼻の付け根あたりにくるようマスク中央上部分を摘んで引き上げ、6.で作った折り込み部分を
頬骨の上にのせる感じにします。折り込みが頬骨にのると安定します。
つづいて、顎より下側が長かったら、内側に折り込みます。
また、左右下側と顔の間に隙間があるようでしたら、同様に内側に折り込みます。

【調整方法】
ブカブカな場合は、耳輪付近で調整を試みます。
方法は、3つあります。
A.  耳輪の結び目を増やす。これがもっともオーソドックスな方法かと思われます。

B.  最初の工程まで戻り、顔幅を測って決めたマスク本体横幅をすこし短くします。
すると、このように蛇腹折り部分が右にずれますので、
2020408-17.jpg

蛇腹折り部分が中央に来る様、折りなおします。

2020408-18.jpg

C. 耳輪部分をねじります。 あんまりおすすめでは無い。
2020408-14.jpg

2020408-15.jpg

2020408-00.jpg


耳輪にゴム紐を使っていないのですが、
きちんとフィッティングができていれば、かなり安定し意外にやさしい付けごこちですよ。

6.と7.の隙間埋め部分と、
元の手ぬぐいに戻せる点が工夫したポイントです。

洗って脱水後にアイロンをかければ、殺菌もバッチリです。


新型コロナ感染のピークは複数回来ると予測されていますから、
唾液が飛ぶ様な行為は社会迷惑になります。
花粉症などでいきなりくしゃみが出る人には、
今後人前ではマスクはかならず必要になると思われますから、
作り方をマスターしておけば、いざという時に役立つはずです。

「ほりきりん」手ぬぐいは、日本製の"さらし"でしかも、上質な岡品質。
なかなか気持ちいいですよ。お持ちの方は、ぜひ一度お試しください ! 


なお、「ほりきりん」手ぬぐいを1枚390円で販売中の
京成本線「堀切菖蒲園」駅前茶店「こみやえん」さんは、
朝10時から夜9時まで営業中との事ですが、
このご時世なのですこし短くする場合もあるかもとの事でした。
リンク先で場所等ご確認ください。 





[ 2020年04月08日 12:49 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

炊飯ジャーホットケーキ - 2


本日は、
 10/10に公開した「炊飯ジャーホットケーキを作る」を、すこし工夫したレポートをお送りします。

今回は・・・

「まいばすけっと」で買った安いチョコレート。


191121-07.jpg


これをすこし割り入れて作りました。

炊飯ジャー、普通で2.5回くらい連続炊飯処理。


191121-08.jpg


おおっ ! 
小惑星のような表面です。


191121-03.jpg


くるっと返して出したところ。
はじっこが混ざっていなかったみたい・・・
でも味は、


191121-04.jpg


ケーキ感がさらに増しましたよ ! 

「ほりきりん」マグカップでコーヒーと一緒に


191121-06.jpg


いただきました ! 

これはなかなか良かった。
工夫すると、さらにいろいろと楽しめるかもと思いました。


【おまけ】
堀切地区センターでまちづくりの会合に出たら、1Fで・・・

191121-01.jpg


凧の展覧会 ! 
堀切中学校のみなさんの作品のようです。
これが今度のお正月に、荒川河川敷の空に舞うのですね ! 


191121-02.jpg


11/29(金)まで。
場所は以下ですよ。


「堀切地区センター」地図
Googleマップ

機会ありましたら、ぜひご覧ください。





[ 2019年11月21日 19:57 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

炊飯ジャーホットケーキを作る


先日の台風19号前に、近所のスーパーにスパゲッティーを買いに行った時、
同時に購入していたホットケークミックス。


191020-01.jpg


160円くらいだったような・・・
中には、4枚分焼ける粉が3袋入っています。12枚 ! 

これを1/2袋(2枚分)使い、炊飯ジャーでホットケーキを作りました。
本日はそのレポートです。


【材料】(二人分)
ホットケーキミックス 1/2袋 (2枚分)
卵 1個
ココアの粉 大さじ1
粉ミルク 大さじ1
さとう 弱大さじ1
水 適量

【道具】
炊飯ジャー 私の使っているものは、2合炊き。
電動ハンドミキサー
ボール
へら

【作り方】
  1. ボールの中に、卵の白身だけを分け入れる。
  2. 炊飯ジャーの釜に、卵の黄身+ホットケークミックス+ココアの粉+水を入れ、ハンドミキサーでまぜる。釜がテフロン加工なので、油は使いませんでした。
  3. ボールに分け入れた卵の白身にさとうを加え、ハンドミキサーでメレンゲになるまで混ぜる。
  4. できたメレンゲを炊飯ジャーの釜の中に流し入れ、へらで切り混ぜる。普通にまぜると、せっかくのメレンゲの泡がつぶれてしまうので、泡をつぶさない様切りまぜる。
  5. 炊飯ジャーの炊飯ボタンを押して炊飯スタート。
  6. 炊飯が終わったら、再び2回目の炊飯スタート。
  7. 2回目の炊飯が終わったら、中を確認し・・・ 表面を触って指につかないことを確認したら釜を取り出し、皿に裏返して完成です ! 


191020-05.jpg


こんな感じに固まっていたら、OKです。
触って指に着く様なら、3回目の炊飯スタート。

この写真の物はまだ作り方がよくわからず、材料を入れてから炊飯ボタンを押すまでに時間がたってしまったため分離し、表面の色がうすくなっています。
迷わずすぐに炊飯ボタンを押せば、全体が均一のココア色のはず・・・


191020-04.jpg


皿に裏返して出したところ。
パン切りナイフで切ると・・・

191020-03.jpg


二層になってしまっていました・・・


191020-02.jpg

白い方は、あんまり甘くなかった。
まあ、食べる時は口の中で混ざるので問題ありませんでしたが、
迷わず炊飯ボタンを押せばこんな事にはならないはずです。

食べてみると・・・
なかなか簡単でおいしかったです ! 

ケーキ生地にもできそうな気がしましたので、
生クリーム(願わくば40%以上)と、イチゴやキウイなどちょっと酸っぱさのある果物で飾りつければ、おいしいケーキになると思いました。

機会ありましたら、簡単ですからお試しを ! 


【雑談】
本日は、暮らしている町会で朝9時から防災訓練でした。

私は典型的な夜型なので、日曜朝9時はしっかり寝ていますから、
配布されたプリントにあるように、事前にドアノブに「中で安全に生きています」と意思表示する「緑色のカード」を吊り下げ、安心してぐっすり寝ていました。ホテルみたいですよね。

さきほど、そのカードを部屋の中に回収しました。

3.11の大震災時、
「そうそう !  あの緑のカードをドアノブに吊るしておかねば !」 と思い出し掛けたのですが…
その時点では、うちのフロアでは誰も掛けていませんでした。
私はたまたま思い出せたので掛けましたけれど、
本番にそなえ、カードを掛ける訓練も重要だなと思います。


ところで、
これまでに堀切に越してきてから数回このような訓練に出て思うのは・・・
いつも午前中の早い時間帯に実施されているけれど、
この地域の人たちは、朝早くて夜早い体質の人が多いのかな?
他の地域でもそうなのかしら???


しかし阪神淡路もそうでしたが、
自然災害はどの時間帯に来るかわからず、避難するにしても
より困難な時間帯は、視界が効かない夜間です。
ですから夜に起こった災害は、
一夜開けてみるとびっくりするくらい社会にダメージを与えている…

そのような事を踏まえ考えるなら、
事前訓練にしても、
土曜深夜2時に老人が避難所までたどり着けるか? とか。
そういうより困難な時間帯に実施しては?と思えてくるのです。
それでも通常外灯は夜間もついていますから、難易度はリアルより下がります…


まあ、夜型人間特有の考えなんでしょうけど・・・

でもね。自然災害は、人の活動しやすい時間にきてくれるとは限らず、全国的に
より避難活動が困難な時間帯に行う「深夜防災訓練」の方が、"リアルに有効"と思えるのです。



[ 2019年10月20日 23:31 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

おかゆ にハマった時の記録


本日は、ひさしぶりに料理の記録記事です。

私は7月始め頃に、重い風邪なりました。
喉は痛いし声は出ないし寒気はするしで、買い物にも出づらく、食欲もない…

そんな事言っていたら回復もしないだろうと、ネットで検索して「おかゆ」の作り方を調べ、
あの底の深いフライパンに、コメ半合と500cc強だったかな?の水を入れて、具が入っていない「おかゆ」を作り食べました。


190824-10.jpg


かき混ぜているのは、ダイソーで購入したスプーン状のヘラ。
なかなか良いのですが、使っているうちに金属の部分と先の樹脂のパーツが抜けます。
ですから、テープを巻いて差し込み直して使っています。日本製なんですけど、コストダウンの影響かなと… 
でも形状のコンセプトはなかなかの優れものですから、重宝していますよ。


それから、なくとなく元気になってきて、梅干しを入れて「梅がゆ」にしようかな・・・

などと工夫する気持ちも湧いてきて・・・


一方で、食欲はないけれど、これじゃいかんと思い近所のスーパーに食材を買い出しに行き、
食べたいと思ったものを買おうとしたのですが、

なんにも食べたくない…

ふと、食べたいというのではなく興味を持ったのがコチラでした。


190824-02.jpg

これはなかなか立派なしいたけでした。

これと鳥胸肉と水菜くらいを買って帰ってきました。

それで、ふと・・・
「おかゆ」に入れたら良い出汁がとれるのではないか? 

と思い半分をスライスして・・・ (立派なので半分でこの量 ! )


190824-03.jpg


入れ・・・


190824-04.jpg


コメの浸水時間15分のうちに、昆布・顆粒だし・かつおぶしの他、冷蔵庫・冷凍庫から使えそうな食材を細かく切って入れました・・・


190824-06.jpg


普段から冷凍エビ・あさりとか、あとでカレーに使おうと一口大に切っておいた鶏肉やしらす、あまった人参やごぼうの細かくしたものを冷凍しているので、それらを追加・・・
鶏肉なんてひとかけらを、レトルトの鳥釜飯を思い出しながら細かく細かく切りました・・・


190824-05.jpg


コメの浸水時間が終わった頃に食材追加も終わり、煮始めます。
途中、アクも出ましたがだるくてアクを引く気になれず・・・


190824-08.jpg


かき混ぜながら煮ていると、ある時、コメがいきなりふくらんでご飯になり、
あんなにスカスカで寂しげだった鍋(私の場合は深底フライパンですが)の中が豪華になってきます。


190824-09.jpg


レトルトの鳥釜飯より、ずいぶんと豪華じゃないか ! 
という事で、醤油と塩で味つけて・・・ ちょっとみりんもいれたかな・・・


190824-07.jpg


水菜を散らして、

190824-01.jpg


完成です ! 


これにすっかり味を占め、なんども作りました。その時撮影したのが上の写真たちです。

そして、味的に別の方向に行けないかと・・・


190824-12.jpg


コンソメキューブを半分使って、洋風に。


などなど、
いろいろ作っていた7月でしたが、
ふと気づくと、


コメが異様に減っていない・・・


食材も、一度買って、細かくしてジップロックに入れ冷凍していたものが、
本当に減らない・・・

上の洋風のものでも、ソーセージは一本しか使いませんでした。
いや〜 助かるなぁ

パセリは、買ってきても一回で使いきれてないから、レンジで乾燥させてジップロックに入れ冷蔵庫保管しているものです。


だいぶ前に新宿の地下街におしゃれな女性客ターゲットの「おかゆ」屋さんができましたけど、
あのお店は、ほとんど材料費がかかっていないのではないか? と思ったり…

レトルトの炊き込みご飯って、ほとんど具が入っていないんだな とも思ったり…
しながら、


こんなにすくない食材でここまでゴウジャスな「おかゆ」ができるんだ ! 

と、この歳になって気づきました。


これから涼しくなりますから作りやすくなりますし、
コメからでなく残りご飯からなら、火口に立つ時間ももっと少なくて済むはずです。

普段から、
・ダシ数種類
・エビ・あさり等の海のものの冷凍物
・冷凍しても平気な野菜を細かくしてジップロックで冷凍

これらを常備しておくと、
これらをほんの少量使う事で、満足できる「おかゆ」を食べる事ができます。

オススメかもと思います。






[ 2019年08月24日 01:42 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1684位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR