OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2011年05月

放射線障害と予防対策-ねんど

すこし量はありますが、いろいろわかりやすく解説されている文献を紹介します。

チェルノブイリ原発事故当時のドイツに母親と共に暮らした
原子力専門家のヘレン・キャルディコット氏が、今回の原発事故に際し広く日本人向けに書いた文献。
体験に基づく体内解毒の方法も書かれています。


放射線障害と予防対策-PDFファイル-原子力専門家ヘレン・キャルディコット女史著

内容中の
地球上の放射性ヨウ素の循環が終わるまではこのような甲状腺腫誘発性(例:大豆)の食物を避けるほうが良いは、たぶん生の大豆の事かと思います。
日本人の場合、大豆は納豆や味噌など発酵食品にしますしこれは有効との意見が多いのです。


私はすこし竹炭を食べたりしていますけど、この文献では体験的に天然粘土が有効との事。
French Green Clay とはどのような粘土なのか? 興味があったのでネットで取り寄せてみました。

画像クリックで拡大します。
OZAKUのブログ

これは手のひらサイズの小さな袋です。定形外でも送ってもらえました。

すこし試してみたところ、水に溶けるというよりも沈殿するので、勢いよくかき回したところを飲む感じです。味はしません。飲んだ後、口の中がざりさりします。粘土のニオイはしますね。
小さじ1/3量で試してみて、体調崩すとかはあませんでした。

友達は、モンモリナイトを試そうとしているようですし、琉球クチャもいけるのでは?という噂もあります。もう一つ出てくるベントナイト・クレイもこのブログを読むと強力そう。。

量は考えないと危険かもしれませんね。私は責任とれませんよ。

低線量放射線障害はまだ症状も治療もよくわかってないから、試せる範囲で日々実験するしかないのかもと思っています。

スポンサーサイト
[ 2011年05月31日 07:47 ] カテゴリ:除去関連 | TB(0) | CM(0)

昨日の

関東の方では放送していない番組だそうです。


1/2 武田邦彦教授 (5月29日) たかじんのそこまで言って委員会



2/2 武田邦彦教授 (5月29日) たかじんのそこまで言って委員会




私はまだ今後爆発しないとは言い切れない気がしています。


以下は、前に映像を紹介したチェルノブイリでの植物による浄土汚染除去の写真と図によるレポートです。

ウクライナの原子力発電所事故による
被災者と私たちの救援活動
-NPO法人チェルノブイリ救援・中部-2009/8/12
[ 2011年05月30日 07:10 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

マスクについて

今日はマスクについて、つらつらと書きたいと思います。


マスクと言えば、新型インフルエンザ時には一時品薄になるくらいの勢いでしたね。
電車に乗るとほとんどの人が使用していました。

その頃、私は車の運転免許のため教習所通いをしていまして、教習所の学生もその影響で激減という程世間一般はマスクをして警戒していたものです。

一方TVを持たない私はマスク購入のアクションがおくれ、ようやくスーパーのレジ前で5枚入りの高級マスクを入手。しかし貧乏で自分の事にはケチだから1枚しか使いませんでした。。
その代わり、うがい手洗いは徹底して行い結果的に感染は防げたのです。

後に、当時品薄になっていたマスクはだぶついたのかディスカウントストアなどで叩き売られていて、この時購入したマスクを今回の原発事故直後から2重にして、さらに間に水でぬらしたティッシュを挟んで使っていました。

そう。

インフルエンザの時はやっていなかった私が、今回は使用。
最初は、放射性物質の知識から意識して使用していたのですが、これをしていないと喉と気管支が痛くなるため、今は感覚的にも必要性を感じています。呼吸器官系は弱い体質のようです。


ところで、
なんだか私の周りでは、マスクをしているヒトはほとんどいません。

た~まに見る"つけているヒト"は、自転車に乗ったわりと年配の女性。こどもはまずつけてないし、親子であっても、まれにお母さんはマスク姿でもこどもはマスクしていない。総じて下町は特にマスク人口が少ない。これが銀座あたりに行くと、チラッホラッ程度に若い人が着用。しかし、圧倒的に少ない。

新型インフルエンザの時は、あんなにしていたのになんで????

これは現在にいたるまで、私の中では大きなナゾです。

そんな雰囲気ですから、私がマスクをしていると、
花粉ですか~?と聞かれるので、
それもありますけど、まあ、その、放射性物質が怖いので。。
と答えると少々驚かれてしまう状況です。

まあただ、私は絵描きなのでどうせ変人。みんなと一緒である事にこだわりはないし、こんな事で世間一般からずれていてもね。と思うのです。


ところで、出先でも機密性の良い室内ではマスクをはずします。
すると日本人らしい頬骨の高い私の顔には、マスクのゴム紐の後がネコのひげのごとくたくさんついていて。。

まあ、これも自分からは見えないのでヨシとしています。



さて、放射性物質のサイズはWebで探すといろいろあるらしく、10~0.3ミクロンとか幅かあるようです。ですから、福島原子力発電所からの距離により、より遠方まで飛散するのは小さい放射性物質かなと思えてきます。

日本各地で空間線量が上がっていますから、つまり空気中に放射性物質が飛んでいてそれから放射線が出ているのは事実ですから、距離があっても空間線量が普段より高いなら、きちんとマスクをした方が内部被ばく率が下がるように思われます。

きちんとというあたりは結構重要で、見ていると、せっかくマスクしているのに、マスクから鼻が出ていたり、マスク側面に指が入るくらいの隙間があったり。これではただ暑苦しいだけ。

マスクをしたら、普通のインフル用のマスクなら中央上下を引っ張って蛇腹をのばし隙間をなくする。

それと、水でぬらしたガーゼを挟む。
放射性物質は、水拭きで拭き取れると武田先生もブログで書かれているから、同様の効果があるのかもと思っています。


さらに、暑くなってくると気化熱で体温を下げてくれる。
例えば、N95マスクなどの高性能マスクを使っていても、頬や鼻柱に濡れティッシュを貼り付けるとずいぶん楽になりますから、私はこの方法は有効と思っています。


マスクについては、
以下のブログ記事が良くまとまっていてためになりました。

放射性物質防護のためのN95、N99及びN100マスクに関する基礎知識|ごっちん日記
[ 2011年05月29日 18:00 ] カテゴリ:除去関連 | TB(0) | CM(2)

射性物質を吸い取る研究が進んでいるみたい

どちらも金沢大学の先生のようです。


金沢大学太田教授が日本を救う-2011/05/24 up


金沢大学太田先生の粉2-2011/05/26up



放射性物質吸い取る細菌 タンザニアで発見-5月27日-富山新聞

田崎和江金大名誉教授は26日までに、タンザニアの首都ドドマ近郊で、ウランなどの 放射性物質の濃度が高い土壌中に、同物質を吸着する細菌が生息していることを発見

金沢大学は、吸い取る研究の伝統があるのでしょうか?  期待。




た~まに、近所のヨーカドーにこの納豆が売っています。

OZAKUのブログ

震災前は見なかった"にゃっとう"。きゃわいいです。
最近はこれから菌を増やして自作もしています。


p.s. ペタいただきました皆様、ありがとうございます。
夕方あたりにペタ返しでお伺いさせていただきます。
[ 2011年05月28日 08:04 ] カテゴリ:除去関連 | TB(0) | CM(2)

地球をお手本にできないかなぁ.. と思う

原発事故があってから2ヶ月半。

外部被爆・内部被爆をできるだけ避けようとするだけで、これまでの暮らしと全然違うからかなり疲れるけれど、現場の方々はもっと、すごく疲れてきているのではと心配になります。。

原発事故が起こったら、「止める」「冷やす」「閉じこめる」。事故当初からTVで解説する人たちが話していましたけど、2ヶ月半たった今も「止める」ができていない。


私は絵描きなので、専門的な知識を持ってこの重大危機を脱するにはこんなアイデアではどうだろう?!
なんて提案はできないけれど、絵描きなりにも考えてみた事を今日は簡単に書いてみます。


今放出されている放射性物質は自然界にはない物だそうで、排出量もとんでもなく多いから生物の身体は対応できないんだそうです。細胞を修復する治癒力を超える量。つまり自分の身体を修復できない状況。

空間線量だけ見ても、うちの近所でガイガーカウンターで計ってくれている方の映像の数値では、普段の3倍はあります。目に見えないしニオイもないから意識にのぼりにくいけれど、これは大変な事。

例えば、塩。これ普段の3倍量料理に入れられたら、食べるのは拷問だと思う。
スタンドの光だって、普段使っている光量の3倍明るかったら、そこで読書なんて事になったらやはり拷問。
気温だって湿度だって、着ている服の枚数だって普段の3倍になったら拷問のはず。

ただ放射能については、感じられない。だから知識や情報や根気がないと拒否できない。
そこが怖いと思っています。


と、前置きばかり長くなりましたが、そして本文はとっても短いのですが、
自然界にある放射線。よく言われるのが宇宙からの放射線。
地球のまわりにはいろいろな層があって、この層があるから地上にはあんまりとどかないんだそうで、そのため高々度を飛ぶ飛行機に乗っていると被ばく量が増える。もちろん宇宙ステーションではそれよりも増える。

宇宙放射線による年間被ばく (09-01-06-04)

なんだか、こういう文献を読んでいると宇宙空間では地上と違って被ばくとか大変そうなので、
地球を取り巻く層と同じような状態を、福島第一原発の周りに人工的に作れないかと思ってしまうのです。

ああ、それとももしかして、自然放射線とは種類が違うのでしょうか?
これを読むと、同じって書いてあるけれど..

解説書 : エネルギー身の回りの放射線/-原子力教育支援情報提供サイト あとみん

強さや量の違いはあるが、放射線の性質や物質に与える影響は変わらない。

あと、こんな事も書いてある。

地磁気の関係で、北極、南極では赤道よりも放射線の量は多い。宇宙線は空気に吸収されていくが、地上高度が上がるにつれて空気が薄くなるため、高度が高い地域の方が、海岸線に比べて放射線の量は多い。


絵描きの私に考えられるのは、この程度です。
[ 2011年05月27日 06:25 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

時論公論

時論公論 2011年5月23日 石川一洋解説委員 福島原発問題-2011.05.23up

[ 2011年05月26日 08:21 ] カテゴリ:除去関連 | TB(0) | CM(0)

六本木のライブに行った-「紅い空」

本日は、ひさしぶりに「感想」テーマで書きます。

2011.05.21
行き先、六本木交差点にある携帯屋ビル4F「島唄楽園 六本木店」

沖縄料理店。親切なお店。

出演者、隼(jun) 。沖縄在住、愛知県豊橋市出身のシンガーソングライター。


沖縄旅行の時にたまたまある合唱団の練習とお誕生会に同席しまして、
そこで隼の自作曲のギター演奏と歌を聴きました。
うまかったし、曲の内容がとても印象深かった。
隼の曲との出会いは、この旅行の4つの成果のうちの1つです。


オリジナル曲「紅い空」は、
愛知から沖縄に来て、初めてリアルに触れた基地問題に衝撃を受け作られたようですが、私はそういう事から離れて、もっと広い地域・これから時代にふさわしい歌と感じられました。


自分が働いた汗が、結果的にヒトを傷つける兵器にならないよう他人を思いやる心を大切に生きて行きたいと歌うこの曲は、まさに今、これから何十世代にも渡る遺伝子劣化の原因がまき散らされているこの星で生きて行かざるを得なくなった私たちと、これから生まれてくる人たちのための決意の歌に聞こえます。

現在も放射性物質の排出は続いています。3.11以前とは見た目は同じでも違う世界・時代になってしまいました。これはいずれ地球上のすべて場所に行き渡るでしょう。

「紅い空」は、ここで生きて行かなくてはならなくなった私たちが、再び誤りを繰り返さないよう導いてくれる"これからの歌"にも思えます。


隼(jun)のブログ

心に響くライブをありがとうございました。
[ 2011年05月25日 08:03 ] カテゴリ:感想 | TB(0) | CM(0)

ミニキャブ-MiEV 500台! と 発電・原発関連情報

まずは、ひさびさにEVの話題です。

三菱自、「ミニキャブ・ミーブ」の受注が1カ月半で500台超え-2011.05.23-日刊工業新聞

三菱自動車が年末に発売を予定している軽商用電気自動車(EV)「ミニキャブ・ミーブ」の事前予約台数が、5月中旬現在で500台を超えた。


仙台のヤマト運輸で寒い時期の運用について実証実験していたミニキャブ-MiEVは、
震災3日後から同地区で配達を始めた唯一の車両。
この実績をふまえてか、最近、ヤマトが100台オーダーしたと報道がありました。
CMしていないのにさらに400台プラスオーダーは、この実績性能と価格が効いているのでしょうか。


以下、このブログ的に関連する発電・原発情報。

首相、サンライズ計画表明へ 26日開幕のサミットで
-2011/05/23 18:12 【共同通信】

主要国(G8)首脳会議の冒頭で、設置可能な全てのビル、住宅に太陽光パネルを設置する構想「サンライズ計画」を表明する意向を固めた。

孫社長提唱の太陽光発電計画、埼玉県が参加方針
-2011年5月22日10時13分 読売新聞

埼玉県の上田知事は21日、同県熊谷市内で記者団に対し、ソフトバンクの孫正義社長が提唱している大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画に、県が参加する方針を表明

孫さんは今日の衆議院行政監視委員会で、ソーラーだけでなく、いろいろな発電方法を最適な組み合わせでスマート・グリッドで接続して運用が良いと発言したとか。うれしいです。私もそう思う。
以下、私も今から見てみます。他にも多数重要な情報ありです!

参議院 行政監視委員会 5月23日 13時~
「原発事故と行政監視システムの在り方」について
参議院USTREAM中継 脱原発への道 1/2-USTREAM-動画配信
[ 2011年05月23日 18:47 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

りんごペクチン-2

前回「除去関連」テーマに書きました"りんごペクチン"の続報です。

記事の結論から書きますと、除去に有効なペクチンは普段使われる絞り汁ではなく、絞りカスの方に多く含まれているようです。


前の記事を書いた後、スーパーにRO水を汲みに行ったところ1コ88円で酸っぱそうなリンゴが売られていたので6個を、アメリカ産のレモン(防かび剤なし)2個と共に買い圧力鍋で作ってみた結果、汁が1Lほど、絞りカスがリンゴ1コ半ほどできました。

ふと、このカスをどうすべきかWebで調べたら、ホイルで包んで焼きリンゴという提案を見つけ、これだ!と思っていたのですが、こちらのサイトに転載されている内藤みかさんの記事を読むと、
ネステレンコ博士が論文で紹介した、りんごペクチンのレシピと同等の作用を生のリンゴで得るには、毎日最低1日3キロ分( 約15個 )のりんごを一定期間、毎日食べ続ける必要があるとの事で、さらにこのサイトの記事からリンクされている、ネステレンコ博士が開発したりんごペクチンを使った体内放射能を排出する働きを持つ健康食品、「ビタペクト2」の説明ページに行くと、

「ビタペクト2」はジュース工場で絞った後残ったりんごの絞りかすを原料にしています。それはりんごの中に含まれるペクチンの95%が絞りかすのほうに残るからです。

カスが重要のようでした。もったいない精神的にも、とてもイイ。


と言うわけで、
文中のビタペクト2を調べると、同じサイト内のページに説明がありました。

このページは、現在ベラルーシに暮らし、チロ募金でベラルーシの子供達に冊子『チェルノブイリ:放射能と栄養』やビタペクトの無料配布活動をされている方の「ベラルーシの部屋ブログ」のページでした。
じっくり読みたいサイトです。


このビタペクト2。現在は、粉ではなくタブレットタイプのビタペクトTになったようです。

これは販売されているのですが、私には言語がわかりません。-->英語版のページがありました。

このサイトは、チェルノブイリの経験からかガイガーカウンターなども充実しています。

「ベラルーシの部屋ブログ」から、ネステレンコ博士についての説明文の一部

物理学者で、ベラルーシ科学アカデミー会員でもあったネステレンコ博士は、チェルノブイリ原発事故後、科学アカデミーのやり方では、事故の影響を正しく判断できないと考えて、科学アカデミーを去り、ベルラド研究所を設立。研究メンバーをそろえて、放射能汚染地域を回り、独自の汚染度調査を行いました。
 そして体内放射能値を座るだけで測定できる装置を導入して、ベラルーシ各地の住人の体内放射能値を測定し、膨大なデータを集めました。
 さらにベラルーシでは唯一の、体内放射能を排出する働きを持つ健康食品「ビタペクト2」を開発しました。


すごい方です。

そして、「ベラルーシの部屋ブログ」は、我々にはまだまだできることがあると気付かせてくれるサイトです。

と言う訳で、
日本人にあった除去方法の開発のこれからに期待しつつ私の絞りカスは、とりあえず今日のところは冷蔵庫に入ったのでした。
[ 2011年05月23日 07:11 ] カテゴリ:除去関連 | TB(0) | CM(0)

調理・加工による放射性核種の除去率

チェルノブイリ原発事故後の論文のようです。

食品の調理・加工による放射性核種の除去率PDF版
-財団法人原子力環境整備センター-1994年


大変興味深い資料ですが、
この資料を活かすには、まず基準値を元に戻す必要があると思っています。

と言うのは。日常生活で食材洗ったり調理するのは水道水。
これの日本の安全基準値は3/17に引き上げられました。

世界の基準値
WHO基準      1ベクレル(Bq/L)
ドイツガス水道協会 0.5ベクレル(Bq/L)
アメリカの法令基準 0.111ベクレル(Bq/L
日本の暫定規制値     300ベクレル(Bq/L)

出典-->世界の水道水放射線基準値-2011年03月23日-菜食文化研究会さんのブログ


写真の露光などでも同様ですが、基準値をいじってしまうとそれまで積み上げて来たデータすべてが使えなくなってしまうのです。

自分がどこにいるのか? 何をしているのかさえもわからなくなってしまうのです。ダウン


低線量放射線の健康影響について
-平成23年5月20日-原子力安全委員会事務局
[ 2011年05月22日 09:41 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(2)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
753位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR