FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2013年08月

スパゲッティーら〜めん

昼のパスタも飽きて来たので、
ネットで有名なスパゲッティーを中華麺にする方法で、ラーメンを食べています。

細めの方がそれっぽく上がるようなので、いつもより細い麺を買ってきました。

ところが、すっかり忘れていて
上記のリンクの方法で煮ている間に、そういえばスープはどうする? と・・


ふと、冷蔵庫で寝ている味覇(ウェイパァー)を思い出し、




これをベースに、醤油を足してラー油をたらしてみました。
なぜ寝ていたかというと、カレーにも と書いてあったので入れてみたら、インドカレーが普通のレトルトカレーの味になってしまって、こりゃ使えないわ.. と。

おおっ! 醤油ラーメンです。シナチクくらいはほしかった。

OZAKUのブログ


つぎは、醤油を半分にして自作味噌+豆板醤(とうばんじゃん・中華辛みそ)+白ごまを足してラー油をたらし
味噌ラーメン。


OZAKUのブログ

ちょっとのびたけれど、辛くてうまいです。

さらに3回目は、先の味噌ラーメンに万能ネギを。

OZAKUのブログ

甜麺醤で十分辛いので、
これに、パプリカ足すと見た目四川ラーメンのようにならないかなと思いつつ、
全部食べてしまいました。


次回挑戦したいと思います。


スポンサーサイト
[ 2013年08月31日 14:32 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

日本の万年時計

金曜の夜。

すこし長いけれど、とてもおもしろい映像でした。
日本の万年時計【Full & HD】
-公開日: 2012/10/13-kaoru2201さん-Youtube


以前、学会誌で読んだ和時計の歯車の分析研究が、もしかしたらこの時計の事だったのかも?


この時計はもちろんすごいのですが、
もう一つ感心したのは、和時計の存在を通して、日本の時間の概念が、一年を通じて変化する日の出日の入りの時刻をしっかりと追尾しながら一刻の長さを変える事を知り得たことです。


昔母からピアノを習わなくてはならなかった時に見た楽譜には、
最初のところに速さの指定が言葉でも書いてあったのを思い出しました。
"歩く速さで"とか。何語だったのかな??

メトロノームが発明されたのはずいぶん後の事で、
本格的に取り入れたのはベートーベンだったとかもどこかで読みましたので、
それ以前は、身体の感覚が尺度になっていたんだなと思ったものです。


単純な機械的な動きに人間の活動を合わさせる洋時計とは異なり、和時計は、あくまで季節を通じて変化する太陽の動き、つまり環境の変化に従って自然に生活していた人間の体内時計のサイクルを可視化するシステムとして生まれ、その完全な機械化に成功したのがこの映像にある田中久重の万年時計です。

日の出日の入りの運動は絶対的で人では動かせない、とするところですべて回っていた日本の文化は、ヨーロッパからもたらされた洋時計に自分たちを合わせるのではなく、これを参考にしながらさまざまな工夫をして日本化し別の時計を作り上げたようです。そしてこの複雑な動きすべてを機械的に自動で行う事を望む気持ちが田中久重という天才を持って、はじめて具現化したと言えるのではないでしょうか。太陽の動きで生活サイクルが決まるのは、日本人だけ、人類だけではありません。ですからこの発明は、すくなくとも全人類的な大発明だったと思います。

というところで、ヨーロッパにも時計に対してこの考え方があれば、そして田中久重のような天才がいれば、サマータイムとかせずに済んでいたのかも。

そうなれば、今現在、まったく異なった世界が地球上に展開していたのかも? とも思えてきます。


単一で変化しない尺度に合わせるという考え方により発達したのが、今世界を覆い尽くしている欧米の文化ですが、コンピュータ技術でスマートグリッドなどもっとアバウトな、というか、人間の活動、人間は自然の一部ですからすなわち自然の動きにそったシステムが開発できるようになりつつありますので、日本人はその突出した開発の能力を持って、この明治初頭まで当たり前に持っていた感覚=現在も文化の中にひっそりと生きている質を、再度、この21世紀に開花させる時が来ているのかもしれません。

その技術の先行イメージを、この映像の中の田中久重が取り組んだ発明のうちの"からくり人形"や"万年時計"など、人間のエモーショナルな部分に作用する作品に見る思いです。
[ 2013年08月30日 20:05 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)

除染についての映像

【2013-08-29】原発問題 『避難・除染政策はどうなっている?』
-maximum dougaさんが2013.08.29にup-Youtube

[ 2013年08月29日 23:36 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

新しいタイプの自販機-実証実験レポート

炎天下に自動販売機を置くのはケシカラン!
という意見は、多くあります。

そのため、設置する側も新しいタイプの自販機を開発研究しているわけですが、
この度、7月中の実証実験結果が報告されました。

そう。あの暑かった今年の7月のデータです。


時間帯別の電気料金を生かすには――電気料金を半減する方法
- 2013年08月28日 07時00分 更新-スマートジャパン


このレポートによると、実験機を従来型省エネ自販機と比べた場合、消費電力はマイナス5%程度。

しかし!
従来型省エネ自販機の7月24日の飲料1本当たりの電気料金は3.14円、対してピークシフト自販機は1.57円となった。なぜ2倍もの差が付くのか。
と言うと、


夜間に冷やして、昼間はほとんど冷やさない16時間無冷却を実現している! の他に、

ウレタン断熱から真空断熱へ変更。

扉を工夫。冷蔵庫のように、開ける瞬間に注目。

一部の飲み物だけではなく、
全ての飲み物を冷却することにより、飲み物間で熱の移動が起きないよう
工夫。


とまあ、
いろいろと実に日本的な細かな工夫を積み上げている、その成果のようです。


日本の街には自販機がとても多く、過剰梱包と共にやり玉に上げられたりもしますが、
安心を提供している事も事実です。助かるな~と思ったコトは、誰しもあるのではないでしょうか?

生命維持のための補助的な体液温度調整システムとして、これからも改良にがんばってほしいと思いました。
きっと、日本発の技術になりますよ!



ところで、
設置された環境の温度と真反対な温度の飲料を提供する現在の自販機。
温度差発電とか組み込めないかな? 真空断熱とカチ合っちゃう??
[ 2013年08月29日 19:19 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)

こんなカタチが流行るの?

この記事を読んでいたら、

何が何でも屋根に太陽電池を「10kW」載せたい、この1点に集中したミサワホーム
-2013年08月26日 09時00分 更新-スマートジャパン

20年の買取期間を利用する場合、10kW以上の出力が必要なんだそうで、
そうだったんだぁ と思った訳ですが、

載っているイラストの家のカタチが、あれ? どこかで見たような・・


コレでした。

エコ・コルディス-パナホーム


こちらも10kW以上をうたっている家です。

パナとミサワ。
外観がすごく似ていませんか?


お家というと、日本ではこのカタチが家一般的かなと思いますが、
これから変わってゆくのかもしれません。
[ 2013年08月28日 07:10 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

日本人のロボット

ずいぶん前に、この映像を見て



大きくするとどうなるのかなとは思ったけれど、
日本にもすごい人がいるんだな感じました。

それで、これが今年upされた歩きの映像で、



普通に歩いていてビックリです。

これはすごいなと思って、もう少し調べると、
2011.09にはすでに同じ作者の違うロボットが自由自在に自転車に乗っている!



足を地面につけて止まっています。

バランス感覚・キビキビした動きが印象的なロボットです。

普通の歩き(あまりに普通すぎてなにも印象に残らないくらいの動き)は、
アニメーションでもすごく難しい部類に入ります。





こちらは別の人による、
市販機を使ったプログラミングによる動作のカスタム。



なるほど、ジャイロではなくこのロボット用の物理モデルをかますようです。


この方は、その後、有名なこれに関わったようです。



科学未来館での展示

最新の歩きの映像はこちら。



いろんな歩き方を実現しているし、方向転換も自然な感じです。


歩きの動作1つとっても、動きを実現するための考え方はいろいろありそうです。


この手のロボットは、
開発のスタートはこたつの上でもできそうなところが日本人に合っている感じがします。
やっぱりロボット分野の一翼は日本人が担うのかも.. と思ったり。



アメリカのヒトガタのロボットって、基本大人型ですよね。大人のかわりに重労働するイメージが強い。

これだと研究費を引っ張って来れる有名大学の研究室か、大きな研究所に開発が限られる気がします。

日本はその点、もともとすべてが小さい文化だし、
そこへもって、人格があり人間と同じ動きをするロボット=「鉄腕アトム」の印象が強いので
まずこども型をイメージする。望む事もまずは重労働ではない感じ。

資金面から見ても、小さければ挑戦できる人が増えるから、その結果速く進歩する気がします。

一方、日本における大きなロボットと言えば、人間が操作する道具タイプで、
「鉄人28号」から「ガンダム」まで戦うロボットなんですが、
今現在の日本人が毎年リアルに戦わなくてはならないのは、災害です。


これらの事から考えると、今後日本で発達するロボットは、必然的に軍事用ではなく、もっと人に寄り添った、インテリジェントで小さなコンパニオン的なもの(育児・介護を含む)か、大きく道具的な災害用途のものになるはずです。


これらの例を見ていると、
日本のロボット開発は、動作については優れた研究者の方が何人もいらっしゃるように感じるので、今後は、インテリジェントな分野への挑戦を、広く多くの人ができるようになれるといいなぁと思いました。
[ 2013年08月27日 07:46 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)

関東注意-スイス大気拡散予測

大気拡散予測 日本
-meteo centrale

【追加-関連情報】

東京都の放射線量統合グラフ
-Copyright (C) satoru.net

やはり、通過したようです。
[ 2013年08月26日 14:45 ] カテゴリ:防御関連 | TB(0) | CM(0)

汚染水の報道-2

福島第一原発を原子力規制委員会が緊急調査 
 ずさん管理 難題次々と 2013.08.23

-公開日: 2013/08/24-名月 十六夜さんがYoutube

先日お知らせした、8/22のおしどりマコさんの解説内容を
現地映像+わかりやすいC.G.にした という感じです。

原子力規制委員会が現地に入ったのは8/23ですから、
1日前に行われたマコさんによる、東電発表内容からの解説と推測がかなりスルドイ事がわかります。
資料としては出しているけれど、全体像が見えないように というダマシ手法は社会の中を見回してみると度々目にする手ではありますが、大方の人には、この仕掛けられた障壁を乗り越え、隠された全体像をイメージすることは極めて難しい。巧妙だし、効果も高い。だからこそ流行っている手法でもあります。
隠された全体像をはっきりと意識する地点を通過して、はじめて、違う方向、異なった未来をイメージし、行動として選択できる状態になるとも言えます。
[ 2013年08月26日 07:57 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

汚染水の報道

放置され続けている福島原発の垂れ流し汚染水
-2013/08/24-sohka555さんがYutubeにup

【関連情報】

<汚染水漏れ>「タンク、金かけず作った」協力会社会長証言-毎日新聞 8月25日(日)7時40分配信

今回水漏れを起こしたタンクは、設置工事の期間が短かった上、東電の財務事情から安上がりにすることが求められていた。って・・・

地元の街づくりもこんなコトにならないように.. と思ってしまいます。
[ 2013年08月24日 21:52 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

太陽光発電ノートPC

日本でも売るらしいです。

ガーナの次は「日本」へ上陸、太陽電池で動くノートPC
-2013年08月23日 07時00分 更新-スマートジャパン

太陽光下で2時間充電すると8~10時間利用できるノートPC「SOL」。電力事情の良くないアフリカのガーナ向けに開発されたPCだ。開発元のカナダWeWi Telecommunicationsは市場戦略を変更し、ガーナの次に日本向けに販売することを決定、2013年8月から販売を開始した。

SOL-WeWi Telecommunications

もう、売ってるの?

ここのようですが、
予約受付開始:2013年8月22日
出荷開始予定:2013年12月6日


う~ん。もうすこしウワサが出てくるまで様子見かも。


【関連情報】
太陽光発電ならちいさいのを繋げても.. と言う映像。



割れたのでも発電できるらしい。



半田の付け方が気になりますが、国によってちがうのでしょうか。

ちなみに、割れたパネルは素手でさわると感電する恐れがあるそうです。ビニ手をしている映像もあります。

いろいろなかたちがたのしいので、
ワレを集めて、図工教室とかで安全に使えれば面白いのに とか思ったり。
[ 2013年08月24日 10:46 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1748位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR