OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2008年06月

たくさんの絵をみました

今日は暮らしている地域の幼児・小学生・中学生を対象にした
絵画コンクールの審査会でした。
今年から地域に住んでいる絵を専門にしている人が審査にあたるようにしたとの事で、
まだまだ6年くらいしか暮らしていないのに、呼んでいただき光栄でした。
審査員は4名でした。

さて、絵のテーマは決まっていて、ほぼ同じ物をみなかいています。
用紙も指定画用紙使用となっています。
応募数は439点

学年別に様々な賞を決めていきます。

画材はいろいろあるのですが、
ほぼ同じ物をかいているにもかかわらず、
様々な視点・描き方・色づかいで、
おとなのコンクールだったらここまでバラエティには富んでいないよね、
と思わせる内容でした。

新宿あたりの街中に展示されているこどもの国際絵画コンクールなどみたりすると、
なぜか日本のこどものだけこぢんまりしていて、未来が不安になるなぁと
個人的には感じていましたが、
今回みせていただいた作品たちからは、未来が明るい感触を得ました。うれしい事です。

審査員の先生方は
選出された作品を観ただけで、互いにああ、なるほどねとその理由をいちいち
言葉で説明しなくてもわかってしまう。
言葉が介在しないで理解できてしまうところに、それぞれ少しずつ背景は違うものの
やはり絵画の人間なのだなと感じました。
外側から見ていたら、?と思われてしまったでしょうか。

それでもどれかを賞にという場面となると、
意見が半々にわかれたりという事もしばしばありました。
答えが1つではないところが、表現作品の良いところですから、
こんな場面がある方がなれ合いとかなくて健全です。

審査をしている周りでは、
絵を並べ替えたり整理・記録をとったりと7-8人の大人の方が
同時に忙しく作業をしておられました。

むかし、小中学生だったころにこう言ったコンクールに出しても、
賞の発表以前にこのように多くの大人たちが真剣に作業にあたっているなど
考えてもみなかったので、
なるほどねぇ、とも思いました。


展覧会がとてもたのしみです。



日記です。 <--別窓で開きます。

スポンサーサイト
[ 2008年06月30日 21:41 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

間違えた!!

さきほど雨のなかテクテクとスーパーに買い物に行き果物売り場をみていて、
はたと気付きました。

昨日書いた「ちいさなオレンジをむく方法」の中に
酸味のない柑橘類って書きました。

これ、
オレンジではなくネーブルの事だった!!!
やっちまった~ すみません。
記事の方は訂正させていただきました。

オレンジはバレンシアでないと、たぶん酸味があります。
酸味がきついときは、記事内にも書いたように、むいてから寝かせるといくらかぬけます。

ネーブルはふさの構造がオレンジと多少違いますが、オレンジのむき方とほぼ同じです。

スーパーの売り場に並ぶようになったら、またむき方を記録撮影してまとめたいと思っています。

これに懲りずおつきあいください。汗

[ 2008年06月29日 20:33 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

プロフィール欄

本日、ようやくプロフィール欄の内容を追加しました。

フォトは、昨年の個展作品を作っている時の記録写真から。
自分のところでは大きくて広げられなかったのであせる
暮らしている地域の町会会館をお借りし、どうにか完成できました。

明日は地域の小中学生の絵画コンクールの審査です。
ここに暮らして6年が過ぎようとしていますが、地域との関係は
お世話になってばかりだったので、すこしは貢献できればと思っています。

 新参者ですが、よろしくお願いします。
[ 2008年06月29日 14:35 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

OZAKUの武器ジェネレータ

今日は、同窓会幹事総会に行ってきて楽しかった&疲れたので、
風力発電はお休みをいただいています。
なぜ、疲れたかと言うと片道40分の中距離を久しぶりに自転車で往復したから。

そこで、

武器ジェネレータというのをOZAKUでやった結果をお知らせ。
名前を入力すると、どのようなタイプの人間なのかを武器に例えて表示してくれるそうです。

さて、私の結果は?!



OZAKUの結果


先史時代でしょうか?

[ 2008年06月28日 23:19 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

ちいさなオレンジをむく方法

本日は、スーパーでちいさなオレンジが1コ100円以下で出ていたので買ってきました。

そのオレンジをむく過程を記録撮影したので、ここにまとめてみます。
もっとよい方法があるのかもしれないけれど、今のところこの方法で満足しています。


オレンジはむき方によりかなり味わいが変わる果物
自宅でも皮を気にせず食べられた時には、酸味がないのが特徴の柑橘類ですから、
上記ネーブルの事でした。訂正いたします。

とってもおいしい音譜


用意する物
オレンジ
良く切れる包丁
レンジの皿
レジ袋
盛りつけようの器
(各1)


オレンジをレンジの皿に乗せ、その奥にレジ袋を口を開いて置く。

オレンジ図01

へた側をすこし大きくCut。

オレンジ図02

つづいて、おしり側は、普通くらいにCrt。

オレンジ図03

Cutした皮は、すぐにレジ袋へ。果物はむいた皮をすぐに始末するのがポイントな気がする。

オレンジ図04

次ぎに残った皮の部分を縦に包丁を入れながらむいていきます。

オレンジ図05

オレンジの曲面にそってギコギコ包丁を動かして切ると切り口はこんな感じ。

オレンジ図06

さらに、切り口の白い部分をすべて取り除くように2回目の包丁を入れます。

オレンジ図07

すると、切り口はこんな感じ。

オレンジ図08

オレンジを回しながら、さらに同じように包丁を入れます。

オレンジ図09

だいぶむけてきました。

オレンジ図10

もちろん、切りかすはすぐにレジ袋に投げ込みます。

オレンジ図11

以下は、最後に残った皮の部分、これを取って

オレンジ図12

この段階はおしまい。

オレンジ図13

つぎに、縦の包丁を入れ

オレンジ図14

中央にあるわたの部分を取り除きます。

オレンジ図15

左右からギコギコと切り込みを入れてって、
あーあ、包丁研ぐのを最近怠っているから..

オレンジ図16

ずいぶん汁気がでちゃった。
でも、こんな感じにとれればOK。

オレンジ図17

あとは輪切りにして、お好みでさらに半分にしたりします。

オレンジ図18

レンジ皿の上で作業をすると、
流れてしまった汁気もしっかり器に盛れるので、良いですよ。

オレンジ図19

これを冷蔵庫でしばし冷やして召し上がれラブラブ


きちんとむかれた果物はとってもおいしいドキドキ
実は以前、きちんとむかないのときちんとむいたのを食べ比べたら、
かなり違いました!!

簡単だしぜひお試しを合格
追記: もし酸味があったら、むいた後1日くらい冷蔵庫に入れっぱなしがよいかも。


グレープフルーツの包丁を使ったむきかたはこれとは違うので、
機会あったらまとめてみます。


[ 2008年06月28日 22:13 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

ひさしぶりに生バジル

ここのところずっと「そうめん」を食べていたのですが、
本日の昼食は、ひさしぶりにトマトソースのエビ入りスパゲッティーにしてみました。

トマトソースと言えば、

バジル です。

ベランダに植えたバジルも、ようやく根元が木化してきて、
先端には花になりそうなところも見えてきたため
先だけ摘んで早速使いました。


080627の昼食

粉チーズは、ペコリーノのブロックを大根おろしでおろしたものを。
チーズグレーダーも持ってはいるけれど、洗うことまで考えるとこれが一番合理的

スパゲッティーをお湯から上げるときも、
実はざるがイイ。

イタリアンでも大活躍
日本の道具すごい! みたいな。
[ 2008年06月27日 23:08 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

風力発電-15

自転車でペットボトル風車発電の可能性を探求中!
第15回。これ以前の内容はブログテーマ「エコ」にあります。


このシリーズでは、
自転車にペットボトル風車をつけ走るついでに発電する
便乗発電の可能性を探求しています。

まさに ついで発電




本日は、
雨のため延期となった野外での発光実験をすべく、
ペットボトル風車を自転車につんで河川敷までやってきました。

実は、今回の実験で3回目となります。
これ以前のは夜間実験だったため、
セッティングの状況などは暗くて写真にうまくうつらず、
そこを補完する意味で昼間に撮影した本日の画像からお送りします。

まずはやってきたのは、川沿いにある散歩道。

風力発電図95

ここで、積んできたペットボトル風車を自転車につけてみます。

その前に、私の自転車のスペックなど。

まったくの生活の道具のため、

風力発電図96


見ての通り、ギアなし27インチで買い物用のカゴを前後につけています。
スーパーの開店セールで安く購入した自転車です。
同等の自転車たちより、なぜか本体が重く速度がでていれば
あまりゆらがない。 けど、重い。あせる

これで18年くらい中距離を走っているので、
前後のタイヤはツルペタになり、すでに2回ずつ交換しました。
少々手を入れている点は、中距離を走れるようサドル高めで、
ゆっくり長時間歩道を走ってもおしりが痛くならないよう
サドルにかなりいろいろ詰め物をしているくらい。

マンションの自転車置き場に屋根がなかった時期があったため、
1年間雨ざらしにあい、すっかりボロ汗になってしまいました。
でも、私の大切な足です。ドキドキ

つまり、なにが言いたいかと言うと、
普通の自転車
と言うことです。

前置きはこのくらいにして、
風力発電をとりつけてみます。



風力発電図97

ワン・ツーで終わってしまった。

それくらい瞬時に準備完了。
ケーブルはすこし短くなっていました。でも
実際やってみると、わざわざカゴの下を通してなんて面倒くさい事
やってられませんね。

風力発電図98

前から見るとこんな感じ。

これで走ってみると、

風力発電図99

回っています。

ちなみに、この時の風はかすかに草がゆれる程度のそよ風。
このそよ風を向かい風として受けながら自転車で走ると、
すぐに風車が回ります。
自転車を止めると、風車もとまります。それくらいの風。

でも、
そよ風の中、だらだら自転車を進めても
つきません汗

まともにこぐと、

風力発電図100

いきなりつきますひらめき電球

この画像だと昼間なので、効果がわかりずらいですが、
ついています。

だふん赤色LEDだったら、だらだらこいでも点灯するのでは?
と思いました。[問題A]

さらに、向かい風ではなく、追い風の場合。
風車がまわりません。[問題B]

問題点があきらかになりました。

[問題A] -> 低速回転で白色LEDを発光させたい。
[問題B] -> 無風状態の中を自転車で走るくらで回る風車にしたい。


でもね、

自転車で向かい風の中をはしるって辛いだけじゃないですか。
それが、向かい風が強いほどペダルをこがないでも発電できるわけですよ。
つまり、
向かい風つらい-->向かい風うれしい!!

これでたけでも、ずいぶん生産的な印象を持ちました。

では、
今回お送りした実験の前日に撮影した

夜の発光風景をば。

まずセッティング。

風力発電図101

今回と同じ。
そしてはしり。

風力発電図102

結構明るいですよアップこれ!
うまく撮れてないけど。

結論

改善点はあるものの、現状でもかなり実用レベル。

当初のアイデアである、自動車に風力発電というのは、今回の結果からすると
かなり有効ではないかと思われます。


では、
次回からは上記問題A・Bの改善に向けた取り組みについてお送りいたします。

続きは風力発電16にて。

[ 2008年06月27日 22:43 ] カテゴリ:エコ | TB(0) | CM(0)

風力発電-14

自転車でペットボトル風車発電の可能性を探求中!
第14回。これ以前の内容はブログテーマ「エコ」にあります。


このシリーズでは、
自転車にペットボトル風車をつけ走るついでに発電する
便乗発電の可能性を探求しています。

まさに ついで発電




さて、本体の方はほぼ完成したので、
LEDを自転車にとりつけられるようにしたいと思います。

当初より、これ

風力発電図88

ケーブルなどを束ねるためのマジックテープ(4本100円)を
使えば良いかなと考えていました。

これを、こうして

風力発電図90

まきつけます。
もう一本は、自転車のハンドルの適当なところに巻いて、
使うときにペタッと貼り付ける感じ。

本体の方には

風力発電図91

プロペラを取り付けます。
スクリューキャップをしめるだけ、という簡単さは気に入っているけれど
どうもこの部分が重いような気がして、本当にまわるのか不安です。汗

長いケーブルは、このように

風力発電図92

クリップの足にまきつければ
コンパクト。

持ち運びの時は、ばらした方がよりコンパクトなのですが、
まだまだ試作のため、一体で運ぼうと思います。

風力発電図93

入れ物は、ダイソーで買った

風力発電図94

お弁当箱用ふくろを代用。

なかなかかわいい合格


というわけで、
とうとう野外での実験開始です。
発光を確認しなくてはならないので、時間は


いそいそとお弁当箱ぶくろを自転車につんで、
長い直線距離を走れる川沿いのサイクリングロードへ向かったのですが..




とちゅうで、ダウン


電気物なので、ショートドンッしたらせっかく作った物が
パーになるので、


野外実験は、明日に延期となりました。。
ガッカリ


この続きは、風力発電-15で。




日記です。 <--別窓で開きます。
と、書きましたが
ここ数日は忙しくてここ更新するのでいっぱいなので新しい内容は増えていません。
[ 2008年06月26日 00:17 ] カテゴリ:エコ | TB(0) | CM(0)

風力発電-13

自転車でペットボトル風車発電の可能性を探求中!
第13回。これ以前の内容はブログテーマ「エコ」にあります。


このシリーズでは、
自転車にペットボトル風車をつけ走るついでに発電する
便乗発電の可能性を探求しています。

まさに ついで発電




前回、発電用モーターと自転車の前カゴに固定するためのゴミ袋クリップを
瞬間接着剤で合体させましたが、もうすこし補強したく思い
グルーガンでさらに固定することになりました。

風力発電図80

手芸の分野の道具かなと思います。
これでこのように、

風力発電図82

左右だけ隙間を埋めてみます。
ほんとうは、下からも止めたかったのですが、
ガンの先端が届きませんでした。


固定はこれで良しとして、
モーターと線の接続部分が露出しているのが気にくわない。

風力発電図89

この部分。
なにかカバーをつけたいな
と思ってまわりをみまわしたらひらめき電球


風力発電図85

こんな物がありました。
これ、袋物にスクリューキャップをつけるためのものですが、
使っていなかった。

なんとなく、直径とか切り込みの入り具合とかあつらえたような印象だったので、

はめてみた。


風力発電図86

なんかすごくイイ。


風力発電図87

こんな感じ。

すこし重たくなったかなという、持ってみての印象です。


この続きは、風力発電-14へ続く。



日記です。 <--別窓で開きます。


[ 2008年06月25日 08:08 ] カテゴリ:エコ | TB(0) | CM(0)

風力発電-12

自転車でペットボトル風車発電の可能性を探求中!
第12回。これ以前の内容はブログテーマ「エコ」にあります。


このシリーズでは、
自転車にペットボトル風車をつけ走るついでに発電する
便乗発電の可能性を探求しています。

まさに ついで発電




ようやく雨もあがり、
ダイソーに半田を探しに行きました。

そして買ってきたのがこれ。

風力発電図70

「電子工作用ハンダ」
ダイソーにはこんな物まで売っている。助かるわ。

これでようやく半田付けを音譜
と思いきや、
こての先端をきれいにして保管していなかったので、
なんだかゴテゴテてしてる。これは浸食されてしまったかと思い、
紙ヤスリでやすること1時間。この忙しい時に、なにやっているのかと汗

そんな事もありましたが、
無事

風力発電図71

モーターも、

風力発電図72

LEDも、
半田付けできました。ちょっと玉になってますが。
流石に半田付けしながらの撮影は無理でした。

そしてLEDの足は接触してはいけないので、
前に切って中身が入っていなかった電源コードの皮。

風力発電図49

これに切れ目を入れて開き

風力発電図74

このように

風力発電図75

付けてみました。
この状態で固定してしまえば接触はさけられるはず。合格

風力発電図76

固定には、ガラスクロステープを使ってみました。何か作った時の残りです。

このテープが気に入ったので、

風力発電図77

モーターの方にも。
なんだか怪我人みたい。

そしてとうとう、モーターと先のゴミ袋クリップを合体させます。
どんな方法が良いかなと考えて、結局

風力発電図78

「瞬間接着剤」
しかも使い切りサイズのがあまっていて、まだ使えたという代物。


あとはこうして

風力発電図79

指で押さえ、しばし待ちます。なんか安直だ..

流石にもうすこし補強しといた方が良いかなと思い、

風力発電図80

「グルーガン」
リースとか作るときに使う、プラスチックのスティックを熱で溶かした
ノリが先端から出てくる道具。
いま入っているスティックは、

風力発電図81

茶色
ですが、気にしない。

と、
本日は中途半端ですが、
この続きは風力発電-13にて。




日記です。 <--別窓で開きます。



[ 2008年06月24日 08:02 ] カテゴリ:エコ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
8892位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3501位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR