FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2009年07月

一人しか乗っていないクルマの冷房

さいきん、ネットで見てなるほどと思った事は、

一人しか乗っていないクルマで冷房する場合、車内空間すべてを冷やす必要はない。
という意見でした。

少し考えてみました。

実質運転席あたりだけ冷えていればいいから、最低でも1/4の空間が冷えていれば良く、他の席は吹き出し口調整で出なくして窓を開けて風通しを良くしておけばOKな気がします。

しかし、仕切りはエアカーテンだと効率悪すぎで意味がなくなりそう。。
カーテンにすると左と後ろの確認が問題に。。
となると、タクシーの仕切り板のようなもので運転席と助手席側だけ冷やすような感じ?
内気循環にしてあると車内のCO2濃度が上がるから、板には空気穴が必要でしょうか。
素材は理想を書けば、一夏持てばいいくらのライトな物、たとえばサランラップのすこし厚いくらいの透明度の高い幕状の物で、必要な時に天井からマジックテープで貼り付けて垂らす、くらいのものなんですが、走行中にパタパタいって外れると怖いかな。。バックミラーにうつるところは空気穴と兼用で穴が空いている形なんですが、こんなのでどれくらい効果があるのかな?とか思いました。

その前に、ひとりで乗る必要がどれくらいあるのか? 検討しなくてはならないですね。
スポンサーサイト
[ 2009年07月31日 08:33 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(2)

外は寒いくらい

今しがたメール便を出しにコンビニに行って気がつきました。
7/30 午後11時半。
こちら東京下町ですが、肌寒いくらい涼しい。

昼間ジリジリとした暑さだった事が嘘のようです。
8月を通り越してしまった感じ。

帰ってきて、さっそく部屋の換気をしています。カゼノフロア
[ 2009年07月30日 23:43 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

「車はカッコよくない」

「車はカッコよくない」、ギャルのイメージ改善が課題-自動車販売-7/27-Bloomberg.co.jp

「ボーイフレンドが車で迎えに来たら恥ずかしい」「デートでドライブすることがカッコいいとは思わない」と今回のイベントでトークショーに出演した藤田志穂さん(24)は語り、立ち会ったトヨタ関係者を驚かせた


驚くような事なんでしょうかはてなマーク


デートカーと言うとスポーツカーかなと思いますが、
単純に考えて都市部では、

二人専用。-->もったいない。周りに対して空間的に傲慢。
エンジン音-->五月蠅い。周囲に対して迷惑。
はやく走れてカッコイイ。-->渋滞にはまると、かっこわるい。
パワーがある。-->排気ガスが沢山出ているから罪悪感を感じる。

針のムシロっぽい気がします。将来に不安を感じませんか?

ハッキリ言えば、走ることによる爽快感というやつは、運転している人が感じることであって、
助手席その他に乗せられている人が感じることではないのです。
だから、実は乗せられている人にとっては、目的地に速く着くというところがポイントになっているのですが、男女の行き違いのように誤解がありそうです。もちろん、乗り心地は重要です。
長時間になればなるほど効いてくる要素ではありますこの場面で走行性能と椅子の出来が効いてきます。が、そもそも長時間乗っていたくはないのです。


運転者としては、まだまだ圧倒的に男性が多いとは思いますけど、
私が子どもの頃に比べて、生活の道具・仕事の道具として車を運転している女性を
当たり前に見るようになってきました。
つまり、車の運転者=男性、ではなくなっていますから、
男性が自分を大きく見せるための道具としては成立しにくくなっている。
つまり、対異性的には「車はカッコよくない」んです。



では、女性が運転者の場合を考えてみると、
女性は現実的ですし、長時間ドライブを楽しめない人が多いようですから、
はやく目的地についておいしい物を食べるとか、温泉につかるとか、アトラクションで楽しむとか
そういう事を楽しいみにしている気がしますし、移動に時間がかかるなら、その時間内に
たっぷりおしゃべりしたり、あれこれ食べたり、喫茶店でお茶する気分を楽しみたいと思っているはず。
すると、運転に神経を集中していなくてはならない長時間ドライブだと、ドライバー役を買って出ると
ソンした気分になる人が多いと思うのです。もちろん、運転する事自体が好きな女性もたまにはいますけど、そういう女友だちを持っている女性はラッキーなくらいです。


このような前提を元に先のスポーツカーで考えてみると、

二人専用。-->もったいない。周りに対して空間的に傲慢。-->もっと荷物がつめる方がイイ。
エンジン音-->五月蠅い。周囲に対して迷惑。-->周囲に迷惑にならないように。
はやく走れてカッコイイ。-->渋滞にはまると、かっこわるい。-->安全に走れる方がイイ。
パワーがある。-->排気ガスが沢山出ているから罪悪感を感じる。-->環境に配慮した車の方がイイ。

ま、これに自分で運転する事を考慮すると、運転のしやすさと疲れにくさですかね。
やっぱり現実的かなと思います。


長時間の運転を楽しいと感じる女性が少ないという事は、ドライブする事で感性が喜ぶ機会がすくない事を意味します。それでは、クルマと言う道具で女性の感性が喜ぶ機会はあるのだろうか?
たぶんここで"かわいい"が出てくるのではないでしょうか。






個人的には、三菱アイはとてもお気に入りです。よくまがるから細かい道でも入っていきやすいし、加速もストレスなく、安全性も良さそうだし、ちいさくても4人乗りで姿もかわいい。電気版も出てきた事だし。走りの質はスポーツカーだから、男性視点で開発されている事は確かですけど、女性視点で読み替えができる珍しいクルマと感じます。
これで助手席がフラットに倒せたらっ!
また書いてしまいました。。男性にはこれの重要さがわからないのかしら?と思います。
ここが唯一、読み替えができないところです。

たとえば、犬がすごく好きな男女にどこに惹かれるか?質問すると、かなり違う答えが返ってくるんだそうです。でも犬は同じ犬です。

このように1つのものが、男女別の視点で違う風に読み替え可能か? そのような質を内包しているかは、クルマのように昔は男性ユーザしか考えなかったけれど、今は女性ユーザもあたりまえにいるよってな商品には重要かなと思えるのです。
[ 2009年07月30日 08:18 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

i-MiEV試乗会の映像

雰囲気のわかるi-MiEV試乗会の映像がありました。

田町の本社かなと思います。



ご夫婦で試乗されたそうで、これは奥様の運転時の映像との事。


やっぱり周りに車や歩行者が多いですね汗
[ 2009年07月29日 08:25 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

ETCの先に思う

高速道路から出る時、係員の人にお金の受け渡しとかしていて
なんだか妙に原始的だなと感じていた学生時代。
ようやくこれが改善されたのがETCでしたね。土日1000円の効果もあり(これは反エコであると
私の周りでは批判が強い。)、ずいぶん普及してきたようです。
いちおう私もカードだけは作りました汗

さて、ようやく普及しだしたETCですが、
これは次ぎに来るITS 【Intelligent Transport Systems】の序曲のようなものの様です。

ITS Japanのページを見てみましょう。未来のクルマの使い勝手がどのようになるか書かれています。
これそのものになるとは思いませんが、大方こんな感じなのかなと思います。
それと、ETCの読み取り機がITSに対応していないようだとの批判もありますけど、扱うデータの仕様が変わりできる事が多くなった場合、ハードが対応しきれない事は他の電化製品でも良くあること。 ソフトのバージョンアップだけでは、ETCの読み取り機をクルマの微調整情報まで扱うITS読み取り機にはできない気もするし、ハードの仕様もまだ固まっていないのでは?


一方でカーナビの進化がめざましい昨今。
次期カーナビは、情報を受けとるだけでなく、クルマをセンサーとして情報を発信し、
発信されたデータを元にセンター側で解析した結果を受けとるようなものになると言われています。
10年くらい前に某大学の先生がそのような夢を話されていた事を思い出しました。あの話が現実化するんだなぁ。ちなみに、プチレンタ車両とi-MiEVの実験車両ではこれを一部実現しています。

いまのところ個人が扱う装置は"個"ですけど、
これらが"個"だけではない側面、社会全体のための"部分"の要素を持つことになるとも言えます。その意味でネット端末のPCは先行しているし、プチレンタの予約画面は面白いのです。さらに私個人は、このロジックは21世紀に必要とされるあらゆるものにあてはまるのではないかと考えています。




ところで現在の道路状況を見ると、私がちいさかった頃よりもハード、且つ守らなくてはならないルールが多くなった事は明らかです。昔はあんなに路面にいろいろ指示なんて書いていなかった。
昔取った免許の学習範囲では今の都市部での運転は難しくなりつつあると感じます。
今後、より交通の効率を求めようとすると、リアルタイムの道路状況の解析とヒトを介さない運転が必要となってくる。だふんその方が事故の発生件数も減るでしょう。

つまりクルマの運転に関しては、詰まるところ自動制御の方向に行くと思います。


クルマ自体の性能「はしる」「とまる」「まがる」は同じでも、
それをどのような方法で、どのくらいの精度でコントロールするかは、
まったく異なった質に変わって行かざるを得ない気がするのです。すくなくとも都市部では。
カメラのマニュアルとオートマみたいな感じと言ったらいいのでしょうか。
"ゆりかもめ"や飛行機はすでに自動制御できてるし。
さらにクルマの場合はカメラとは違い、個々があつまってその地域の環境を作り出しますから、まわりとの協調を目的とした自動制御の成果は環境の質にダイレクトに現れるでしょう。

個人情報の読み取り装置とカーナビ+次世代自動車

これらは自動制御に向かうための基盤となるのではないでしょうか。
そしてキモは、これらを管理するいくつかの部分に分かれ互いに監視しあうOS群のようなもの。

これは、クルマの形が変わるだのスペックが多少良くなるだの
そういうのとは違う次元でこの乗り物を変質させるだろうし、
変質しなければ社会の部分としてのクルマ全体が生き残れない状況に来ている(地球環境の悪化)ような気がします。


クルマに限らずあらゆる分野で、より少ない力(資源・エネルギー・時間)で、同じかそれ以上の効果を出さなくてはならない"スマートさを競うレース"が始まっている、そんな気がする今日です。
[ 2009年07月29日 08:18 ] カテゴリ:感想 | TB(0) | CM(0)

なぞの花火は..

7/17に書いた「今花火があがった?」の続報です。

深夜に打ち上げ花火、TBSに厳重注意 亀有署など-7/28-朝日新聞

TBS系のバラエティー番組の収録

テレビ局のしわざだったんですねぇ。

確かに時間が遅すぎたと思います。
[ 2009年07月28日 15:05 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

日産の電気自動車

日産自動車、電気自動車用新開発(EV)専用プラットフォームと最新技術を公開-7/27-日産

日産、電気自動車専用プラットフォームとサポート機能を公開 -7/27-Car Watch

EV専用プラットフォームとこれをベースにした実験車両を公開


電気自動車、日産も発表してきましたね。
写真では姿が2世代くらい前のクルマに見えますが、8/2にそのあたり、新しいデザインの発表があるんだそうです。中と外バラバラに発表なんですね。

ゴーンさんは2010年に量産販売すると宣言していましたから、そのスケジュールを実行するのでしょう。
私もWebでよく調べるまでは、日産が最初に量産すると思っていました。だからi-MiEVがほぼできあがっていた事にショックを受け、品質を確かめるためにエコプロダクツ2008まで行き乗せてもらって完成を確信したという順序でした。

しかし実験車両の発表から1年くらいで販売できるなんて、すごいですね!

i-MiEVの実験車両の発表は2006年10月だから、量産型の販売まで弱3年かかっているみたい。
初期車両で基本的なところはほぼできていたから、実験を通じて、周辺への周知とか
作った物の本当の実力とか、安全性の確認とか、使い勝手関連のブラッシュアップとか
そんなところにじっくり時間をかけていた。
リース販売といい、電気自動車の未来を考えると賢明なやり方だと思います。

日産の実験車両も、特に安全性についてはこれから山のように走行実験を繰り返してデータを蓄積するでしょう。すると単純に考えてi-MiEVの実験車両40台の3倍必要だから、120台で実験?
すごいですね。
それくらいあったら、街中でも結構見るようになるのではと思います。
スバルのR1は一度だけ見たことがあるんです。

大量生産できる会社が数社になれば、それだけ速く電気自動車が使いやすい社会になります。
がんばれ、日本の自動車会社ビックリマークi-MiEVドキドキ
欧米にくらべたら政府の後押しもないのに、よくやってますよね。


インフラ整備の点では、ドイツもがんばっています。
独RWE、ベルリン市内に電気自動車用「充電スタンド」/500カ所設置-7/20-eco
[ 2009年07月28日 08:31 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

i-MiEVはじまった?!

なんだか本社だけでなくて、
全国各地のディーラーでi-MiEVi-MiEVの試乗がはじまっているような気がします。

試乗しました!ってブログが、色々アップされているんです。

千葉では巡回スケジュールが決まったようですし矢印

i-MiEVの試乗車スケジュールが決定しました!-7/23-千葉三菱発

という事は、他県でも可能性がありそうアップ

普通のクルマの試乗とは違い、ほしくても手に入れにくい状況です。
強引に勧められたりはしないと思うから、
すこしでも電気自動車に興味があるなら乗るならですDASH!

一方で、こんな記事も。


このクルマ、
後部座席しか乗せて貰っていないけれど、
何と言ったらいいのか、
後々印象が効いてくる不思議なクルマなんですよ。
その頃は免許も持っていなかったから、ガソリン自動車もよく知らなかった事もあり、
直後は「ふーん、こんな感じなのね。」くらいだった。

その後ガソリン車の側を通ると、
やっぱりあれi-MiEVは違ったな、とか
交差点で信号待ちしていて目の前を通り過ぎて行くクルマの群れを見ていたら、
これらが全部あれi-MiEVになったら、..とか想像している自分に気付く。。

免許を取った今は、信号待ちでブルブル車体が振動しているのを感じると、
あれi-MiEVならこれがない分楽だろう、なんて頭の隅で思ってしまう。。

もちろん私には買えないけれど、
買って所有するだけが電気自動車との関係ではないはず。

電気自動車が普及する事で、体感できる環境が今後どのように変わって行くか
なかなか興味深いところです。
今の季節は廃熱も。

気になったら乗りに行こう!

こちらは放熱
[ 2009年07月27日 08:40 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

町田へ

昨日はかなり晴れた空模様の中、
それでもWebの天気予報を信じて、傘を持ち雨の日用の靴で町田の国際版画美術館中林忠良銅版画展を観に行きました。

中林先生は大学院の時の担任の先生です。

ところで、国際版画美術館は町田にあるのですが、
東京にはもうひとつかなり似た地名の"町屋"というところがあり、こちらは下町です。
ちょっと聞くと"まちや"と"まちだ"は聞き間違いしやすい。
学生の頃、町屋を歩いてたら「版画美術館はどこですか?」と尋ねている男の人がいました。
クルマで行っても50kmは西かなと。。

そのような距離ですから、今暮らす下町からだと小旅行です。

久しぶりの町田の駅前は、ビルばかりになっていてずいぶん様変わりしていました。
ちょうどジャズの催しをしていて、あちこちでジャズの演奏が。

OZAKUのブログ

にぎわっています。

それらを横目に食べ物の誘惑にも負けず、
私は版画美術館ができた頃から正面の門から入っていたので、
この日も炎天下の中テクテク歩いていきました。直前にものすごい下り坂があって、

OZAKUのブログ

こういう坂は、下町にはないなぁと思いながら撮ったりしましたが、
考えてみれば隣接する公園の中を通った方が太陽にもジリジリ焼かれずにすんだのです..

OZAKUのブログ

かなり大きな看板です。

OZAKUのブログ

もうずっと来ていなかったからか、まわりの木が大きくなったように感じられました。
この角度からだと、昔はもっと建物が見えたのです。

OZAKUのブログ

こんな美術館です。

ここで作品を紹介すると著作権の問題の触れますので、どんな感じの作品かは上のリンクからどうぞ。

中林先生は銅販がご専門ですが、今回の展示では学部の1年か2年の頃の人体の油画も
展示されていました。

プレスを使う版画は、プレスに通せる紙のサイズから作品サイズが決定されるので制約が多いと言えます。
特に銅販は、版材のサイズも制約がきつくあまりおおきな画面が作れないのですが、
この展覧会はさすがに点数が多く、ひろい展示場を一杯に使っての展示でした。

私は版画ではリトだったので、あらためてこうして先生の作品群を見せていただくと、
銅販は凸凹で刷りとるので同じ版画でも物質感をすごく感じましたし、
黒もいろいろで、総じて白黒にはやっぱりひかれるなと思いました。

お元気な先生にもお会いできて良かったです。


帰りは、隣接する公園の中を通って駅に出ました。

OZAKUのブログ

原生林っぽくて、とても気持ちの良い公園でした。
こちらから美術館に行った方が正解だったと、
その頃になってようやく過去に友だちに指摘された事を思い出し。。


しかし暑かった。


OZAKUのブログ

でも、なぜか?雲は秋空。 まだ7月ですよね?


帰ったら、おまけのうちわが届いていました。
ここで買い物をした時のおまけです。肌が弱いのと、色があわない事からここのしか使えないのです。
30過ぎたら、身だしなみでしょうと言われ少しは塗っています汗

OZAKUのブログ

杉の間伐材でできているから、置いておくだけで木の香り音譜

あおいでなお良しです。

なぜうちわの画像だけ大きいか?
あまりに慌てて出発したため、携帯にSDカードを入れ忘れたからですあせる

そんな7月のある土曜日でした。
[ 2009年07月26日 09:59 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

葉水のススメ

うちの味噌汁の具の定番は、小松菜です。

最近、暑いせいかスーパーの小松菜は、売り場ですでにしんなりして元気がない様子ダウン

このような葉っぱ物は、買ってきたら葉水がオススメです。

葉っぱの裏には気孔があって、ここから水分も補給したりするようです。

私は適当に水道水を小松菜が入っているビニール袋にジャッと少量入れ
ふって水を軽くきり、小松菜の入ってるビニール袋は水漏れするので、
スーパーの袋に入れて冷蔵庫の野菜庫に入れ一晩寝かせています。
これで元気になりますアップ

夜遅くにスーパーに行って、ご当地物の小松菜がしんなりして半額になっているのを発見したら、
即ゲットです!
これは輸送で野菜が疲れていないから、葉水するとほんとうに元気になる。

ご当地ものでなくても効果は期待できますから、ぜひお試しください。
[ 2009年07月25日 08:59 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1748位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR