OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2013年05月

ロボットをめぐる動き

BIg dogがさらに怖くなりました。

「危険な腕」付きになった4脚ロボット「BigDog」
-2013.3.4 MON-WIRED

映像アリ。

この動きは天才的なんですが..



国連も危険視しています。

「殺人ロボット」開発凍結要請-5月31日 15時55分-NHK


スポンサーサイト
[ 2013年05月31日 22:23 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

4月の環境放射能水準調査結

環境放射能水準調査結果(月間降下物)4月分PDF
-2013.5.31-原子力規制委員会



3月分
[ 2013年05月31日 20:12 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

小出氏×小沢氏対談

小沢一郎氏・小出裕章氏対談-USTREAM

配信おわりました。

アーカイブが上がったのに気が付いたら続報いたします。

【続報】
アーカイブ
[ 2013年05月31日 19:55 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

原発事故の生態系への影響は? の映像

そもそも原発事故は生態系に影響を与えていないのだろうか?
-f100001780078629さんが2013.05.30にup-Daillymotion


この映像の情報の範囲では、
・アブラムシ
小さい
被曝の種類: 外部被曝

・蝶
すこし大きい
被曝の種類: 内部被曝


食物からの内部被曝の可能性について研究しているのは蝶の方です。

人間は蝶よりも、ずっと大きいですよね。


これはやはり、もっとさまざまな陸生生物の研究者が、自分の研究対象に対しての
原発事故の影響を調べ、その成果を持ち寄って研究方法を確立し、
すくなくとも、人間サイズまでの生物への影響モデルを作る必要がありそうです。

我々ヒトも生物界の一員ですから、地続き感のあるシビアなテーマではないでしょうか。
気のせいで済ませていては、サイエンスではないでしょう。
[ 2013年05月31日 07:49 ] カテゴリ:防御関連 | TB(0) | CM(0)

ふと、ひさしぶりに

中島みゆきを聴きました。



できれは、画面右下をクリックして全画面表示で。


つぎは、ちょっとキラキラしていますがこちら。

宙船-5005mitsuさんが2013/04/08up-Youtube

空間的物質的な対比の中に核になるものを見ようと願う視点から、
見ようとする積極的な視点へ、そして
次第に時間的な対比を外側から見る視点へと移ってきたのかなと感じます。



“愛だけを残せ 名さえも残さず”
2009年11月14日公開 東宝系全国ロードショー松本清張原作『ゼロの焦点』主題歌。




TBS開局60周年記念 日曜劇場『南極大陸』主題歌。2011.11.10

[ 2013年05月29日 18:08 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

日本に勧告

日本の外の人たちが、よくぞここまでまとめて言ってくれたと思いました。


「避難基準の厳格化を」日本に勧告~国連人権理事会
-投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 05/28/2013 - 05:41

国連人権理事会は日本時間の24日未明、福島第一原発事故後の人権状況に関して国連特別報告者アナンド・グローバー氏の報告書と勧告をサイト公開

日本政府は反論しているようです。

でも国連ですからね。日本人同士のように雰囲気とか序列では判断しませんから、数字だけでなく実地範囲とか内容まで一項目毎に厳しくチェックされるんじゃないかと..


関連情報1
勧告の意味。

関連情報2
2012年11/26の同氏による日本記者クラブでの会見
この段階では要請でした。

[ 2013年05月29日 07:20 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

放射放出事件の資料

放射放出事件の資料
-2013-05-28(18:34) -みんな楽しくHappyがいいさんのブログ

所属別人数表。
情報は、串の刺し方で見えてくるものが違うんだなと..



ところで
J-PARCって、

国立大学法人法により設置された大学共同利用機関法人の高エネルギー加速器研究機構と、
原子力に関する研究と技術開発を行う独立行政法人の独立行政法人日本原子力研究開発機構が
共同で建設を進めている大強度陽子加速器施設。

という事で、国がやっているんですね。

でもこのような事を行う体質からは、先の原発事故と同じ匂いがします。
経営母体の体質というよりも、原子力で括られる人たちの体質なんでしょうか?


それと"実験"って小規模にやっているのかな?
とか思っていましたが、
その名の通り、大強度陽子加速器施設なんですね!
400倍が可能な仕様って、そもそも大強度がうたわれてる施設だから可能だった?


たぶん、国際的な研究レースに参加しているんでしょうけど、
少なくとも日本は狭いし、ココもすぐ側に人が暮らしている街がありますよ..


もっと大きなCERNでは、内側に村だか街が入っていたりしますけど。。
あっちの人たちも気にした方がいいんじゃないかと思いました。

ある意味、ココとかCERNとかFermiとか、
なんで人が暮らしているところの側に作って来たんでしょうね? 
段々と設備が強力になって行く過程で、用地見直しとかしなかったってコト?
CERNのトンネル掘るのにすごくお金がかかったと聞いた事があります。

科学技術の進歩には可能性を感じている質なので、
こんな事件があると、
いろいろと考えてしまいます。。

どうせやるなら、金-->放射性物質 ではなく、
放射性物質-->金 の研究をしてほしい。

そんな風に、研究テーマを替えませんか? この分野。

[ 2013年05月28日 21:15 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

メイキング映像

日曜に書いたブログの最後にリンクした短編CG作品のメイキングを見ました。

Quantic Dreams PS3 Kara Behind the Scenes
2012.03.21公開

ゲームをやらないので知りませんでしたが、2010-2011に作っていた映像なんですね。
静かだけれど精細な気合いの入った現場で、その質は作品から伝わってくる質と同じです。
「さくら」のところは、日本人の動きをモーションキャプチャしていたんですねぇ。
どうりでおかしくないはずです。

とは言え、CGでは現実からサンプリングした数値データや物理シミュレーションデータ持ってこられるので、中途半端にリアルに出来てしまう分"おかしくない"と感じられることはとても難易度が高いので、そこをクリアしさらに魅せるところまで行けるか?といった表現上の挑戦を見せられると、CGも伝統的な絵画彫刻のよくできた作品と同じところにいると感じます。


ところで、この手のヒューマノイドの女性が組み立てられるCG映像作品と言えば、
ビョークのPV「All Is Full Of Love」
この作品は、ロスで開催していたSIGGRAPHで偶然観て、
ああ、ここまでの内容を入れ込んでいる人が世界にはいるんだなと感心したものです。
その後、講義の中で1-2回学生に見せた気がします。

映像的には、液体(体液?)と硬質なメカの「質感」と「動き」の差異、
そしてその間に人の動きを感じさせる「パーツ」と「動作」が位置することで、
他では感じる事のできないゆっりくとした永遠とも感じられる主観的な時を生み出し、本題であるビョークの歌声とリンクする。


今回紹介した作品は、この作品へのオマージュだったのかも..



物と意味のリンクを外して再構築しその中に本質をかいま見せる。

すくなくとも、これら作品を作った欧米人の作家たちは、
ロボットを通して人間性の本質に迫ろうとしているという意味で、
実際の、ロボットの研究開発現場の思想よりずっと進んでいると感じます。
そしてこれら表現されたロボットたちは、手塚治虫が描き出して見せた、純化された人間性を持つロボットという概念の延長上にいるような気もします。

CGと実際のロボット開発を同じ線上で語るのはどうなのか?
と言った声もあるとは思いますが、
すくなくとも、現在。ロボットは日に日に進化のスピードを増しているわけですから、
どこを目指すのかはとても重要ではないでしょうか?
[ 2013年05月27日 08:30 ] カテゴリ:感想 | TB(0) | CM(0)

あのロボットがまた進化..

本日は、日曜なのでゆるい話題を。

軍事用人型ロボット「PETMAN」の進化
-OliveLanguageさんが2013/04/07up-Youtube


当ブログで、たびたび紹介しているヒューマノイド型ロボットのPETMANが、
さらに人間に近づいたようです。

軍事ものでないと研究開発予算がつかないという現状はどうにかしなくてはと思うけれど、
これを作っている科学者は天才ですね。


ますます怖さが増してきているところですが、
私としては、できたら

着ぐるみ「ほりきりん」の中に入ってほしい
と思っています。
もちろんゆるい性格の動きで!


日本のヒューマノイド型ロポットは世界平和のために、
ぜひ「ゆるキャラ」着ぐるみと一緒になって進化してほしい。
ヒトに危害を加えない制御プログラムの開発とか、全世界的にこれからとても重要になるでしょう。
そのためにはまずは、作る方の人間にそういう気持ちある事が大切と思います。

こちらはCGの短編映画。
[ 2013年05月26日 09:49 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

気になる点の多いニュース

いろいろと気になる点の多いニュースです。


機構、今度は通報遅れ 被ばく55人か
-2013年5月25日 夕刊-東京新聞

まず、機構の安全管理のずさんさとか通報遅れ以前に、
計画の約四百倍の強いビームが発射できる実験装置だったんですね!
ごく短時間でこれだけの被曝があったのですから。なぜこんな物騒な仕様に?


つぎに、
管理区域内で想定される範囲内の汚染と判断し、同三時ごろと同五時半ごろに排気ファンを作動させた。
普段からそうしていたという事ですよね?


それで、汚染された空気がただようところに
実験装置の付近で準備をしていた大学院生二人を含む二十二~三十四歳の男性四人がいた事になります。
そもそも放射線による健康被害は若者のほうが大きいとされている事を考えると、万が一を想定して、そのようなところに若者を入れるというのはどうなんでしょうか?
組織的に身分が下だから?

内部被ばくをした。
呼吸からですよね。専用のマスクとかしていたか気になります。

被ばくした四人について「被ばく線量を測ってみて、報告に値する数値ではないと考えた」と説明。敷地外への漏えいは、周辺住民の健康に影響がないレベルとしている。

これに至っては、サイエンスではなく精神論?


すくなくとも、3.11で日本人はだいぶ被曝しているわけですから、
このような事故が起こると3.11以前に言っていた"被曝した"レベルではなく、追加被曝になりますよね?


とまあ、いろいろと怖い事件だなと感じました...


【続報】

東海村事故 換気扇回し実験継続
-2013年5月26日 朝刊-東京新聞

施設の三十二カ所にある換気扇に、放射性物質を吸着するフィルターは取り付けられていない。って、

こちらの記事によると、

<放射能漏れ>電磁石の故障が原因か 被ばく6人に
-2013年5月26日(日)7時13分配信-毎日新聞-ニコニコニュース

方向と量の情報がありますね..
[ 2013年05月25日 23:56 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
753位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR