OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2011年01月

EVのレンタル増える

i-MiEVに続き納車の始まった日産の電気自動車LEAFのレンタカーサービスが、
2月から順次1都2府14県のオリックスではじまるようです。

「日産リーフ」を、レンタカー、カーシェアリングで130台導入-オリックス

6/30まで(4/29-5/8除く)はキャンペーン料金で、6時間7,140円だそうです。

でも、カーシェアリングは沖縄だけ。残念。
あんまり寒いところは適さないとの判断でしょうか?

レンタルも、全国ではなく以下のところです。
岩手・宮城・千葉・東京・神奈川・福井・長野・京都・大阪・兵庫・奈良・岡山・福島・長崎・鹿児島・沖縄


暮らしている地域が上記に含まれていないとか、
6時間も必要ないとか、
もっと安く試したいとか、
ちいさいクルマがイイ!とか、
i-MiEVがイイ!!i-MiEVとか、

そんなニーズの方には、

ワンコイン おためしアイ・ミーブ-三菱自動車

1時間500円。4時間まで。(もっと長く使えるとこもあったような気が..)
こちらは結構各地で貸し出ししているようです。上記リンク先をチェック。


どちらの車両でも、日産・三菱双方のディーラーの急速充電器が使用できて、
日産が1回500円ちょっとで、三菱は0円。
まだまだこのサービスに慣れていない設置場所もあるようなので、事前に電話確認しておくのが良さそうです。


今は雪が降ったりとEVでの走行に不安のある時期だからこそ、ちょっと試してみる機会として最高かもしれないと思います。まあ、私にはそんな運転スキルはありませんが。。

WRAPPINGxMiEV警報中ドライブインプレ~-01/30-まるむすていんさんのみんからブログ「なりきりギタリスト」

夕方には一日で30~40cmは積もったであろう、時間帯に、試乗をさせていただきました。




スポンサーサイト
[ 2011年01月31日 15:35 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

HTV2号機の成功

最近は、愛称のほうでよばれる事が多いHTV日本の無人補給船「こうのとり」。

HTV開けたらぬいぐるみ 宇宙飛行士にサプライズ返し-01/28-asahi.com

国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングした日本の無人補給船「こうのとり(HTV)」2号機の貨物室のドアが28日早朝に開かれ、ISSの宇宙飛行士らが入室した。作業は当初、同日夜に行われる予定だった。

この部分から、夜まで待てなくてという気持ちが伝わります。

記事の方には、SSIに極秘に届けられたぬいぐるみの写真が載っています。きちんとホリゾントらしきものを敷いて撮っているあたり、スタッフの意気込みが感じられますね。

このキャラクターは、どうやら、以下にあります絵本のキャラのようです。
これはもう、涙なしには見られません。


【絵本】『ぼくがHTVです』(こうのとり1号機のおはなし)第1話


【絵本】『ぼくがHTVです』(こうのとり1号機のおはなし)第2話


【絵本】『ぼくがHTVです』(こうのとり1号機のおはなし)第3話


【絵本】『ぼくがHTVです』(こうのとり1号機のおはなし)第4話


この一号機よりすこし後から作り始められた今回の2号機は、一号機よりもおおく荷物が詰めるように設計されていたと思います。その荷物室の片隅に、関係者の皆さんのさまざな思いを具現化したコイツが乗っていたんですね。


上の絵本の中にもちらっとでてきますが、当初、ほとんどNASAからは相手にされなかったんだそうです。でも女性のディレクターのひとりがHIVに可能性を感じてくれて、という話しをドキュメント映像でみました。それでも、やるなら勝手にやれば、でも大事な物は運ばせないから、とか言われて悔しい思いをした。その経緯があるので、今回の2号機が成功するかどうかは、1号機の成功がマグレではなく実力だったと国際的にみとめさせる意味でとてもおおきかった事でしょう。

日本人は絶対この仕事、むいていると思います。地球の平和のためにガンバレビックリマーク


You Tubeで見たら、絵本の英語版の第一話がupされていました。
[ 2011年01月29日 09:23 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

帰宅するi-MiEV

昨年末12月15日(水)から明けて2011年1月14日(金)まで、成田空港に展示されていた2台のi-MiEVの撤去の様子。

i-MiEV Runs in an Airport Building! アイミーヴ 空港ビル内を走る! (1)


i-MiEV Runs in an Airport Building! アイミーヴ 空港ビル内を走る!(2)


普通、建物内にクルマを展示する時は、人が横や後ろから押して移動するらしいのですが、
排ガスを出さなため、自分で走って出て行きます。そう思ってみて見ると、なんだかキャラのように見えてきます。


前にタイのモーターショーで、人でごった返す会場内を頭にピコピコを付けてスリープで前進しているi-MiEVの映像がありましたが、たしかに国内の建物内での映像は初めて見るかもしれません。
[ 2011年01月28日 08:42 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

1年前の講演会の映像

38分くらいあるニコニコにupされた講演会(2010年3月11日)の映像。
情報処理学会ソフトウェアジャパン2010。場所は、東大の安田講堂です。

招待講演(3)「i-MiEVで開く低炭素社会」 早舩 一弥


約一年前の映像ですが、i-MiEVを取り巻く現状がよくわかる内容です。
特に技術内容が興味深かった。充電時間については、ストロボみたいに貯めおいて一気にといのうも、受ける側の電池が対応してくればありそうな気もします。

資料をはっきり見たい方は、こちらに全部ではないけれどpdfがありました。矢印 「i-MiEVで開く低炭素社会 -持続可能な社会を目指して」

このpdfを300%くらいまで拡大するよく見えます。


なぜ、アメリカやヨーロッバや中国が太陽光発電や風力発電に熱心なのかも、この資料には直接は出て出てきませんが、透けて見える気がします。
[ 2011年01月27日 08:04 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

障害報告-ozaku.org

ただ今、ozaku.orgを置いているところで障害が発生しているらしく汗
1/26・21時51分現在、接続できない状況です。
復旧予定時刻は、本日23時頃とアナウンスされています。

もしも、接続したけれど表示されない方がいらっしゃいましたら、大変失礼いたしました。
申し訳ありませんが、しばらくお時間をいただきたく、よろしくお願いいたします。あせる


ちょうど私も、今年の年賀状の下絵を公開する作業をしていて
この障害に気がつきました。うーん。。
[ 2011年01月26日 21:45 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

i-MiEVの電池再利用実験

i-MiEVから取り出した電池。

これを蓄電池として再利用できるかはてなマークの実証実験がスタートするようです。

リチウムイオン電池の二次利用を検証…三菱、GSユアサなど-01/25-レスポンス

三菱の電気自動車(EV)『i-MiEV』に搭載して使用済みとなった、リチウムイオン電池の二次利用に関する実証実験を開始する。

EVが高いのは電池が高いからと言われていて、
その電池は、EVで使えなくなった中古でも蓄電池としては十分使えるからまだまだ価値がある、とは言われてきたけれど、これまで実証実験していなかったんですね。

ところで、この実験が行われるローソン。ローソン

どこにあるのか調べてみました。



より大きな地図で i-MiEV関連 を表示

おおっビックリマーク
なんと、ユアサの向かいにありましたっ!

i-MiEVがいなければ、両者とも何かの工場とか、近所のコンビニだったんですよねぇ。
i-MiEVの取り持つ縁を感じます。

さらにこのローソンから、北東に7分600mほど歩く歩く と、
リチウムエナジージャパンがあるじゃないですかっ!


歩いてデータ取りに行けるって、イイですね。日本的で。
地図のマイナスボタンを、3回ほどクリックしてみてください。


以下は、スペインのi-MiEV



すべてがゆったりしているi-MiEV。
ゲージが減ってもあわてない。
めずらしく、チャデモって言ってます。
[ 2011年01月26日 08:46 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

i-MiEV祭

なんだか、音譜i-MiEV祭i-MiEV祭というのが開催されるようですアップ

「i-MiEV」オールラインアップを展示する「世界に広がるアイ・ミーブまつり」 -01/24-Car Watch

「i-MiEV(アイ・ミーブ)」と、そのバリエーションモデルを展示する「世界に広がるアイ・ミーブまつり」を、1月31日~2月6日に本社ショールームで開催


日本で作っているのに、ヨーロッパに行かないと見られない欧州バージョンや、そのOEMのプジョー「iOn(アイオン)」、シトロエン「C-ZERO(シーゼロ)が見られる。

さらに、i-MiEVSPORT。
3日間だけ(2/3-2/6)実証走行試験車の「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」もビックリマーク

これに北アメリカバージョンのi-MiEV USがあると完璧なんだけどなぁ~ 

本社ショールームは、ココ。
試乗会もあるようです。


大きな地図で見る

クルマを見せるのが目的で、売っている所ではないから入りやすいです。
前に、クルマの運転講習会で一度行ってみました。
隣にスターバックスがあって、区切られていないからスターバックスから入ってみるのも手かも。

エンジニアによる「i-MiEV」開発秘話とか、イベントも気になります。i-MiEV

1月31日~2月6日の一週間だけだから、気にしていないと終わっていたって事になりそう。
チェック 平日:10:00~19:00 土日祝:10:00~18:00





ようやく、年賀状発送始まりました。あまりに遅れたので、今年は寒中お見舞いになっています。
[ 2011年01月25日 08:24 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

急速充電規格に動き

i-MiEVには、車体に2つの充電口があります(左右側面後ろ側)。リーフでは1カ所に2つがかたまっています(鼻)。

その充電口。
100Vと200Vはゆっくり充電するので、小さめのソケット。
ちなみに、形状の話しからはすこし逸れますが、i-MiEVは100Vと200Vの違いを車体の方で認識するので同じケーブル。リーフは、100V用と200V用の2種類のケーブルをユーザーが使い分けます。

一方、急速充電するソケットは、かなり大きく複雑な形をしています。
こちらのケーブルはリーフも同じ。と言うか、こちらのケーブルは充電器にくっついているので、ユーザ持ちではありません。

この急速充電規格を巡っては、世界統一規格が必要なのか?どんな規格になるのか?など結構話題になっていましたが、関連した動きがあったようです。

日本の急速充電規格『チャデモ』、米国で大規模採用-01/18-WIRED VISION

読売新聞の報道によると、米国は(おそらく米エネルギー省を通じて)、アリゾナ州、カリフォルニア州、テキサス州、テネシー州、オレゴン州、ワシントン州に、CHAdeMO方式の急速充電器計310基を設置する予定だという。

やはり日本は小さな島国なので、日本で急速充電器と言ったらあの形(CHAdeMO方式)だよねっ、てな認識で海外に行ったら違う形をしていたビックリマークという事態に陥っても、まあ、日本は特殊な国だから、我々には理解できない事が普通だったりするよ。とか言われてしまう危険が大きかった。
"大陸で使われる"、これは結構重要です。

統一されれば世界中のユーザーも気にしなくて良くなるし、良い事です。

だって、すでに一般家庭用の電源コンセントの形は各国さまざまで、どのアダプタが必要だとか、場合によっては変圧器を挟まないととかって悩んだりして、すごくやっかい!

さらにその上に急速充電で同じような事がおこると、流れる電気の量は半端なく大きいからアダプタがどうのとかいうと大規模になりすぎて、これはもうバツゲーム!!


まあ、CHAdeMOっていうオヤジギャグまで輸出されてしまうのはどうかな?とは思いますけど。
ギャグではなくユーモアですよ、と言えば聞こえは良くなる?


もうひとつ思うのは、JFEエンジニアリングが発表したこちら、
電気自動車で超高速充電 -2010/05/04-日本経済新聞

電池容量の50%を充電するのにかかる時間は3分と現行の約5分の1

ただ超高速充電するには、EV側の制御ソフトなどを変更する必要がある

というのが、日本の国内にもありました。これって形は同じでプロトコルが違うの?
規格って言った時に、どこまでを言うのかな?

一方で、昨日書いたSCiBのように短時間充電が可能な電池も出て来て。

そう考えると、なぜ充電に時間がかかっているのか? 原因って1つではないんでしょうかね?

なんだか複雑そうですが、世界は確実に短時間充電の方向に向かっていて、これまで何度かやって来ては引いてしまったEVの波とは明らかに違う質を持っている、とは言えそうです。


[ 2011年01月24日 08:10 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

SCiBがMiEVに

東芝が開発中のリチウムイオン電池SCiBアップ

当ブログでも、昨年7月に2回、9月に1回取り上げましたが、
これが、クロネコヤマトさんで使われるのかな?と言われている
MINICAB-MiEV(ミニキャブ ミーブ)に搭載されるというニュース記事。

三菱自、新型EVに東芝製電池採用 -01/21-日本経済新聞

2011年秋に発売する新型電気自動車(EV)に、東芝のリチウムイオン電池を採用する

これまでのリチウムイオン電池と比べて色々すごいようなので、
期待していました。

・長寿命(重放電6.000回以上使用可能/毎日充電しても20年OK)
・急速充電(5分)
・高出力(キャパシタ並み)
・大実効容量(残しておく領域が少なくて済む)
・低温性能(-30度でも使用可能)
・破裂・発火の可能性が低い

SCiBの公式サイトができていました。ドメインまで獲得して、東芝はかなりやる気です。動画

これがi-MiEVに積まれたら、
長く走れて、すぐに充電が終わって、電池の寿命も長く、大変な事になってもずいぶん安全そうだし、寒いところでもスイスイビックリマーク

長く走れる=これまでくらいの距離でいいなら電池の量を減らせる。矢印価格が下がる。
=EVの車社会到来。などと、妄想。


公式サイトによると、昨年12/20にホンダがEVの実施用実験車両に搭載 とか、
ホンダがビジネス向け電動バイクに採用とか、
シノマの電動自転車に採用とか、
慶応大学のバス開発プロジェクトに採用とか、
これはもう時間の問題でしょうとは思っていましたが。

搭載されるのは、この60Ahの矢印すこし背の高いモジュールかなはてなマーク(初めてこの電池を知った頃は3.3Ahでした。すごい進化です。)
60Ah級セルの二次電池「SCiB」を今年度中に供給開始-2010.09.29-東芝

電気自動車の航続距離向上が可能となります。

なにしろ、クルマ本体よりも長寿命のようなので、電池だけ載せ替えるとかもありでしょうか?


MiEVはi-MiEVですでに数千台走っている実績がありますし、
クロネコヤマトさんのクルマって事になると、正式採用されたらかなりすごい数になりますから、
一気に来そうな予感。

東芝は、この電池を作る工場を昨年9/29に新潟県柏崎市に竣工しているし、GSユアサも同じ日に新工場着工しています。

これからもっとすごい電池が出てくる可能性も、ありますね。

EVと言うと、走行距離が短いとか、充電時間がかかるとか、安全性が不安とか、価格が高いとかいうあたりをとやかく言う人が多いけど、こういう問題がクリアされた時に「社会がどうあるべきか?」「クルマにどんな夢/可能性を見るのか?」というあたりに社会全体がそろそろ気分をシフトしてもいい時期に来たのかもしれません。


以下は、MINICAB-MiEVではなくi-MiEVですが、

昨年のうちにアメリカに渡った、日本仕様のi-MiEVの最近の映像です。
このチャンネルの番組ではめずらしく?数人が出て来て喋っています。

Road Test: 2011 Mitsubishi i-MiEV-01/21



こないだ発表された北アメリカバージョンのi-MiEVがカナダに運ばれ、
リフトアップされたりして、いろいろ観察されています。
INTRO-01/19


カップホルダーが、頑丈なつくりになっているのが確認できます。
[ 2011年01月23日 09:53 ] カテゴリ:エコ | TB(0) | CM(0)

i-MiEVドイツADACの衝突試験で高評価!

i-MiEV(ヨーロッバ版)が、ドイツの衝突実験で高評価をもらったそうです。合格


三菱自動車、新世代電気自動車『i-MiEV』がドイツADACの衝突試験で高評価-2011年01月21日-三菱自動車

ADACの実施した『i-MiEV』の衝突試験結果によると、客室は十分な乗員保護スペースが確保され、床下のバッテリーパックにダメージもなく、さらに、高電圧システムの遮断装置も問題なく機能していることが確認された。


ここ数日
You bubeに、この衝突実験の映像と思われるものが数件upされていたので、うちいくつかは見ました。

なんだか、せつない。ダウン

とにかくここの衝突実験は、ぶつかったら車体が吹っ飛ぶくらいハードな印象。
i-MiEVが、前から後ろから横からとガンガンにつぶされる映像なんです。見てられない。。

でも、i-MiEVはがんばるんです。
人が乗っている空間を構成する骨組みはほとんど歪まないから、ほとんどガラスが割れない。

つらいから映像は貼りませんが、
さすがに開発の方々も、iは素性が良いからと口々におっしゃっていた。そんな車体構造を持っているクルマなんだなあと改めて感じました。

合掌。
[ 2011年01月21日 08:49 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
828位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR