FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2010年07月

ロンドンのレンタサイクル


パリのレンタルサイクルVelib(ヴェリブ)は有名ですが、
同じような物がロンドンにも導入されたようです。

ロンドン自転車革命、レンタサイクル事業開始へ-2010年07月30日 19:10 発信地:ロンドン/英国-AFP BB News

利用料金は1日1ポンド(約130円)、1週間では5ポンド(約650円)、年間レンタルでは45ポンド(約6000円)。30分以内の利用は無料だ。返却されなかった場合や破損させた場合に備え、デポジットが必要。

自転車の形も、ロンドンのと似ていて特殊です。

この自転車は、エコプロダクツの展示にありましたが、
ちょっと持ってみたら、見た目同様とても重く質実剛健な作り。
市販されているどの自転車にも似ていないため、盗難されてもすぐにわかってしまう自転車でした。


ところで、私は普段から自転車を利用しているため、このサービスには大変関心があり、
今年2月だったかに皇居まわりで行われた実験にも参加しています。

実験当日は、
自転車にはあいにくの、そして東京では毎年2-3日はかならずある突風のふく日でした。駐輪場の自転車がほとんど倒れてしまう、あの日です。

日本のレンタサイクル用として大手が開発した自転車は、とても高級で繊細な車体でした。
乗り心地もよいのですが、市販の自転車と非常によく似ている。というか、市販のある程度高い自転車そのもので、且つ、坂を上り下りする事を考慮してか軽量だったり、車輪が小さかったり、ギアチェンジできるようになっていたり、電動アシストが付いていたりしました。

私が借りたのはアシスト無しのもの。これで四谷から皇居を回って秋葉原までのコースを走ってみました。

いつもはとても重い自転車に乗っているため、突風がきても自転車ごと吹き飛ばされるという事はなかったものですから、この日、お堀の横の交差点を押して横断中、自転車ごと横にとばされかけて非常に慌てました。さらにその後、先の事がありましたから慎重にと思ってお堀の横を走っていたところ、再び今度はビルの隙間からの突風で自転車と共に私も横にとばされ派手に転んで、前カゴに入っていた自転車のチェーン状のガキが飛び出しお堀に.. チェーンは外れるは、膝を打つわで、一時走行不能。
で、すこし引いて歩いていたのですが、ためしにチェーンを掛けてみたらうまくいったので、途中からは乗ってどうにか時間内に秋葉原に着きました。

この時、車体の軽さと繊細さのマイナスをすごく感じたのです。
ヴェリブだったら、乗り心地とか取り回しの悪さはあるかもしれないけれど、こういう事故は起こらないと。後日、自分の自転車で風の強い日に荒川にかかる橋を渡っていて、このふんばり感があたりまえだと思っていたなと感じました。

車体が重いと、上りが坂がつらくなるため、パリでもモンマルトルでは借りる人が多いのに戻す人がすくないとか。

でも、それでも良いと思うんです。
誰がいつどんな使い方をするかわからないし、どんな状況で走るかもわからないのですから、まずは、壊れないように頑丈な物でないと。

以前動画サイトで、行儀の悪い若者が夜中にヴェリブで階段を下りたり、自分の自転車ならこんなに過酷な使い方はしないでしょうと思ってしまうような乗り方をしているのを見ました。もし、あれが先の東京での実験での自転車なら、すぐに壊れるだろうし、それ以前に盗まれたり部品取りされたりするんじゃないかと。
あの車体には、他にもバランスの悪いところが1カ所あったと思います。もう忘れましたが..

先のニュース記事によると、
パリのでさえ、
これまで1万6000台が破損し入れ替えねばならず、8000台が返却されなかった。中には東欧で見つかったものもあったという。

日本のなら見つからないと思う。

そのような意味で、この度のロンドンの自転車選びは正解だと思います。


スポンサーサイト
[ 2010年07月31日 09:37 ] カテゴリ:エコ | TB(0) | CM(0)

100台i-MiEVの画像

前にお知らせした、100台i-MiEVの画像がありました。

EV100台イベントin五島 報告です☆の画像-三菱自動車 EV-Lifeブログ ~電気自動車のある暮らし~


生産国なんだから、早い段階でこういうプロモーションや画像を広報で使ってほしかったです。

それと私の興味としては、このまま、ごそっと全部が動くとどんな音がするのかはてなマーク


たとえばあるゾーンに街を再現して、そこで動くクルマはすべてi-MiEVにしてみると
どんな街が出現するのかはてなマーク、そういう大規模な実験って生産国でやってほしい。
それにより、ガソリン車が街に与えている影響も見えてくるだろうし、どのように世界を変えていけるのかも具体的にわかってくる気がするのです。


そうそう、今日は足立の花火大会ですよ打ち上げ花火


こちらは、今年2月のシカゴオートショーでのテストドライブの影像。



見所は後半。
この影像を見ていて、あちらは建物の大きさがちがうなぁ とあらためて感じました。
[ 2010年07月29日 08:38 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

アメリカのi-MiEV

前々回のブログでUSA TODAYでi-MiEVが取り上げられた事にすこしふれましたが、
どうもプロモーションが始まったみたいです。

Mitsubishi i-MiEV California Drive


映像では、サンフランシスコから、途中ヴァカヴィルにある太陽光発電パネルの屋根付き駐車場に新たに設置した東京電力社製の急速充電器で充電の後、サクラメントに行っているように見えます。
なんだか、非常に太った方も乗っている気がします..

大体こんな距離、


大きな地図で見る

日本だと、


大きな地図で見る

こんな感じ。


このプロモーションの記事には、外見は小さいのに中は広いので驚くけれど、長距離は走れないし(アメリカの高速道路は速度が速いので、すぐに電欠してしまう)、途中に急速充電器があってもトータルでかかる時間が長すぎて実用的でないと書かれていたりします。

アメリカは確かに大きいし、都市と都市の間は離れてはいますけど、
都市の中心部なら短い距離専用というのもありではないかとも思うのですが。


関連して、
アメリカは左ハンドルの国ですから、パーキングチケットを入れる装置も左側にあったりします。
そのバーキングからi-MiEVで出る方法を解説した映像です。

Right-Hand Drive vs. U.S. Parking Garage


そう !
すべてバックで行っています。

簡単って言ってますけど、簡単? 私ならまだまだ修行が足りないので..と躊躇してしまいます。

アメリカは絶対的に人数が多いし、純粋にEVに感心のある人も多いから、
正式にアメリカ向けを輸出する時に、どれくらい彼らのニーズに寄り添えるか。

ぜひ、私の想像の斜め右上を行ってほしい!


2008年の11月からいろいろとニュースなど見てきて思うに、
i-MiEVには、持って生まれた希なるスター性があると思います。
クルマには生物と違って自立的な意志はないから、これを生んだメーカーはそこのところをきちんと自覚してこのクルマを磨いていただきたいものです。

[ 2010年07月27日 08:47 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

室内工事が終わり..

昨日の日曜は、TVの端子口の室内工事でした。

地デジというよりも、壁内の設備が古いため、建物全体の規模では
画像の乱れにまでなるから新しい物に取り替えるという工事でした。
そして、光が直接くるようになるから、インターネット接続やIP電話も使えるし乗り換えはいかが?
今の光回線よりすこし安くなるよ。という内容でした。
今のところ速度的に問題はないので、契約変更は見送りました。

とてろで、私はすっかりTVの口は1カ所と思っていたら、2カ所あります!!と言われあせる
鏡台の後ろの壁にも空いていたんですね。鏡台の裏までは掃除していなかったので、あせりました。

工事自体は、職人さんが本当にてきぱきと素早く行ってくれたおかげで、すぐに終わりました。


問題は、そのTVの口を出すために、前に設置していたPC群を取り除いたこと。
山のようなケーブルが.. 
まあ個人のレベルですが、


OZAKUのブログ


電源ケーブルだけでこんなにあるよ。うんざり..ダウン

すべて水拭きして綺麗に。電気物は、塵ホコリを吸い寄せますねぇ。
どうせならPCの配置換えもしましょう、と始めたら、数日かかりそうな雰囲気。
この画像をUPするために、USB HUBの1つを接続しました。

TVを買う予定はないので、単なるPCのセッティング替えになっています。
[ 2010年07月26日 08:46 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

iPadで絵をかく の記事を読む

前に、ここでiPadでPhotoshopが動いたらいいのに、と書きましたが、
近い事をしている方について書かれた記事がありました。

iPadをキャンバスにして描いた肖像が芸術的すぎる(動画あり)-07/02-GIZMODO

3時間で速いなあと思うと共に途中っぽいのが残念ですが、デバイス的には離れて見ないで指の動きで画像を小さく表示できたり記録を取れる点は、アナログなものと違いかなり有利に思えます。

基本的には、ブラシのサイズを選んで色を選んで描いての連続のように見え、Photoshopなどで行われている途中でフィルタ使ったり、工程を元に戻したりとかしていない感じがしますから、もともとアナログの方でスキルのある方かなと思います。

"コンピュータを介在させて絵が描けない人でも簡単に美術作品が"とか、そういう方向での開発は大学などの研究室では盛んに行われていて、特殊なフィルタを通すとゴッホ風にとか、そういうのには私は昔から疑問がありました。絵ならまずは紙となにか描く物で描くのが基本で、そこでイヤと言うほど苦労して、でようやくそこへコンピュータを介在させるとどうなるか?どんな表現が見えてくるのか?の方がワクワクすると思うんですね。あくまで、アナログのフェイクではなく、アナログではいけない領域を目指してって事が前提ですが。(絵のスキルがない人であっても、フェイクを目指すのではなく、それでしかできないものを目指してほしい。小学生や社会人の公開講座でやっていたのはこれでした。)

スキルがあって、なおかつそこに安住しないというのはなかなか厳しい道ですから、そちらに行く人はあまりいないでしょうけど。

まあすくなくとも、表現分野について言えば、人間を楽させるためにコンピュータを使う方向はなしだと思うのです。


というわけで、結構iPadほしいかも。。

しかし先立つものが、
というよりもそれ以前に生活費くらいはどうにかしないと、などと現実にもどったりします。


おまけ


OZAKUのブログ


昨日は土曜でしたから、銀座の氷点下のビールを出すお店の前の行列は、
ビジネスマン一色ではなくさまざまな色の行列でした。

OZAKUのブログ

行列最後尾側から。


銀座では、山川冬美展(陶芸)。つづいて目白では、山本剛史展(銅版・オブジェ)を鑑賞。
それぞれの作品から、探求している方向がよく伝わってきました。




さらにつらつらと..

USA TODAYのi-MiEVの記事。

Mitsubishi i-MiEV electric car is spunky, fun and promising-07/23-USA TODAY

総合評価では有望。

この方は、"かわいい"を強調していますが(実はアメリカにはあまり"かわいい物"がない。)、
アメリカ仕様にしないとね、って感想は他のアメリカ人のライターさんと同じ意見です。

アメリカ仕様って、具体的には、
左ハンドル。 <--彼らはこれを世界標準と思っている。
カップホルダーとか弱々しいプラスチックのところはゴツク。<--これは、わかる! あちらはすべてゴツク作られいるから。公衆電話などでもここまでしなくてもというくらいゴツクて、それでも壊れていて使えない物がある。それくらい使い方が荒い。
バックカメラがついていない。<--これは難しい事ではないと思う。
前輪タイヤが細い。<--これは欧州仕様で太くなる?
車内の警告シールが日本語! 英語にしろ。<-- 市販車はそうなるでしょうけど、試験導入車くらいその国の言葉のシールにすればよかったのに。そういう細かな配慮ひとつで、ずいぶんプロモーションの印象が変わると思う。
今の走行可能距離の数字では広告上も競争力がない。つまりバッテリーを強力に。<--どこでも言われていてる点。米国投入は2年後なので、もしかすると東芝の電池が搭載され良くなるかも。

などなど。

ただ、4ドア・5人乗りセダンって書いてある。すくなくとも4と5は逆では?



例えば、同じ中国製でも、アメリカ向けのと日本向けのだと作りの強度が違ったりします。必要とされる仕様が違うのと、たぶんアメリカ向けは発注される数が桁違いに多いだろうから、同じコストで作っても割安になって、その分を質に転換すると大きく強固に作れるとか、そのような事があるのではないかと思うのです。

決定的に人数が違うので、そのあたりをi-MiEVを作っている三菱が真剣に意識できるかがポイントかなと。私は、米国市場はi-MiEVにとって台数の点ですごく重要と思っています。それと、日本の文化のすぐれている点を広めるためにも。


アメリカと日本の"物に対してのセンスの違い"は、コストコとか行って、日本の倉庫的なスーパーと比べてみるとわかりやすいかと思います。これなら日本国内にいても可能ですよね。




私にとってアメリカという空間は、何度行っても日本とあまりに違うので、その文化的な意味での差異が大好きな空間です。ヨーロッパでは、アメリカに行った時のような強烈なパンチは食らわなかった。随分昔から出島などを通じて入って来てきていたから、気付かないうちに文化的な尺度の一部が身体に練り込まれているんだなと感じたものです。



[ 2010年07月25日 09:01 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

新型スカイライナー

ここのところ、京成電車に乗って荒川を渡ると、土手に三脚を立てている男の人が何人もいて
はてなマークと思っていたら、
昨日、日暮里駅で新型スカイライナーに遭遇しました。

新型スカイライナー-公式ページ

なので、携帯で激写してやれっ! と、自分の横を通り過ぎた時にシャッターボタンを押しました。

結果。


OZAKUのブログ

通り過ぎてしまいました。。 。シャッター切れるの遅すぎです汗


そう言えば、この携帯。使えなくなると思っていたら、
実際に使えなくなるのは2年後の7月でした。ああ、よかったー この財政難の時に
どうしようかと思いましたよ。気に入っているし、まだ使えるし、それに、今ちょうど技術的に、変わり目のような気がするから。2年たったらだいぶ変わっているんじゃないかとも思うのです。
それまで壊れずに保ってほしいけれど、シャッター切れるのが遅いのは、うーん困りものです。

電車もそうですが、花火もつらい。


さて、別の話題。
ザーサイを買ってみました。

食材としてのザーサイです。
昔、実家ではこれは切ればすぐ食べられる物と思っていて、あまりの塩辛さに家族全員食べるのを断念したのですが、今回は袋の裏書きを読んだので、書いてあるとおりに塩抜きをしてから油炒めにしてみました。


OZAKUのブログ

一袋4個入りのうちの1つを使っても、山のようにできて、
おいしくいただきました。

塩の抜き加減は切り方で変わるようで、すこし長いと抜きすぎになりそうだから調整は微妙です。
塩抜きする前の物は保存が利くので、使える食材な気がします。


おまけ

これ、音消して観た方がいいような気がします。



最後の方に戦闘機が出てくるのは、もともとそういうのを作っているスウェーデンの会社からできた自動車会社だから。窓の外に見える風景が空っぽい。


The Future Saab 91 Concept Could Looks Like This

これはCGでしょう。
すこし南な感じの予想図?

[ 2010年07月24日 08:17 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

今日のお昼は

冷やし中華にしました。

OZAKUのブログ

意外に、外食すると高いメニュー。


ここのところの猛暑で、室内のPCも熱暴走ぎみだったため、その対策として外付けHDDを導入しました。
アルミ筐体のiMacは、どうも中に熱が籠もりやすいようです。



OZAKUのブログ

いつもは内蔵HDDを買うのですが、箱もないし、筐体の中に入れたら本末転倒だしで、
ケース付きのにしました。パソコンショップ レーダーの通販で、7千円台で送料入れて8千いくらかでした。

OZAKUのブログ

初かもしれない。うちにT(テラ)のディスクって。

OZAKUのブログ

何枚かディスクが入っているんでしょう。すこし厚めですが、それでも全体にはすごく小さい印象です。

Mac用の説明書も入っていました。

しかし、説明を読んでいたら起動ディスクにはつかえません。って書いてあり汗

あきらめずに、ユーティリティで、Mac拡張(ジャーナリング) パーテーションタブからオプションでGUIDにしたら(Intel Macの場合)問題ありませんでした。


覚悟して始めたディスクフォーマットはあっけないほどすぐに終わって、音も静かだし、発熱量もすくないので今のところ良い感じです。でも、本格的に調整するのは、地デジの室内工事が終わってからになりそう。。うちにはTVはないし、今後も導入する気はないのですが、集合住宅で賃貸なのでわがままは効きません。ちょうど端子の横に、このマシンのセットを組んでいるから、あー...  ばらして移動..ダウンです。


ついでに、押し入れにしまってあった新しいキーボードに付け替えようと出してきました。

OZAKUのブログ

パンタグラフのキーに慣れてしまうと指の筋力が落ちるようで、以前のキーが重くて..
はてなマーク


[ 2010年07月22日 15:27 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

日光アレルギー

昨日は、くらしている区が行っている、マンモグラフィーというのを撮りに
保健所に行きました。

午前中、強い日差しの中を自転車でその保健所へと走っていたら、腕が赤く腫れ

OZAKUのブログ

クッキリと腕時計のあとが..

日光アレルギーの体質なので、日に焼けるというよりも腫れてしまいます。
中学の頃の夏場の体育の時間は、半袖の体育着に隠れているところと、出ているところで腕の太さの違いがはっきりわかるほどはれて最悪でした。あの時は痛くて大変で、それに比べればかゆい程度なんですけど、すこし熱を持っています。

熱中症も多かったようだし、本日は益々太陽に気をつけたいところです。晴れ


p.s.
昨日書いた、EVレースの続報。
アップされた映像を見たら、テスラとi-MiEVの間があんまり空いていないなぁとの印象を持ったのですが、その訳が矢印

-2010年07月20日-フヂイさんのみんカラブログ-フヂイ エンヂニアリングのクルマ狂な日々

動画を見ると、確かにi-MiEVの方が安定して走っている感じがします。
って、ふと気がつくと、量産車とは言え元々がスポーツカーと軽自動車。それらを比べていますね、私。
やっぱり今までの常識では語れない新しいレースだったんですねビックリマーク
[ 2010年07月21日 08:43 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

第1回 EVレース 結果

昨日は、前にここでお知らせしたEVレースが開催された日でした。

私は行けなかったので、以下、ネットに上がっている情報をあれこれ。

2010 全日本 袖ヶ浦EV50kmレース大会オフ-2010年07月19日-みんから Oily Boy's Bkiog

2010 全日本 袖ヶ浦EV50kmレース大会その1



2010 全日本 袖ヶ浦EV50kmレース大会その2


飯田章がEVレースで“初優勝”を達成-2010.07.19-AUTO SPORT web


レース終わったよ~!-2010-07-19 -サーキットのオンナ!


やはり量産車(それも後ろにモーターがある)が強いようですね。テスラもi-MiEVも。

i-MiEVはドノーマルとか書かれているので、スピードリミッターで140km/hくらいになっているんでしょう。これはずすと今のハードでも180km/hくらいは出るらしいですよ。

しかし、スポーツカーと軽自動車規格のクルマが一緒に走っているレースっておもしろい。
しかもそんなに差がついていないというのが、なんとも。基本的な考え方が全然違うクルマのはずなのに..


今後どのような方向で発展するのか、益々面白くなりそうです。

次回
2010年 11月6日(土)7日(日)
2010 All Japan EV-GP Series Round.2
「岡山 全日本電気自動車レース大会」
【場所】

岡山国際サーキット (リンク)

しかし、ドノーマルのi-MiEVが4台走ってて、違いってほとんどドライバーのテクニックだけですかね。それはそれでとても面白いと言うか、レーサーが主人公のレースですよね。
[ 2010年07月20日 08:28 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

日本橋へ

昨日は、日本橋三越で開催中の宮田先生の個展に行ってきました。

今までの展示と違って、金工作品だけでなく
日本酒のラベルとか風呂敷とか、アクセサリー・ネクタイ・ガラス器などいろいろあり、ボクシングのトロフィーらしき物もありました。

王者西岡利晃が日本橋三越の金工展訪問-07/07-nikkansprots.com

これかなと思います。



ちょうど会場に2歳くらいのかわいらしい男の子がいて、先生の初孫ビックリマーク
おじいさんになってしまったとの事です。そういえば顔の縦横比が似ているかも。


本日の午後4時まで。
[ 2010年07月19日 09:03 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
859位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR