OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2008年08月

万能なめこ2

本日の記事にmariさんからコメントいただきましたので、
さきほど「万能なめこ」について調べました。

袋には鈴木農園と書かれてあったので、サイトを探しました。



わぁ・・

鈴木農園なめこの写真


さらにおおきな「ジャンボなめこ」というものがあるそうなので、
見つけたら食べてみたいと思いました。

しかしあれ以来「万能なめこ」にお目にかかりません。残念。

(鈴木農園様。リンクと写真はらせていただきました。問題あったらご連絡ください。)
スポンサーサイト
[ 2008年08月30日 22:26 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

きのこはバター焼きで!

秋といえば、きのこ。

先日書いた記事「万能なめこ」に、まっくろくろすけさんからコメントをいただきまして、
きのこはバター炒めがうまいとのお話しだったので、
昨日またまたきのこを買ってきました。
一昔前に比べ最近はきのこの栽培が盛んなのか、ずいぶん買いやすくなりましたね。

今回のきのこは、

きのこ05

生しいたけの詰め合わせ。99円
昨日すでに「きのこのたらこソースパスタ」に使いましたので、写真は半量です。
これも結構ヒットなできでしたが、写真取る前に食べてしまいました。。


見た目がすごく悪かったので躊躇しましたが、最後の1つだったので買ってみました。

きのこ02

ちいさい!

前回のなめこが
万能なめこ2

これですから。

まあ、出荷はずれが安く手に入る事はなかなかなく、
袋にぎっちり詰まっていたからお買い得である事は確かです。

さらに

きのこ03

こちらの、雪国まいたけ。99円。

きのこ04

袋に詰めるときに切り落とした部分のような気がします。これもいっぱい入っていました。

きのこ05

きのこは水洗いすると香りが消えるからそのまま調理、
と料理教室で教わったので、
今回は石突きもついていないし、そのままフライパンへ。
本当はバターを溶かしてからinですね。焦っています。
さらに、香りを引き出すには3種類以上使った方が良いと教わりましたが貧乏なので2種類で。


適当にきのこがしんなりするまで炒めます。

きのこ06

醤油を回しかけて(量控えめ)、しばし炒め

きのこ07

できあがり!!

やはり、きのこはバター焼きです!!


今回のきのこもとてもうまかった。

けど、

「万能なめこ」のバター焼きは、格別ってわかりました。
何というか、とろっとしているのにしっかり繊維があり、やわらかな味。

実は、次ぎの日には予告通り「万能なめこ」をカレーに入れてみたのですが、
そもそもカレールーの味が濃いので、きのこの繊細な味が堪能できずでした。

きのこカレー

カレーとしてはとてもうまかったのですが、きのこがいまひとつ生かされない使い方だったかなと。

というわけで、やはり

きのこはバター焼きで。

今がきのこの旬なので、この期を逃すなって感じ。


余談ですが、

この記事を書いていたら、
いまいきなり窓の外からすごい音がしたので覗いてみた。
スコール!
さっきまで、かんかん照りだったのに..
油断して傘を持ち歩いていなかったら大変!って降りです。
やはり異常。
温暖化の影響は今年になって顕著に表れている気がします。

[ 2008年08月30日 14:57 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(2)

すこし変更

昨日の記事に書きましたNo.15ですが、
おかげさまでPV数70で、びっくりです。
ありがとうございます。

実は今日朝方にこれをiPodに移して聞いていて、
うーんと思ってすこし変え、MP3版だけ差し替えました。

No.15 4:50 MP3 5.2MB 2008

どこを変えたか。
前から2/5くらいのところにある、2つ目のリズムパートが出てくる付近にある
ファソレの発音タイミング。
ここだけ細かくリズムの音が立っているから、小節の区切りに合わせておかないとと思うようになりました。
すみません..

実は母は音楽の人なので、幼稚園に上がる年から教育されましたが、
まったくダメダメで母が見ていたうちもっとも暗譜ができない子供=私。。

でもこういうソフトで遊んでみると変なものしかできませんが、少しは役立つなと思うし、
また当時はなにも感じなかった楽譜というシステムが、とても合理的にできていると感じたりします。
そこから外れたい気分も色濃くあったり。

思えば伝統的な油彩画もその物理的構造はとても合理的ですから、
ヨーロッパ的なもの(あるいはキリスト教的なもの)の特徴の一つでしょうか?

[ 2008年08月29日 12:05 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

No.15

10日前にupしたNo.14は
音が悪いにもかかわらず80人以上が鑑賞してくれたみたい。
ありがとう!!
うれしいです。

そこで、「1晩で完成させる」をコンセプトにして、
懲りずに再びGarageBandで作ってみました。
今回はループ2つを使って
他は文字入力用キーボードを鍵盤に見立てる機能で適当に演奏(?)しました。

制作ソフト GarageBand
使用ループ Trip Hop Dub Zone B. Breaks Bump Beat 01
ファイル容量 5.2MB
曲の時間 4分50秒くらい
曲名 OZAKU01-15

以下映像版は、あまりに
音が悪いので、
前から使っているサイトの方にMP3版を置きました。

script_ameba_vision_movie,http://visionmovie.ameba.jp/mcj.php?id=bYs52qg75nW:bhad:No:di:ysCj5D5oKmOITf7/xmLahgeSOogKJUd:Dx/O:xW:PW:WFOoVWbYWCQHVhckOmiMq/&width=160&height=120&skin=black

[MP3版]
No.15 4:50 MP3 5.2MB 2008

上記で聴けない方は、こちら左下矢印

No.15 4:50 MP3 5.2MB 2008

クリックすると、たぶん15.m3uとかいうファイルがダウンロードされて、
これをダブルクリックすると、
iTunesやWindows Media Playerで音データを受信できると思います。

前に同僚とも話していたのですが、
このGarageBandというソフトで遊んでみると、
それまで人生でどんな音楽を聴いてきたかが、モロに出てしまう気がします。

[ 2008年08月28日 13:34 ] カテゴリ:短い曲 | TB(0) | CM(0)

追加しました

公式サイトの方に、2002年の環境芸術学会大会発表作を追加しました。

作品ページ

この「Mika-te3」で、発表まで4年かかったMika-teの三部作が完成しました。

向かって「Mika-te1」「Mika-te2」「Mika-te3」と並べる構想で制作し、中央が本尊で両脇が脇侍という感じですが、私自身いまだにすべてを並べてみた事がありません。毎回会場で与えられる壁面高が違っており、それに併せて出力していたので、すべてそろった形での展示の際は再出力かなと思います。(そんな機会があるやらですが。)
そして、これもデジタルデータが不明な作品です。
このあたりの時期は、情報化の仕事に押されほとんど自分の事(生活も)できていなかったから、かろうじて展示した状況でした。
[ 2008年08月27日 14:08 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

万能なめこ

秋と言えば、きのこ。

下のブログの後、買い物に行き本の振り込みをしてからスーパーへ。

ちょうど、売り出しで様々なきのこが並んでいたので
「万能なめこ」なる物を買ってみました。128円くらいだったような。


万能なめこ2

でかい!

茎も長い。

袋裏の説明によると、
通常と同じなめこを低温栽培し、
歯触り良い軸足部分を長く太く育てたなめこ、とか。
かさがひらくと、ぬめりが減る。
菌糸により木材質が分解され原木栽培品に近い風味。


万能なめこ1

これで半量くらい。

万能なめこ3

傘の裏側。

売り場の札には、グラタン・カレー・バター炒めなどと書かれてあったので、
今晩はバター炒め、明日はカレーに入れようと購入してきました。

本日のバター炒め。
写真写りは良くないのですが、

万能なめこ4

なかなかいけますビックリマーク

フライパンにバターを溶かしてなめこを焼きます。
今回は軸と傘を分けずに焼きましたが、
大きな物はばらばらにした方がはやく焼き上がると思います。
焼き上がったところに醤油を回しかけて、できあがり。



いつものなめこと同じ品種とは思えない。
[ 2008年08月26日 21:06 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(2)

古本を購入

数日前にWebを巡っていたら、

映画監督のタルコフスキー著「映像のポエジア」にふれたページがあり、
そうそう学生の頃ほしかったけれど、高くて買えなかったなあと思い出して、
地元の区立図書館サイトに飛んで検索したら、どうやら蔵書されていない。
これは古本しかないのかな? とWebの検索サイトで探したら
あったにはあった。
けど、
定価よりだいぶ高くなっていた。
定価3000円-->4800円。

今は収入もないし、うーんと迷ったけれど
購入。

今日、その本が届きました。
古本探しにはWebってほんとうにありがたい!!

映像のポエジア

すこし読んで、
と思ったらずいぶん読んでいて、
おかげで家事が押しています汗
50ページほど読んでみましたけど、なかなか丁寧に書かれた内容で
今読めてよかったな
と思いました。感謝します。


まあ、とにかく家事に取りかからないと。。
買い物ついでにこの本の振り込みにも行ってきます。

[ 2008年08月26日 16:53 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

追加しました

公式ページの方に、1999年の宇都宮での個展発表作品を追加しました。

作品ページ

前の年のVOCA展に出品した作品の制作は1997年の個展発表作と同時だったので、
1998年はそれまでのバライタでの制作から、大判インクジェットプリンタでの出力実験をスタートしており、1999年の個展はその成果の発表の場でもありました。

バライタ印画紙からデジタル出力への移行は今ほど一般的ではなかったため、仕事と平行して出力実験に1年をかけました。できれば慣れたバライタによる大のばしを続けたかったのですが、大学での情報化の仕事に携わったため、同じ大学内とはいえ他部署が管理している機材・施設の使用が時間的に難しくなってきた事と、写真分野のデジタル化への動きが見えていた事から、今実験して下地を作っておかないと、今後大きな画面の作品を制作する事ができなくなる危険を感じ移行しました。この時の判断は正しかったと思っています。

使用しているHP 2500cpは、大判インクジェットプリンタの出始めの頃のものだと思います。たまたまこのプリンタの管理の担当になったので、学内利用のためにも使い方を確定する必要があったのですが、何というか、まったく何を考えているのかさっぱりわからないプリンタで、データを取るのに何日も徹夜しました。ドライバソフトの仕上がりがハードが本来持っている能力を殺してしまっているところをどう突破するか?と言う努力が必要なんだと、身にしみた経験でした。機械の能力を信用して粘るという事です。

サイトにupした作品のうち2点は出力用データが壊れていました。わりとプレーンな内容だったので、1点はWeb用に小規模に再現し、残り1点は展示風景の写真です。展示したプリントも残ってはいるのですが、UVインク出力とは言え初期の技術による出力です。元データはあるので、再出力用にそのうちデータの組み直しをしたく思っています。
[ 2008年08月25日 16:06 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

鍛え始めて約1ヶ月

鍛え始めて約1ヶ月が経過しました。
途中何日か休んでしまったりしましたが、まあまあ続けています。
暑さも遠のき、だいぶ楽になりました。

思った通りに動くように、が目標なので
ダイエットではないという事もありなのか、
体重は変わりません

腕は、右はだいぶ良い感じです。
左との差が出てるなってところです。

上半身は以前のように締まってきたけれど、
やはり脚は..
膝裏あたりは贅肉がなくなったのですが、あいかわらず股の付け根の裏側とか
多少かわったかな? 程度。

ところで、今回のもっとも大きな変化というか
収穫は、
スワットがわかった!!
という事でしょうか。

股の裏側の筋肉を意識してビックリマーク
って言われても、鍛えたことがないと
どこにあるのかまったく意識できないから、
正しいフォームに持って行けてなかったけれど、
まねっこでやっているうちに、だんだんと意識できるようになり
この動きの事を言っていたのね
って事になりました。
この効果は、前にも書きましたが自転車のペダルを踏む時に出ています。

それと、鍛え始めると
なぜか野菜の摂取量が増える。
なんでかなー?っと思っていたら、
どうやら右腕が動きやすくなるから包丁がよく動いているみたい。
だから、刻む刻む。
食事制限はしていないけれど、そのような訳か野菜の減りが速いこの頃です。

まあ、撮影はすこし後ろにずれ込んで
9月末か10月あたまくらいかなと言う仕上がり具合です。


--

P.S.
昨日の記事、1点追加の内容が
本サイトへの誘導にしかなっていないので、
これから上げた作品についてすこし書き足そうと思います。

[ 2008年08月24日 15:29 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

1点追加

公式ページの作品ページに、1996年BOX Art展の作品を追加しました。

作品ページ

この年は個展もしているので、2ページ構成にしました。


この作品は、BOX Artの2作目です。
前回のものとできあがりの構造は同じなのですが、左右の壁の部分に厚みを持たせるために立体になっています。おかげで平面図書くのも組み立てるのもかなり大変だった記憶があります。
またこの作品から、意図して建築の模型を作っているように意識しました。
自分がちいさくなってこの箱の中に入り、暗い空間で外界からの光に透過されたイメージと色を見上げている想定で作りました。建築は作れないけれど、これくらいのサイズなら私にもできる、という感じです。

なので、箱の中に表現を展開するというよりは、箱自体を建築に見立てて中に光りを取り込む装置として機能させ、その光で作品を見せるという場のデザインが制作の目的だった気がします。
もともと1作目を作る段階で、出品を予定していた企画グループ展では外部電源を使った照明を用いることが禁止されていたため、いかに箱の内部に外光を取り込むかというあたりから発想をスタートさせているので、2作目ではそのあたりがさらにすすんで建築物への見立てとしてのBOXという考えになったのです。

[ 2008年08月23日 20:16 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1306位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR