OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2016年07月

「ほりきりん」今年もゆるキャラグランプリに参加

150622-06.jpg


ことしも「ほりきりん」が、ゆるキャラグランプリに参加したようです !


こんな内容のお知らせが来ました。


ご当地(東京都)No.944「ほりきりん」エントリーです。
投票は次の手順にてお願い申し上げます。


以下、はじめて投票する場合。 以前投票したことのあるひとはこちらから。



① 次の登録URLより、ご利用メールアドレスをご記入の上空メールを送ってね。

http://www.yurugp.jp/vote/method.php


② ①で登録のアドレスに、ゆるキャラグランプリからメールが届きます。



③ メール文中の指定個所からパスワード登録画面に入り、ご希望のパスワードを登録 ! (初回のみの手続きです)



④ 登録が終わったら、次のURLクリック し 「ID(メールアドレス)で投票する」をクリック !  

メールアドレス・パスワード・認証コードを入力して投票をお願い致します。
http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00001240


⑤ この投票は1日1回のみ可能です。



⑥ 次のページの「キャラ名検索」からも、投票画面に入れます。

http://www.yurugp.jp/vote/


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


私は初回参加時のアドレスとパスワードで投票しました。


投票と言えば・・・

都知事選もですね !  


公式サイト
本日、午前7時から午後8時まで


こちらも投票しに行きます。
スポンサーサイト
[ 2016年07月31日 08:35 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

かるく笑えた

本日はこれと言って、なんでもない話です。


私のメールボックスにも企業からのセールスメールが届くのでちょこちょこ消しているのですが、
一瞬でも開かないと消せないものもあって、ふと見てしまったら笑えたのがコチラ。

関東発 中南米特集|関東発海外旅行 ツアー-阪急交通社


最初は、南半球の観光は放射能保養的にいいのかも・・ 程度。

ところが開いてびっくり !


スペシャルペルー8日間 マチュピチュ遺跡観光
憧れのマチュピチュ村に泊まります!


宿泊・・・


とうとうあそこに、日本人が観光旅行で宿泊できるようになったのか・・
まあ 遺跡の中ではない。とは思いますが、行くだけで大変ってところでしたから。


ストリートビューもあったりして、すでに観光地以外のなにものでもないようです。

時代は変わった。


20年位前は、ナスカとかマチュピチュとかについて雑談していたら、東大の研究グループについて行ったらいけるよ とか言われ一瞬喜んだりしたものですが、
そもそも小学生の頃に、NHKのドキュメンタリー番組「未来への遺産」で見て知り、こんなところがあるんだなあと思い、高校生の頃には明大前の古本屋でこの本を300円くらいで買って眺めていたものです。ホームビデオとかなかった時代でしたからね。


160729-01.jpg


ほんとうは、「未来への遺産」のムック本がほしかったけれどこれで我慢しました。


160729-02.jpg


このページを見て、日本やアジアの段々畑のような感じですから、人間、どこでもこんな畑を作るんだなあ、
あそこに行ったらどんな感じかな? とかあれこれ考えていたものです。


このマチュピチュ遺跡は、なぜかこの角度から撮るのが定番のようですね。不思議。
最近の研究では、遺跡のバックにある人の横顔のような険しい山にも遺跡があるらしいとかで調査研究されはじめているとYouTube動画で見ましたけど、手前はすでに富士山五合目のような観光地化しているようです。





そして日本からも、その観光に加われるようになっている。


30万しないし、時代は変わった・・  とは言え、いまの私には払えませんが..

かるく笑えました。



ところで、上の写真を撮っていて気づきましたが、
その鼻の部分にナニか写っていますね。

160729-03.jpg


これ、
昭和52年(1977年)発行のムック本ですよ。

よく見ていなかった・・ ということでしょうか?
なにげにここを見せている構図のような気もしてきます。


いまならドローン飛ばしてとか、簡単にいろいろできそうです。

[ 2016年07月29日 07:30 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

さらしのはなし

160727-01.jpg


今年は「ほりきりん」手ぬぐいを版から自作して作ったので、
その過程でいろいろなことをネットから学びました。


そのうちのひとつが、

晒(さらし)の種類

現在、手ぬぐいとして使われてる晒には大きく2つの種類があるようです。

(ぶん)
(おか)


文は粗めで値段も安い。シャリ感がある。20番手の糸使用。幅34cmくらいが多い感じ。
岡は細かい目で値段も幾分高い。やわらかい。30番手の糸使用。幅35cmくらいが多い感じ。

もっとも高級なのは特岡というもののようです。ちなみに、浴衣は岡や特岡で作るようです。


「ほりきりん」手ぬぐいは、どうしよう?

やっぱり品質は良くしたいから、岡はゆずれないなぁ..



というわけで、岡晒で作りました。


そのため、やわらかい質感になっています。



私は手ぬぐいユーザですから何本か持っているため比較してみると、

ダイソーのは、もっと幅広の布から切り出したもので、すべての端をミシンで縫っています。目は荒い。文に近いのかな?

街中で配っているのは文。

呉服屋で買ったのは岡でした。

意外だったのは、某日暮里駅構内の手ぬぐい売り場の手ぬぐいは文。



手ぬぐいの端はどのように切るべきか?

これについても悩みました。晒は10m以上の長い布です。
目を拾って切らないと端からはじから糸が出てくるし、そもそも斜めに切っていることになります。
キャンバスを作る時の麻布は、最初に厳格に目を拾って線を引いてから切るのですが、
手ぬぐいにそこまでの作業は行き過ぎな気が、、というより数的にやりたくないなぁ。。

そこでネットで調べると、晒の端の目が詰まっている5mmくらいのところにハサミで切り込みを入れて割く。
これが正式らしいとわかりました。
まあ、割いただけでは糸が出ますから、横糸数本をぬく作業が発生します。でも、これできちんと斜めにならずに切れるのです。


手ぬぐいの端は縫うべきか?
縫わないのが正式だそうです。乾きが良いから。
これを知らなかった頃は、自分で手縫していました。。


無漂白のをつかうべきか?
エコ的には生成りの方がいいのかな?とも思ったのですが、絵柄を定着させるためには、白い晒でないとならないようでした。生地が白いから、いろいろな絵柄の手ぬぐいができるようです。


それにしても「ほりきりん」手ぬぐいはやわらかいし軽い
調理用のスケールで計りましたが、重さ的にはほかの同じ。
だから、軽く感じるのは軽いからではないようです。
やわらかくて軽いなんて、なかなかうれしいのですが、なぜでしょう? 


和泉晒は化学糊(PVA)を一切使用しない安全性を重視した晒し

だからかな?

でも、調べたら今この晒、買えなくなっているのです・・

来年、今年の品質でどう外注するか考えていたので、軽くショックです。。


今年ご購入いただいたみなさま。大切にしてね。



[ 2016年07月27日 07:46 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

出あるいていた土曜日

160724-01.jpg


土曜日は、めずらしく川越までグループ展を観にいきました。

「HOLONIC 個と全体」展 GALLERY UNICORN
版画の学生時代の親友の旦那さんで4月の個展時にも来てくれた山本剛史氏からDMをいただいたからです。
ここのところ母のことでDMいただいてもいけない事ばかりでしたから、久々の展示作品鑑賞でした。


会場は住宅街のマンションの1Fのギャラリーでした。中に入るとなんと2階にも展示室があり、1階は小作品。2階は大きめな作品が展示されていて、ギャラリーというより小さな美術館でした。


山本氏はいつもの椅子のシリーズを出品されていました。

ところで、一緒に展示されていた出射(いでい)氏は、もしかしたら私が浪人時代にお世話になった先生では??
確認はできませんでしたが、そんな気がしています。美術の世界は、やはり狭いかも。


ところで、川越の街を歩いていたらこんなのがありました。


160724-02.jpg


すごい !

路地にこんなサイズは初めて見ました。 強い意志表示です。


行き帰りの電車では、浴衣姿の女の子がたくさんいて、どこかで何かイベント?
今年のゆかたの流行は、白地にチラチラと模様という感じかな?
みんな、なかなか似合っているな。
とか思ったり。

これについては、足立の花火大会だったようで、堀切に帰ってきてから気付いて堀切小橋まで見に行きました。

160724-04.jpg


花火好きとしては、できるだけ近づいて見るべし ! が鉄則なのですが、
今回は気づくのが遅すぎました。 しかし足立の花火大会。いつもこんなに早い時期にやっていましたっけ??
肌寒さを感じる花火大会というのもまた、珍しかったかもしれません。

ところで話題が戻りますが、
帰りの電車で、シートに座っている4人中3人までが・・
そして、そのシートの前に立っている3人が、ポケモンGOをしているのを遠目に見て ビックリ !

同じような現象に、1997年の「たまごっち」ブームというのがありました。


Tamagotchi 0124 ubt.jpeg
By Tomasz Sienicki [user: tsca, mail: tomasz.sienicki at gmail.com] - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2169298




「たまごっち」は、こんな専用の道具が必要でしたから、はじめるまでにインターバルがありました。

しかし、今回の「ポケモンGO」はプログラムですから、物ではなくデータなためダウンロードしたら即始められる。
しかも、世界中で。
ここが大きく違うところかなと思いました。
それとユーザ側の位置情報を使うとか、企業と連携しているとかのネットワーク絡みな点。

これらは、20年近く前に歩きながら考えていて、物質ではなくデータがやり取りできる社会基盤が整ったことで、これまで物質を介してしか実現できなかったことが、そうではなくなるんだ ! ! とひとり焦ったあの事の、まさにそのものと言えます。

まあ、日本人、飽きるのも速いから、そんなに騒ぐほどの事ではないのかもとも思いましたが、
そもそも最近電車に乗ると、老若男女がスマホにかじり付いている姿の多さ。
あの異常な基盤があってこそ成立する今回のブーム。
それが世界中で起きているという事ですから、やはり十分予測できていた事とは言え驚きです。

私は母校の情報処理センターに10年間勤務していましたから、コンピュータとそのネットワークの意味は骨の髄まで染み込んでいるし、そもそもマシンとの相性は良いので興味を持ってこれらの現象を観察していますが、
ゲームはとんと興味がわかないし、
モバイルも面倒くさいとか思ってしまう方で・・
電車に乗ったら風景とか眺めているのに忙しいし・・
スマホ持っていても「ポケモンGO」はしないと思います。

でもね。ピカチュウは可愛いと思いますよ。
チューリッヒやサンフランシスコで、愛されているのも実際この目にで見てきていますし、友人はインドでも目撃したとか言っていたし、これはすごい事だと思っています。可愛いものが流行るのは、勇ましいものが流行るより平和的で良いと思っています。ピカチュウも戦っている姿より、日常のちょっとした仕草が良いですよね。



ところで、こんなイベントがあるようです。

160724-03.jpg


前回のオリンピックの時は、地元の堀切地区センターでやりましたけれど、
これはエイトホールのようです。



というわけで、本日はとりとめもなく土曜に見た事考えた事を書いてみました。
[ 2016年07月24日 23:57 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

「ほりきりん」手ぬぐい - 京都にゆく

堀切菖蒲まつりの時に来てくれた一ノ瀬健太さんが、
「ほりきりん」手ぬぐいを持って京都を旅行したようです。


160722-01.jpg



京都のお庭を満喫する「ほりきりん」。


私も今度、どこかに連れて行って写真を撮ろうかなと思いました。
[ 2016年07月23日 07:33 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

「ほりきりん」手ぬぐいhalf・残5枚

160709-17-oll.jpg

昨日7/16(土)
堀切菖蒲園駅そばの「こみやえん」前を通りかかったら、偶然、お店の奥様が外に出ていらしたので立ち話。

あと5枚とのことでした。ありがとうございます。

今季の再入荷はありませんので、お早い目に。
今年は私がすべて刷りましたが、さすがに負担が大きすぎたので来年作るかは未定です。


ところで今回、
「ほりきりん」手ぬぐいで使った晒し(さらし)は、大阪の工場から直接購入したものです。

それで、表に出せないくらい刷り損じたものを自分用に使っていて最近気づきましたが、
とてもやわらかいのです。

ゆるキャラ「ほりきりん」に合っていたな なんて思っています。




おかげさまで、実家の母はシルバーカートを使いひとりで近所のコンビニに買い物に行けるようになりました。寝たきりにならずにすみそうで、ホッとしています。
こんなことがあると、益々、大変だったけれど「ほりきりん」手ぬぐい作ってよかったなと感じ,くにゅくにゅ触って自分が癒されています。




[ 2016年07月17日 20:05 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

写生コンクール授賞式がありました

昨日、7/14(木)。

堀切地区センターでは、写生コンクールの授賞式がありました。


当日の展示室の様子。

160715-01.jpg


最近は、入賞者の作品は正式な展示方法で、マッティングされてから水彩用の額に額装されるようになりました。

入賞と佳作についても、空色の模造紙ではなく白の台紙を使っていただけるようになり、ずいぶん個々の作品の良さが伝わりやすくなりました。

実はこの2点については、ずいぶん前の審査会の後に会長さんから何かありませんか?と言われたときに申し上げた展示方法についての改良点で、私以外の先生方にも賛成していただいたことですが、説明が下手なせいか、当初はなかなかご理解いただけず。けれど最近の展示では、しっかりその声を反映していただきとても感謝しています。

描いていた本人も、額装された自分の作品を観て、あらためて、ああ、自分はこんな絵を描いていたのかぁ と思っているのではないでしょうか。


また、
これら小・中学性のみなさんのオリジナル作品を、ぜひ堀切の外で、できたら日赤の産院あたりに貸し出して「ああ、これから生まれてくるこどもは、こんな絵を描くようになるのだろうか?」という気持ちを起こさせるキッカケとして展示できないか? 毎年フレッシュな作品に掛け替えられるから良いのではないか? と提案させていただきました。

世間ではレンタル絵画とか、複製絵画を壁に飾っているところもあるけれど、せっかく区の花を区民の小・中学生のみなさんが描いた新作のオリジナル作品が堀切地区にはたくさんあるのだから、そのオリジナル性を尊重しその価値をみとめ、ぜひ区全体に生かす方向で堀切外で展示できないか? と。

そうしたら、大人の方々の努力により、小中それぞれの区長賞作品は地区センターでの展覧会の後、
なんと !  区長室だったか区長室の前だったかに飾られていると聞きます !

これは小・中学生のみなさんにも励みになります。

また、毎年、その年に咲いた花菖蒲を描いた絵画が区役所本庁舎に飾られるということは、なかなか豊かな雰囲気がして良いですよね。毎年と言えば、授賞式にはおいそがしい区長さんにも来ていただき感謝しております !


そして、できれば区長賞だけでなくほかの作品も、ぜひ日赤あたりの産院に・・ と今でも思っています。


中学生の頃、夏休みの宿題で描いた水彩画がなぜか知らない間に海を越え、暮らしていた区の代表としてカナダに渡って展覧会で飾られていたことがありました。手元に戻ってきたのは1年以上経ってからでしたが、うれしかったです。この絵をカナダ人の人たちは理解できたのだろうか? むふふ という感じで帰ってきた作品を受け取ったことを覚えています。ですから、すぐに帰ってこなくても理由がはっきりしていれば、小・中学生でも納得するはずです。


たぶん、小・中学生のみなさんは気づいていないと思いますが、このコンクールは上に書いたように、よりよくあるために毎回工夫され変化していますし、表にでてこないおおくの大人たちの労働により実現しています。


しかし、その要となるのはやはり小・中学生のみなさんの作品。

絵というのは、同じ人が描いてもその年齢年齢で違う質を帯びるものです。
その年齢にしか描けない絵としての毎年の花菖蒲の絵を、ギリギリまで気迫を持ってやりきり完成させることは、実は思っている以上に広い範囲で重要な意味、そして機会でもあります。
個人的にはその年齢にしか、となり、一方で社会的歴史的に見ると「その時代」にしか となるのです。


花菖蒲の絵画コンクールで、小・中学生のみなさん=未来人が描く次の時代の絵画に出会える事を、今後も期待しお待ちしています。




[ 2016年07月16日 00:42 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

オリンピックの開催地

前々からこのブログでは、オリンピックの開催地をギリシャに固定してほしいと書いてきました。

そうすれば、

一度作った施設を毎回使えるし、
ギリシャはそもそもオリンピック発祥の地だし、
同じ環境で人間のスポーツ能力の測定ができるし、
ギリシャの経済も自然な形で回復できるし、
利権や賄賂もなくなるだろうし、

合理的じゃないですか。

そう思っていたら、こんな記事が出ていました。

五輪 もしかしたらギリシャ恒久開催に?-2016年07月07日 18:07(アップデート 2016年07月07日 18:17) -SPUTNIK

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャでの五輪恒久開催案を支持した。


たまには良いニュースがあるものです。


ついでにこれまでに色々書いてきた事を箇条書きに。

自衛隊を国際災害援助隊(軍)に。
廃炉産業と無害化研究を盛んに。
堀切を都市部における再生可能エネルギー自給自足実証実験地に。
クルマをすべてEV化し都市交通自動化との組み合わせを日常の事に。
自動運転の太陽光飛行機・船・トラックとindustry4.0の組み合わせを当たり前に。
人の適材適所を当たり前の事に。
人間がこれまでに作ってきたこととこれから作り出す創造力を大切に。

地球をたいせつに。

[ 2016年07月12日 23:56 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

LINEスタンプを提出

いろいろと忙しくて中断していました「ほりきりん」LINEスタンプのデータを仕上げ、提出いたしました。

ただいま審査中。

120円にしました。

一度で通るのかな? という感じですがひとまずご報告まで。
[ 2016年07月12日 05:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

選挙の投票【本日20時まで】

今日は、選挙の日。

そろそろ涼しくなってきたので、投票所に行きやすいかなと思います。20時まで。
堀切2丁目住人は、小谷野小学校ですよ。ちなみに、本日は参院選で都議選が8/8。

ところで、ネットで"1票の経費"を検索すると、え〜〜 ! !  という値段が出てきます !

1票の経費-Google検索

コレは、棄権したらモッタイナイですよ。



今回私は、期日前投票。

普段はぎりぎりに自転車で駆けつけ投票なんてことが多く基本夜投票している人なんですけどね。
今回は早かったなと思います。

表の氏名が小さいから最近見え難いなと感じる人は、老眼鏡セットが置いてあるから使ったらイイかも。


しかし、いつも思うのですが、なぜ?
投票所の室内にポスターが貼っていないのでしょうか?


日本ではレストランでも料理の写真が載っているところが多いのに、

なぜ、
投票用紙を書くブース内には、文字だけしかないのでしょう??


これは改善点だと思うのですが、どうでしょうか?

実際に行ってみて、確かめていただけたらと思っています。


と、文字だけのブログ記事でした。

こどもの頃は、両親について投票所に行き、
外で待っていて、帰り道に蕎麦屋に寄るのがたのしみでした。食べていたのは、いつも決まってカレーでしたね。
もう同じことはできませんから、親子5人で投票帰りに蕎麦屋も、今は良い思い出です。





[ 2016年07月10日 18:50 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
8892位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3501位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR