FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2009年04月

芽の出たジャガイモを育てる2009-02

芽の出たジャガイモ「インカのめざめ」をベランダのプランターに埋めたのが4/15のこと。

それからの11日目の4/26。
とうとう地面から出てきましたビックリマーク


OZAKUのブログ


と、書いてもこれではちいさすぎでわかりませんね。
近付いてみます。


OZAKUのブログ

こんな感じ。

普通のジャガイモの芽より赤い。

しかし、すでに芽は出ていたはずなのに、地上に現れるまでに
ずいぶんと時間がかかったように感じます。地中で腐ったかと思いました。

スポンサーサイト
[ 2009年04月30日 08:49 ] カテゴリ:芽の出たジャガイモを育てる | TB(0) | CM(0)

バネの部分

昨日は、すこし気分を変えて公園にて遅い昼食。
この日は4月に入って2番目に良い天気。

OZAKUのブログ
クリックで拡大

ところで、以下に注目。

OZAKUのブログ

なんの変哲もない、乗ってゆさゆさする遊具。

しかしです。遊具を支えているバネの部分に、
そうっビックリマーク カバーが付いているのです。

こどもの時から、あのバネに脚の肉とか挟んだらさぞ痛いだろうと思っていたから、
改善されたかー! とちょっとうれしかった。

同じ意味で、エキスパンダー。

これ。


これも、肉とか毛とかはさんでしまって痛い目にあいそうな気が..

昔、「巨人の星」ってマンガで、主人公がこどもの頃、父親にこれを全身に付けさせられた上で野球の練習に励んでいて、あちこち肉を挟んでそうで痛々しく感じたものです。突っ込みどころが違ってた..


あれから時間も流れ、今では

こんなのとか、



こんなチューブのも、あるんですね。
これならば安心。

きっと世界中で、痛い目にあわれた方がたくさんいらっしゃったのだろうと思いました。

星飛雄馬君も上のピンクのを使っていれば、ずいぶん印象が違ったんでしょうね。
[ 2009年04月29日 08:25 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

芽の出たジャガイモを育てる2009-01

すこし遅くなってしまいましたが
今年も芽の出たジャガイモをベランダのプランターで育ててみます。

今年2009年は、昨年失敗した「インカのめざめ」で試みます。


OZAKUのブログ

すこし芽が出ていて78円で売られていた「インカのめざめ」。
個展の間中、食卓の上に放置してさらに芽を出してみました。

目方は、

OZAKUのブログ

265g
袋には..

OZAKUのブログ

めざめやすいとの注意書きあり。

袋から出すと、こんな感じ。

OZAKUのブログ

すでに芽がもりもりしています。

昨年の失敗は、
1. 植える時期が遅すぎて、気温が高すぎた。
2. 男爵と一緒に植えたら、勢いが弱く虫も付きやすくてすっかり男爵の勢いに負けた。

OZAKUのブログ

なので、今年このプランターには「インカのめざめ」のみにしてみました。

上の写真は植えた直後4/15の様子です。
[ 2009年04月28日 08:38 ] カテゴリ:芽の出たジャガイモを育てる | TB(0) | CM(0)

理想的な4月の日

昨日は、理想的な4月の日でした。
一昨日のすごい雨で、東京の汚れた空気もすっかりきれいになり、
気温・湿度とも最適!
すこし風があったけれど、さむいほどではなく、空も晴れ渡り雲の感じもおもしろかった。
数年に一度あるかないかくらいのレベル。4月生まれの私としては大変うれしい日でした。

でも携帯電話のカメラだと、写りませんね。

OZAKUのブログ

目はすごいねぇと感じます。
まあかなり古い携帯だしね。

以下は、隣の区の清掃工場の煙突です。


OZAKUのブログ
[ 2009年04月27日 09:04 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(2)

ポンが流行ってる?

最近話題の草なぎ剛さん。

香取慎吾さんにはツヨポンと呼ばれているようですね。
そう言えば、堀江氏もtakaponだったと思います。


草なぎ氏 1974年生まれ。
堀江氏 1972年生まれ。

このあたりの年齢の男性にはポンをつけるのが流行ってるはてなマーク

しかし何ですね。飲んで脱ぐ癖のある人を2人知っているから、逮捕されたり家宅捜索されたりしないか心配です。脱いでお盆もって踊るとか習慣化している人って全国見回したら結構いる気がするし、公のところは右にならえだったりもするから、この一件後逮捕者続出?
[ 2009年04月26日 09:56 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

気になって

前にここで、"こいのぼり"みたいと書きました

三菱のアウトランダーGTですが、どうも気になって気になって汗

それですこしだけ縮めたりのばしたり..もちろん、こういう形が問題なくできるなんて思っていないのでお遊びです。大体くるまは全然くわしくないです。

上白が変形
中右赤が現行の形
下左白が今度のGTのオリジナル形

問題あったらすぐ下げますので、ご連絡を。>三菱さま
OZAKUのブログ

自動車って、ちょっと形を変えると
全然印象がかわるんですね。びっくりしました。


p.s.
自動車関連で、最近、そう言えばそうだったなぁと思い出した事が1つ。
幼児の頃、親に乗せられていたスバル360はエンジンが後ろにあったような気がして、
ずっとそれが当たり前だと思っていたら、ある時、前の蓋をあけてエンジンがどうのこうのと話しをしている友人がいて、「車のエンジンが前に入っている!」ってかなり驚いたのです。船でも飛行機でも(プロペラは前が多いけれど)ロケットでも普通、推進力になっている物って後ろじゃないですか。いや、あのときは驚いた。。で、驚いている私に、家の車は前の蓋を開けると何が入っているのかと聞いてきたので、"予備のタイヤ"と答えたら逆に驚かれました。。お互い信じられない..って感じ。

[ 2009年04月26日 09:51 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

きぼうの中はきれい

若田宇宙飛行士のISSツアー-JAXA-2/25

宇宙ステーションの若田さんから届いた映像を見ました。
21分30秒あります。


やっぱり、
日本の実験棟きぼうの中は、まだ本格稼働していないんでしょうけど

きれいです。病院みたい。

隣のドイツ中心の実験棟も、ドイツらしいクラフトマンシップな機材の並び方です。

アメリカ区画は、前に見た映像よりずいぶんきれいになっている気が..
これでもごちゃごちゃしているように感じます。

ロシアのサービスモジュールは、深海を潜水中の潜水艦の中のようです。

まあ、ロシア・アメリカは宇宙での活動は年期が入っていますからね。
雰囲気が違うのはお国柄の違いでしょう。

総じて、すこし前にNASA TVで見たアメリカのクルーが、同じようにISS内をツアーした映像より
全体にきれいになっている気がします。移動するのが大変なようでしたから。

日本ではカメラが入る時は、普通の家でも徹底的に整理整頓なんかをすると思うので、
たぶんかなりやったんではないかな?と思いました。


地球上では、隣の国は海で隔てられていたり、そうでなくてもゲートがあったりで行ったり来たりが
しにくいものですが、ここは隣の部屋が別の国で、部屋毎に役目が違ったりはするでしょうけれど、
それを差し引いてもお国柄が出てきてしまったりする、そういう空間がすぐ隣にあるというのが
やっぱり地球上とは違うなあとも感じました。



[ 2009年04月25日 18:24 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

朝日新聞ブログに電気自動車特集

朝日新聞ブログに、
電気自動車に関する、かなりな量の特集記事がupされました。

電気自動車の実力-4/24-朝日新聞ブログ

単にまとめだだけではなく、実際にインタビューに行ったりと
これまでポツポツとニュースで伝えられてきた電気自動車関連の事に新たな情報を肉付けした力作です。

7月には三菱とスバルが量産車を販売(リース?)開始とか言ったニュースもありましたから、
とうとうなんだなぁと。
これで地球環境まで変えるには時間が必要だけれど、そのスタートが日本で切られるというのは
なかなか歴史的に見てすごい事ではないかと思っています。

ところで、電気自動車って、GMも出すとか中国もとか世界各国の自動車メーカーもかなり力を入れて来ているはずなんですが、なかなか安定して数千台数万台規模では生産できない物なんですね。
"構造は単純"とかいろいろなところで書かれていますが、そんなに簡単ではないようです。

iMiEV

上記の記事の中に、三菱自動車の益子社長の身長が178cmとあって..
バストアップの写真ではそんな印象はないのですが、このページを見た時、やたら等身が..と思っていたんです。
単なるたわごとです。



[ 2009年04月24日 09:08 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(3)

フランスの塩

一昨日だったか、たまたま塩気の話しをしていたら塩をいただきました。
フランスの塩、という事でした。

ラベルを読んでみると、、

OZAKUのブログ

カマルグ

ゴッホが描いてるところですね。
アルルで二又に分岐したローヌ川(グラン・ローヌ、プティ・ローヌ)と地中海に囲まれたフランス南部の三角州地帯。(Wikipedia)
海から切り離された湖が多く、よって塩湖。
そう、ここで取れた塩みたいです。

ここの植物は塩水で生きられる塩生植物で、それにより生態系が成立している珍しい環境のようです。
この特殊な環境を保護するために、その一部が保護地域と自然公園に指定されているそうで、野鳥もたくさんいるみたい。
容器の絵も、湖畔に水鳥がいる絵本のような絵です。

だからでしょうか。
正面ラベルの左右にはこのように

OZAKUのブログ

大きな鳥と、

OZAKUのブログ

ちいさな鳥が密かにいたりします。

カマルグは、昨年夏に都立現代美術館で行われた、高畑勲監督の講演の中で触れられていた
アルベール・ラモリス監督の『白い馬』(1953)の舞台でもあります。

OZAKUのブログ

中の塩は、混じりけの無い白い塩です。
食べてみたらまったく辛みがなく柔らかな味だったので、さっそく春キャベツに使ってみました。

OZAKUのブログ

お伝えできないのが大変残念なのですが、
すごーーく、甘い。キャベツがこんなに甘かったのか!!
という味になりました。びっくりです。

容器がかわいいので、
たぶん食卓に乗せて置いて、すこし塩気がほしいなと言う時にパラパラっとかける
そんな塩ではないかと思います。

[ 2009年04月22日 15:44 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

プレゼンテーション映像

軽自動車の三菱i(アイ)が、2006年にグッドデザイン賞大賞を受賞した時の最終プレゼンテーション映像がありました。
専門外の人にもわかりやすく伝えていて、プレゼンの参考になります。

できれば再生ボタンを押した直後に画面下の「HQ」を押してご覧ください。文字が読みやすいくなります。





最初の方には、スローモーション映像もありゆっくりめの体感スピードで映像が進み、
映像に動きが出てくる走りの質を表現するあたりからたたみかけるようにスピード感を増し、
最後未来へ向かって軽快に走り出す、と言う演出です。

これで2分! = 120秒ですよ!

最後にi MiEViMiEVもチラッと登場。



こちらは、オリジナルのデザイナーさんが描く3倍速iの映像 パート1



パート2



パート3




[ 2009年04月20日 08:11 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1748位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR