FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2016年05月

またまたまたすこし進む

160530-01.gif


あと3つ..
スポンサーサイト
[ 2016年05月30日 21:16 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

またまたすこし進む

160528-03.gif


あと8個...



本日2016年5/28は、神保町の「第30回すずらんまつり」で、
スマホでクレイアニメーションを作るワークショップの講師をさせていただき、
アニメーションについて、「なぜ絵が動くのか?」「歴史について」を掻い摘んで解説いたしました。
予想外に熱心にお聞き下さいまして、ありがとうございました。


160528-02.jpg

ワークショップの風景

時間がとても短く、作品を完成させることができるのかと気を揉みましたが、
参加者のみなさんの集中力とSさんをはじめスタッフのみなさんの優秀な働きにより、うまいこと行きました !


このとき作ったアニメーションがYoutubeにupされたら、お知らせいたします。

[ 2016年05月28日 23:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

猫科のジャンプ

ライオンでもイケるようです。





これを見ると、あの「けしからん猫」を思い出します。






そしてなんと !  続編が。




[ 2016年05月26日 17:47 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

またすこし進む

160525-01.gif


あと10個 ...
[ 2016年05月25日 03:51 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

すこし進む

LINEスタンプの線形がすこし進みました。

160522-01.gif
[ 2016年05月22日 12:28 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

まだ形にならないこと・・

最近、ここの更新をすっかり怠っていました。すみません・・

タイトルにありますように、まだ形にならないことが多く押し寄せてきていて、
それらはノルかソルかもわからないのですが、
やらないことには進まないため、忍耐してそれらをやっています。

で、はたして幾つのことがあるのか? とさきほど数えたら、
7つありました。。。
(個展来場の御礼はがきも含まれます。遅れていて申し訳ありません。)


なんでもそうですが、私のやっていることは、簡単には終わらないというか、
まあ要領も良くないのですが、
すでに手順書があってそれをこなすという仕事でもないく、
その手前の可能性や手順等の全体の設計と、場合により個々の部分の実験を含んでいたりしますからエライ時間がかかるのです。
12月中頃から先の個展終了の時期に進められなかったことも含め、
今、一気にきているのかなという感じです。



ちょっと話しはそれますが、
先の個展。初日にギャラリーに行ってびっくりしたのは、ギャラリー表の私の名前のすぐ上に、
「アベ政治を許さない ! 」というスローガンが貼ってあったことです。
なんでもギャラリーオーナーさんの主張らしいのですが、
私も原発の対応等見ておりますと、う〜んという感じなのですが、
私の作品の展覧会の入り口にそれを貼られるとスローガンの内容うんぬんではなく、
心静かにして鑑賞に入っていただきたいと願っているのに
心にさざ波がたつ要素は困ったなと・・ 思いました。
聞けば誰かの作品だということで、ますます個展の看板の上に別の方の作品というのは??
と考えているうちにめずらしく何度か吐いたりしてしまい、
そのことを伝えたらとっていただけました。


もともと、私はこれは違うなと思ってもストレートに拳を振り上げ反対という方ではなく、
こっちの方がやりたい ! という別案、別のイメージ、別の事をもってそちらにエネルギーを集中すべしという
感じです。
もし仮に反対だけしてそれがなしになっても、じゃあその後どうするよ? みたいな問題は
起こってくるわけですから。
だから、反対というよりコッチがやりたい !  という感じです。
(以前自衛隊についても、国際災害援助軍にしたい ! と書きましたね。)
原発問題についても、廃炉産業を盛んにせよ !  みたいなスローガンの方が現実的だよねと考えています。

仮に反対してソレが叶っても、
すでに環境中に拡散してしまった放射性物質が無害になるわけでも、福島を止められるわけでもなく、
それらをどうにかするためには、これまで原子力に関わってきた方々がその専門性を持って
さらに磨きをかけ、利用ではなく廃炉、完全無害化に向かって突き進む必要があり
(国内だけでみても、原子力に関わってる人の人数は多く、単純な反対では失業者を多く生む事にもなります。)、
またその流れの中で、これまで抑えられてきた無害化の研究にも資金が流される必要もある。
(重工がやっていた研究はどうなかったのでしょう?)

その過程において実証実験は大変重要です。
福島原子力発電所と周辺をその実証実験地としてはっきりと意識することが、
原発事故の後始末作業にもなり、そしてその成果が福島のみならず、世界各国の期限切れや期限切れ間近になっている原子炉と核のゴミの地層処分以外の道を切り開き、原子炉技術の輸出にかわる輸出産業にもなるはずです。

なぜコレをやらないのか? 不思議ですが、なぜか世の中は今のところそうなっています。


人間は創造行為をする生物である と思っています。そのように、前向きに創造的に動くのが自然ではないでしょうか。またそのほうが、達成感が感じられるというものです。


というわけで、またしばらく更新が滞るかもしれませんが、よろしくお願いいたします。




これだけではナンですですから、現在進めていることをすこしご紹介。

数日前にも近所のkさんからもリクエストがありました「ほりきりん」のLINEスタンプ。
実は4月中に申請して、すでに遅々としたスピードで作り始めています。

今回のスタンプは、公式バージョンを用いて一般的な内容です。
以下、線形データ。



160521-01.gif



まだここまでしか埋まっていません。。
[ 2016年05月21日 17:17 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

冨田勲さん亡くなる


【訃報】シンセサイザーアーティスト 冨田勲さん死去
-2016年05月08日13時00分-OTOTOY


所属レコード会社の日本コロムビアからの発表によると、冨田さんは5月5日昼ごろ自宅で倒れ、同日14時51分に搬送先の病院で慢性心不全のため家族に看取られながら息を引き取った。享年84歳
 とのこと。


このOP歌っている人も作曲家も他界されてしまいました。。




再生を押してから、画面右下の全画面表示でぜひご鑑賞ください。


今見ても、この鳥が飛ぶところはこの世のものかと思ってしまいます。

フィルムで作りながらもタイミングばっちり。最後のカットの撮影とか難易度高すぎなのに、技術だけに偏らず壮大でゆったりした質を最後まで貫いているこのOPは、冨田さんの曲の元、全ての制作の方々の気合が集結したTV史上に残るまさに名作です。


合掌


その時できる最高の仕事をするって、つくづく大切だなあと思う。
[ 2016年05月09日 07:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

搬出無事終了

昨日5/6は、先の個展の搬出作業をおこないました。


2016個展


この3mの壁に設置した作品を無事搬出できて、うれしかった。


ところで、この写真。
ギャラリー空間がきれいなホワイトキューブで作品が白黒だからでしょうか。

まるで白黒写真・・

蛍光灯や脚立の部品をよーく見ると、ああカラーだなとわかります。


今回は画廊の方のクルマで作品ごと作者まで堀切に運んでいただきましたので、とてもスムーズな搬出となりました。
感謝しております。
途中、車中ではクルマ談義。堀切では「ほりきりん公園」も見ていただきました。


芳名帳のコピーもいただきましたので、
ご来場いただきました皆様へ、これから御礼はがきを作って郵送させていただきます。





別件ですすめている「ほりきりん」グッズ制作では、
すこしずつですが、材料が届き始めています。


160507-02.jpg


資本もないし、数ものぞめないので激安品は到底無理だなあという結論に達し
工場で万個単位でつくるのでしたら可能ですが、、
数すくなくつくることにしましたので、こんな量でひとまずいいかなというところです。



[ 2016年05月07日 15:19 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

ひさびさに はまり

GW中のここのところは、12月半ばからのマラソン状態の仕事が一段落つき、
極力家にいてだる〜く日々を過ごしているところですが、

マグカップの次の「ほりきりん」グッズへの期待も除々に高まりつつあり、
前に話していた あれ どうなった?とか聞かれる事度々。
個展も終わったので、ゆるゆるとしつつも2つの物の計画を進めるべく、構想を練ったり・調査したり・設計したり・データ作ったりということはしていました。
とにかく街キャラですから数は出ません。しかもより低額なものが望まれるという、ありえない難易度です。

そのような中、こちらもせっつかれているのですが、
先の個展の会場風景記録写真。
今回は前回と同じく、ビデオエイペックスさんからNikonの一眼カメラをレンタルしての撮影でした。
狭い空間を記録できるよう広角レンズ AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED も借りて主にRAWデータでとりましたので、現像しないとというわけで、
ここ数日はそれをしています。

前に携帯カメラが故障で簡易携帯のカメラしかないと書きましたけど、
やはり、カメラの大きなレンズはいいなぁとか、
おぉ !  まさにデジタルダークルーム ! !
とか、
ひさしぶりに使っている道具の働きの良さにひとりテンションが上がっているところです。

今回の個展会場は、白い空間がとてもきれいで私の作品の黒が生えましたが、
色彩がない分、その良さをデジタル写真で捉えることはなかなか難しく、
鼻から諦めていましたけど、これは。。もしかすると・・・ などと感じているところです。


世間では、三菱自動車の問題も発覚したりで、
i-MiEVファンの私としてはいろいろと複雑な心境ですが、
ようやくヨーロッパでは電気自動車の開発が盛んになってきており、
車はこれからやはりたぶんEVだなと そんな風に感じるこの頃。
先行するi-MiEVとiOSを眠らせるようなことになったら、それこそ宝の持ち腐れ !
世界的に見て大変モッタイナイ話です。
i-MiEVを育てていた前社長さん、
商事から移られてから環境環境と言ってこられたのに、現場の一部がチョンボしていたのですね.. 実に残念です。。

i-MIEVに興味を持ってから、わかる範囲で三菱自動車を見てきましたけど、
あの踏み潰すようにまがり悪路を力強く走る系と、小動物のように平和にちょこちょこ走る系に分かれているよう感じてきました。
i-MiEVは基本、小動物系なんですけど、前者のDNAも組み込まれているため
ラリーとかでは勇ましい顔をチョイ見せするという複合の性質を持っています。不思議な魅力を私は感じてきました。
東京モーターショーで、RVRの水平展開車を大々的に発表し始めた少しまえから、
この小動物系が傍に寄せられ、どんどんと亡き者にされている風に感じられてきましたけど、
実はその開発段階から、猛獣系の感性(燃費なんて気にしない)で小動物を扱おうとしていた人たちがいた。
本来なら、小動物系で培った少ないエネルギーで多くの仕事をする技術を猛獣系に移植することがこれからのトレンドになる。というか、猛獣系がこれからを生き残るためには必ずそれが必要なのに、厄介者扱いにして排除しようとしたところに問題があるよう感じます。
そのような中、PHEVはまさに、奇跡的に、小動物系のi-MiEVで培われたEV技術が大型ガソリン車に影響を及ぼした例です。
今後三菱自動車は、海外向けの猛獣系を生産販売しつつ、最近次々と廃盤にしたミニカ・パジェロミニと言った小動物系をEVで復活させ、i-MiEVと合わせ、猛獣系を生き残らせるための技術を培う目的で全社員で(ここ重要 ! )暖かく育てることです。そうこうするうちにヨーロッパ勢が来ていますから時代は急速に進み、社会は変質し、三菱モータースの名前がピッタリだなあと感じられる会社になるでしょう。そんな風に私は考えています。


と ついつい長くなりましたが、デジタル暗室にもどって作業します。



[ 2016年05月05日 00:45 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

ドバイにイチゴ植物工場のニュース

砂漠の地域は、太陽光が日本の2倍くらい強烈なので太陽光発電が有利です。
そのエネルギーでコンテナ内で野菜工場を展開する というニュースを記憶しています。
エネルギーの変換みたいで、いいなあと思ったものです。

それをイチゴで、ドバイで、しかもシャープがする というニュースがありました。
ただこれは、太陽光発電ではないようですね。コンテナ in 植物工場

シャープ、中東にイチゴ植物工場 コンテナで栽培-2016.4.30 07:42-産経WEST

経営再建中のシャープは、富裕層の多い中東地域で植物工場をつくる事業に乗り出す とのこと。


注目点は、日本のイチゴ

なぜかというと、私もビックリしたことがあるのですが、
ラスベガスでイチゴを食べたら大根みたいだったからです。
食べた時に、カリッって音がするんです...
見た目立派でさもおいしそうなのに全然柔らかくも甘くもない。。
これは !  イチゴじゃない。。

聞くところによると、輸送時に傷みやすいので硬く品種改良したとか。
なにかボタンを掛け違えているような気がしたものです。

ですから、ドバイの方々に日本の柔らかな甘いイチゴを提供できるのは良いことではないかと思うのです。


植物工場は、宇宙空間で生野菜を食べる機会を提供するところまで視野に入れ開発されています。
NASAが火星の地表に液状の水を発見-2015年9月29日 by Natasha Lomas-TC なんてニュースもありましたし、
そのうち、宇宙で「とちおとめ」が食べられる日もくるのでしょう。






シャープも止まっているわけにいきませんから、兵器とかではなく、
このような、長期的に見て人類全体を豊かにする技術をどんどんやっていただきたいですね。


ところで、記憶していたニュースというのは、
どうやら2010年のこのニュースだったようです。

カタール・中東における農業戦略からみる「コンテナ式植物工場」の需要・ニーズについての考察
-2010/1/24-Innoplex

主に商用電源を使用しながら、太陽電池やリチウムイオン二次電池などの併用型となっており、価格は1台5000万円ほど。さらに、太陽電池やリチウムイオン電池を増やしたシステムとなると、6000〜7000万円ほどになる とのこと。

こちらは三菱グループ。

たぶんシステムの価格は同じくらいかなと思いますが、こちらは補助的に太陽光発電を取り入れています。



ここのところ植物工場では、レタスなどの葉物からトマト・パプリカ・イチゴなど実の物へも拡張し、より高額商品の開発が視野に入ってきていますから、お金はあるけれどそれらが手に入りにくい中東で展開しようという動きが水面下にあるのかもしれません。
[ 2016年05月03日 11:25 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1748位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR