OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2010年01月

エンジン音

ハイブリッド車などに疑似走行音、サイレン・風の音はダメ 国交省-01/29-NIKKEI NET

国土交通省は29日、モーターで発信するクルマにエンジンに似た音を出す装置を取り付けるようメーカーに求めるガイドラインを発表

この記事を読んで、2点考えました。


昨年の今ごろは、まだ免許をとっていなかったから純粋に歩行者でしかなかったわけですが、
教習所で講義を受けたり演習したりする中で、ある事に気がつきました。

そのある事とは、クルマの走行についても対歩行者的には本音と建て前のように二重構造になっている、って事です。

決まりでは、歩行者優先。
歩行者がいたら通り過ぎるまで待っていなくてはならない。

しかし実際はどうでしょうか?
歩行者の方が、クルマが通り過ぎるのを待っている。あるいはひかれないようにわきによって待つ。これがあたりまえだと思っているし、私もそう思っていた。歩行者の方がクルマに合わせてアクションを取るという事です。つまり、歩行者に自主的にアクションを取らせるには、クルマが近づいてきた事をわからせないとならない。それにエンジン音が一役買っている。

習慣化してしまっているからわかりにくけれど、決まりと逆転している状況が前提にあるような気がします。


もうひとつは、
免許がAT限定なので、AT車しか乗れない身なので特に考えてしまうのですが、
駐車場からの発進時や発進直後って、すぐそばにヒトがいる可能性が高いからクリープで前進して
いるし、東京の住宅街は狭い道が多いから、このような道でもアクセルはほとんど踏めない。徐行するよう指示が路面に書いてあったりもします。するとエンジン音ってガソリン車であってもほとんどしないんです。

この事について教習所の講義の中で(その教習所の近所は、目の不自由な方が多く歩いている環境なのでリアルに遭遇する頻度が高い。)、前方に歩行者がいたのでクリープで近づいて行って止まって待ち、道路脇に歩行者が寄ったので緩くアクセルを踏んだら前を歩いていたのは実は目の不自由な方だったのでエンジン音に驚いて転んだ事があったとききました。そういう危険があるから、とにかく待てと。

確かに、クルマに乗り始めてすぐに思った事のひとつに、なんで自転車のベルみたいなのがついていないのかな?危険だよね、というのがあった。つまり、ガソリン車であっても改善の余地があると思うのです。

関連して、
今回の偽エンジン音の発生は、時速20キロ以下が条件ですから、
普通に考えると、ガソリン車でエンジン音がほとんどしない時にも偽エンジン音が鳴っている事になる気がします。


つまり、ヒトをどかせるために警笛をならしているのと同じ事をエンジン音でやっているのが現状で、それはもちろん決まりとは違っていて、しかしその思考パターンで考えるからこんな変な決まりができてしまった。さらに言えば、ガソリン車でもエンジン音がしない/小さい状況では、現状のこの方法では対歩行者的に問題解決にはなっていないような気がするのです。


クルマってかなり死角がある。
混んでいる商店街に徐行で乗り込んでくるクルマなんて、ほとんど周りの人が見えていないと言っても過言ではありません。クルマが来たんだから歩行者は避けるだろう、という気持ちが運転者に無ければああいうところにクルマで進入はできないと思います。この点は、エンジン音以前に運転者の気持ちの問題です。


つまり、この問題の本質はエンジンかモーターか、ではないのでは?
改善すべきはもっと別の点にある気がします。


追記
上の記事を書いてから、どのような解決策があるかすこし考えてみました。

すべてのクルマを対象に、システム面とルール面の改善が必要な気がします。

まずシステム面では、ホーン(警笛)を従来のものに加え、対歩行者用の音をくわえた2種類にする。
ルール面では、クルマの死角に歩行者がいるかもしれない場合に限り、対歩行者用ホーンを鳴らしクルマの存在を知らせること。ただし、歩行者の位置が視覚的に確認できる場合は、歩行者を優先しこれを使用してはならない。

"死角にいるかもしれない歩行者へのお知らせ音"とでも言いましょうか。

こんな感じでどうでしょう?

スポンサーサイト
[ 2010年01月30日 14:08 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

テレビ東京でi-MiEV

今日の朝方に、テレビ東京でi-MiEVが写っていたようですね。
TVがないので、今ごろ知りました。そしてWebで見られました。矢印

三菱自動車「100万円以下で低価格車」-01/29-モーニングサテライト



撮影場所は、東京田町の本社ビル1Fのショー・ルームです。
ここは、「クルマの学校」というイベントに参加した時に行きましたけど、
単なるショー・ルームと言うだけでなくて、撮影にも使えるようにデザインされているなという印象を受けました。
空間設計だけでなく、クルマはそこにあるから運ばなくて良いし、ヒトも上で働いているから縦に移動すれば良いだけ。クルマとのサイズ比較で画的にコンパニオンが必要な時も、ショー・ルームスタッフの女性達が勤務している。このデザイン(総合的計画)したヒト、知恵者っビックリマークて思いました。


こういうスマートさって、これからの社会では重要な気がします。


まあ、確かにi(アイ)に乗ってみると、作っている人たちがよそ見をしないで猛進したような。そうでないとこの形は具現化できなかっただろうなぁって思えます。そして、この会社自体がそういう質を持っている気がしてきます。<--これはほめ言葉ですが、経営するセクションは大変だろうな汗とも思います。でもたぶんそれが哲学。哲学がないと独特なものはできないし、でも同時に生活していかなくちゃならないし、ふと我が身を思ったりもします。
[ 2010年01月29日 20:23 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

雪の中のi-MiEV(イギリス)

25台のi-MiEVがイギリスに上陸した記事はまだ記憶に新しいですね。

そのうちの1台は、53歳のイギリス人男性に使用されているようで、
この方がネットにupした映像が3本になりました。

「充電の接続にはどれくらい時間がかかる?」
「i-MiEVを洗車」
「雪道をi-MiEVで」

どれも生活密着型で、参考になるかと思います。








他のクルマよりスピード出てるけど、安定していますね。
なんだか向こうの方は、テンション高いです。
これって小型カメラで撮ってるの?

これらは実証実験なんですよね。
日本でもこういう実験映像があればいいのに。


ドイツでも賞を貰ったそうです。

三菱 i-MiEV、ドイツ誌の技術賞を受賞-01/28-carview.co.jp



最近の私は、左ハンドル版のすこし大きなi-MiEVの実験車両が、ヨーロッパを走る映像を首を長くして待っています。
これまでのi-MiEVから推測して、すこし大きなi-MiEVの実験車両が存在するであろうと言うのは私の妄想ですが。。






先生の仕事は終わったので、これから年賀状にサインを入れます。


[ 2010年01月29日 17:26 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

i-Pad!

アップルコンピュータが、タブレットPCを発表しました。

なんと、i-Podと一字だけ違う i-Pad

発表の様子。



詳しくは、以下のページの映像や記事を参照のこと。

Apple unveils tablet computer called iPad-01/27-NEW YORK POST



ジョナサン・アイブだけ歳とっていない気が..
まあ、美術の世界ではよくある事ですが。


i-Pad、海外旅行とかに良さそうですね。
[ 2010年01月28日 07:01 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

乾燥中!

年賀状は昨晩、ようやく刷り上がり
只今乾燥中です。2-3日かかります。

OZAKUのブログ

RISOの乾燥ラックを買ってから、以前のように床に平たく置かなくても良くなったから、
ずいぶん省スペースで助かります。まあ、200枚を超えた分はラックが足りなくて、床に置いていますが汗

廊下も通りやすいし、掃除機が掛けられるのはほんと助かります。

さて、昨日、出力を待ちながら残りを読んで、
「ミトコンドリアが進化を決めた」を図書館に返却してきました。
一度Webから延長手続きをしました。便利。

OZAKUのブログ

注釈からなにからすべて読み切りました。
なかなか面白かったし、この分野、2000年超えてからすごい勢いで進んでいるようだともわかりました。
内容に関して言えば、実は同じ事がすこしずつ書き方を変え3回書いてありました。だからこの厚さになっている。エピローグが一番短く書かれています。作者が一般人にいかに伝えるかで、心を砕いた結果かなと思います(とても親切な感じがします。)が、謎解き風な組立にしてしまったのには無理を感じました。それとどうも日本語に訳しにくい英文のようで、日本語としてすっきり読めないのが本としては難点でした。

でもまあ、ミトンドリアって、すごい奴です。
この本で紹介されているミトコンドリアや、それを巡るさまざま事の動きに社会の動きを関連させて読んでみるとなかなか共通点があり、結構フラクタルなのでは?と思いました。

ちみなに、ミトコンドリアはヒトの成人だと体重の10%くらいあるそうです。
と言うことは、私の細胞内には・・Kgもコヤツがいるんですねビックリマーク


この本にも出てきたリケッチア。

雌だけで生殖 誘因菌解明-01/26-gooニュース

早速、ニュース記事の中にも発見。やはり最先端!




大学の時にお世話になった先生から、デジタルデータの作成を急いでするよう要請があったので、
年賀状はおいておいて、そっちの方にかかります。
[ 2010年01月27日 14:37 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

出力中!

ようやく、年賀状を出力しています。

うちのプリンタは、用紙を引き込むときにすごく大きな音を出すので、
集合住宅暮らしにとっては悩みのタネ。

作品は枚数も少ないし、シビアだから部屋の中であれこれ被せたりして刷っていますが、
年賀状は1枚1枚は小規模とは言え、枚数があり連続出力時間が長くなります。

さらにドライバーソフトを特殊なものにかえているため、
1枚の出力時間が4分ほど。さらに15枚ずつしかハガキをセットできません。
出力されたハガキは黒ベタがほとんどなので、そのまま積み重ねるに任せておくと
かすれて使い物にならなくなるから(以前その失敗をしました。)、1-2枚ずつ随時乾燥する場所に移動する必要があります。

つまりプリンタの側からはなれられない状態が10時間以上..
まあ、出力に入ったら、プリンタの側から離れないのはどの様な場合でも鉄則ですが汗

リノカットを手で刷っていた時の方が、まあ若かったというのもあるけれど
最速で連続5時間で刷り終わっていました。


で、騒音対策として昨年あれこれ考えた結果、
住空間の中でもっとも防音性に優れているのは
そう、洗濯機を置いている脱衣室

OZAKUのブログ

こんな感じにセッティング。
でも、これだとマシンが置けないよ。
ならば、

OZAKUのブログ

廊下をまたいで、食事室に。
古い賃貸住宅なので、見ての通りバリアフリーではありません。

と、
これを書いている最中も、度々プリンタのところへ行っています。

こんな感じに進んでいます。
[ 2010年01月26日 13:19 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

中速充電

昨日のブログで書いた、家庭で急速充電ですが、
どうやら中速充電と言うようです。20kW版EV用急速充電器ともかかれていますが。
初めての単語です、中速充電。

【カーエレ10】“中速”充電器のメリット…高岳01/20-carview.co.jp

三菱『i-MiEV』のバッテリーを容量0から8割程度まで充電するのに50kW版で30分かかるところを、20kW版だと倍の60分ほどはかかる


つまり、急速充電の倍時間がかかる。

でも1時間ですよ。
大規模な工事なく施工可能で、最長7時間かかるところを1時間に短縮できる。
実際は、0まで使い切ってではなく追加充電になるから、消費量にもよるけれど大方30分前後でしょうね。
さらに、すこし小規模らしい。この点はすごく重要です。

実はこの充電器を開発している高岳は、私が昨年試乗したプチレンタのi-MiEVで使った東京電力製の急速充電器を作ったところ。使用レポはこちら
この時も書きましたが、とにかくケーブルがすごく重たい。全体に工場の中にある専用の設備って感じの規模で、華奢な女性だと持ち運べる重さのキャパを超えるんじゃないかと(私はゴツイですが)思いました。

今後、ショッピングセンターやコンビニに設置するようなプランが各地で発表されていますから、こういうライトな使い勝手と手軽な工事で施工できる点は評価が高いんじゃないかと思います。

この他にも、カードで課金するシステムとか、充電器は1機で供給器は2機とかいろいろ現実的な試作器が出てきています。

以前このブログに、

電気自動車-電池-急速充電器-スマートグリッド-発電設備

とか書いて、日本では

電気自動車-電池-急速充電器-スマートグリッド-発電設備

ここしか熱心でないのは問題では?と書いたけれど、
ようやく

電気自動車-電池-急速充電器-スマートグリッド-発電設備

こんな感じになってきたなぁとか思いました。

電気自動車:充電設備の利用状況把握の実証実験を開始-01/18-毎日.jp

以前もこの様な実験はありましたけど、対象のEVが170台・充電スタンド24拠点。
EVが増えたんだなぁって思います。EV関係者数がビックバンアップ


話題変わって、
年賀状の方は昨晩でオリジナルデータはできまして、早速ディスクに固定しました。そろそろプリンタとの作業に移行です。
[ 2010年01月24日 09:19 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

EV関連のニュース

すっかりのびのびになっていた年賀状の事をやっていて(現在、スポッティング中。)
ここを更新できずにいますが、
世界規模で、電気自動車関連がかなりあわただしい感じになってきているようです。

今アメリカのデトロイトで行われているモーターショーには、電気自動車が沢山出ています。


一方、国内のショーでは、



01/19

上の動画ニュースで注目なのは、
家庭用電源で急速充電できる急速充電器です。貯めて置いて一気に流すんでしょうか?

i-MiEVコンセント



これだけではなんですので、

以下は、
2007年までのコンセプトカー画像を集めた映像です。
EV以前のものですが、経済が悪くなる前はいろいろな形が考えられたんだなと感じます。



10分ほどあります。

現在、
i-MiEVやiは未来的な形と言われていますが、その原型のコンセプトカーは2003年に発表になっているから、珍しく生き残ったコンセプトカーと言えます。


発表当時の記事。
コンセプトカー「 i 」はスペースフレームのミッドシップ車2003.08/30-Tech-On!

ナンバープレートがないから変な感じを受けますが
確かにこれはiです。
ほとんどのコンセプトカーが消えていった中でよくぞ生き残って量産型にまでなって、さらにEV化まで果たしたと思えます。姿形は変えずに中身だけ進化している。

そんなところに、生き物的な運の強さを感じます。

充電器搭載や床下バッテリー、充電口の形、一充電で走行可能な距離等、量産型EVを考えるときの基準に知らない内になってしまったi-MiEV。

世界では様々な会社が、このi-MiEVの次ぎに一世を風靡するクルマを開発しようとしている感じがします。
[ 2010年01月23日 08:22 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

ふろふき大根

この時期、もし圧力鍋をもっているなら
今年のおすすめはゆずみそのふろふき大根です。

今年は、大根大根とゆず(柑橘類)ゆずが安い。

うちで使っているみそは赤味噌ですし、保存の関係からかなり固めにしていますから一般に見るのとだいぶ違っています。さらに、大根は下煮をした後、大根の甘みを殺さない程度に味をつけるので茶色い。大根が細いのは58円の物だから汗と、総じて見た目が良いとは言えません。。


$OZAKUのブログ

しかし、
これがおいしいビックリマーク

大きな声では言えないけれど、お店や旅館で出てくるのよりも。

下煮の時に"ぬか"がない場合は、米を一握り入れる事で代用できるそうです。やわらかく煮る事にプラス、アクと臭みをきちんと抜く事が重要な気がしています。

手間はそれほどかからないけれど、煮ること2回+むらす時間が必要かも。

うちの圧力鍋は寸胴でおおきいから普通サイズの大根3本は一度に加工できるのですが、
そんなに食べられませんね。あせる
書いてから、"加工"ではなく"調理"では? と思ったり。
[ 2010年01月21日 18:49 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

おおきい

ここのところ、あれこれしていて
すっかりここの更新が滞っています。すみません。
今しばらくこんな感じですが、よろしくお願いします。

と、
偶然このページを見たら、なんだかサイズがすごいです..

美味しいもの 北海道、東北、関東

思わず笑っちゃいました。

[ 2010年01月18日 08:21 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
8892位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3501位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR