FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2016年12月

ほんじつは日記な内容で

寒くなってきました。
みなさま、いかがおすごしですか?


私は2/28に仕事収めで、昨日は自宅空間の大掃除らしきことをし、
ほんじつはようやく従来の夜型の生活に戻っているところです。
これから2017年の個展関連の作業がスタートします。

この一年を振り返ると、大きなイベントとしては母の入院手術というのがありましたが、
個人的にも、各種インフラの室内工事が相次いだことに加え、
仕事関連では年賀状バイトから始まり、ひさしぶりに母校の芸大に出勤させていただく日々(ひさしぶりに学生さんたちと一緒にいて、実はなかなか性に合っていたのだなあとあらためて感じつつ)を経て、
RED AND BLUEギャラリーで個展をさせていただき、その後、
「ほりきりん」の手ぬぐいを作りつつ、学生の頃お世話になった版画工房の工房閉鎖の大掃除に通ったところから、
東京都埋蔵文化財センターの報告書作成に参加させていただく
フルタイムの仕事に入り今に至る という感じで、非常に、なんだかマラソンな一年でした。

どれも仕事としては時間的に極度に厳しくまた別々の内容でしたが、一緒にしごとをさせていただきましたみなさまは
皆、平和的な感じの方々でとても助けられましたし、仕事内容も興味深いものでした。

ただ、全体にすごい睡眠不足で、
よくまあこれで寝込まないものだなと我ながら思っていたりします。

「ほりきりん」関連では、公園もできて、わたくし的には缶バッチも2個デザインできて、手ぬぐいもポーチも形になり、最近ではかねてからの懸案だった「ほりきりん」マグカップのパーソナライズサービスも受付開始できました。
どれか落としてしまうのではという気もしていたので、やりきれて良かった。
それ以前に、多くの方々に自分の一部として「ほりきりん」が受け入れられている。ありがかたい事です。
ホント「ほりきりん」は愛され上手の"しあわせもの"です。それがたぶん、堀切という土地の本質です。


311関連では、
相変わらずRO水や IP6と空気清浄機は続けていて、
それと自作米ぬか乳酸菌をリンス代わりに使い続けています。そのおかげかしれませんが、髪の量は結構増えました !
あとは、食材関連ではできるだけ西の物を探して購入するようにしていて、フルタイムの仕事になってからは、
金町に店舗があったころからのおしゃべり友達でもある「九州産食材便」の店長さんに野菜類を中心に持ってきて
いただいていて、超寝不足な日々のためとても助かっています。というのは、仕事場には弁当を作って持って行く毎日、というのもあったりするからです。

安全という点以外にも、店長さんにもってきてもらうものはなかなか味も保ちも良いので、3000円から送料無料だから二週間に1度くらいの頻度でお願いしていても、保つから無駄がでなくてコスパ的にもいいかもというところですし、ふと食べていたキュウリやニンジンが甘いなあ〜と感じて、そういえばこれはは九州さんに持ってきてもらったものだと気付いたりしました。

マスクも、さすがにN95ではなく普通のものをしていますけど続けていますよ。
最近、これはいいかもと思ったのは、ショップ99という100円ショップの5枚個別包装でひもが平たくて柔らかいマスクです。

まわりをみると、相変わらずというか、救急車の音を耳にしたり姿を頻繁に目にしています。
一時のように駅関連で寝込んでいる人は見なくなりましたけど、ネットでは喧嘩している人たちがいるとかいう書き込みを見ていて、そういえば1度だけ千代田線内で喧嘩があったなあと。でもそれ一度きりです。


買い物関連では、IP6の購入先をiHeabにしたところから、いろいろとほかのものもebay等を通じ海外から個人輸入するようになりpaypal口座がようやく活用されてきた感じです。物流の発達はものすごく、実店舗とネット通販の差が縮まった段階をすでに過ぎ国際規模で広がってきているのを感じます。不平等な貿易ルールはとんでもないとは思いますが、下地としての地球規模での物流基盤上に当然日本もあるわけで、そこを見据えて物作りや販売をしてゆく視点が今後当たり前になるでしよう。特に、日本は小さいので大陸のように大量生産には向かない。しかし、多様化は豊かさであり、また文化は地域地域にしか生まれないことを考えると、生産量はすくなくともしっかりとした内容で世界に向けて提供してゆく ! という姿勢が今後重要であると言えそうです。



社会的なことは、TVがないのでゴシップ的な内容はとんと知りませんが、国際的には第三次世界大戦にはならず良かった。
東京都知事もアメリカ大統領も選挙結果にいままでと違う潮流を感じ、また地元関連で周りを見ていても、
そろそろ世代交代というか、構成する人たちの内容が替わりつつあるというか、替れないと続けていけないところまできている様感じます。「いたしかたない」と終わりにしてしまうのは、つまり世代交代に失敗したということでしょう。

再生可能エネルギー関連のウォッチでは、地方は311以降の努力が形になりつつあり、かなり良い結果を生んでいる印象です。田舎の風景が台無しだというような意見も聞きますが、うーんとそれはどうかなというか、大規模太陽光発電所になっているところは、農薬まき放題のゴルフ場(しかもゴルフ人口は激減)だったり、砂利採掘場あとだったりでいうなる昭和の残像のようなところが多いので、21世紀的に土地を活用するのは日本的でたいへん良いことではないかと思います。
今の発掘関連の仕事をさせていただく中で知ったのですが、日本は同じ土地を時代時代で違う用途で次々フル活用している歴史を持っているため、すべてナベて考えると、1平米あたり1個の遺跡が出るくらい濃いんだそうです。今は活用されていない土地をエネルギー自給のために活用するは21世紀的でとてもよいと思います。

その観点からみると、東京都は人口が極端に多いのにダメダメで、こりゃ自滅するぞという感じで、堀切や葛飾区についても同様です。私は堀切の街づくりでは河川敷周りを「都市部における再生可能エネルギー発電」の実証実験地にして、災害時は堀切地区に電力を供給するというプランを持っているので、今後はぜひそれを進めていきたいと思っているところです。建築業界においてZEHやZEBが概念モデルから形になりつつある昨今、エネルギーの地産地消は今後絶対に必要になるのですから。

まちづくり関連ではようやく「堀切菖蒲園駅」の駅前にスポットが当たりつつあり、もう何年も前に、活性化部会員として区に提出しまわりの人たちにも読んでいただいた4本くらいの研究報告論文の中でかなり具体的には触れてはいるので、いま進みつつあることを静観しています。また同時に、周りの日本の街がどのように変質してきているのか?と言った視点、さらに、何が欠けているか?もっとどうすればいいのか?といった視点で観察しつつあります。堀切は後発な分、良いものができると確信しています。

人間社会的には、大きくはindustry4.0とさらなる情報化社会への潮流ですが、そうかぁ、そのベースエンジンはAIなんだなあと思う今日この頃です。いろいろな要素を適正化しないとこれらを使って社会全体を効率的に無理なくスマートに運用することは不可能で、そうなると連携させなくてはならない要素が桁違いに多くて人間では整合性をとるのが難しいなあと思っていたのです。これらは社会のハード的なことのみならず、人間を含めたソフト的なことにまで当然ながら及ぶでしょうから、より適材適所な社会になって行くでしょう。そうでないと、前述したように、変われないと続けて行けないところまできているのです。

と、ばらばらと書きましたが、
今年一年、たんへんお世話になりました !
風邪などひかぬよう注意して良い年を迎えましょう。 2017年はきっと良い年ですよ。

スポンサーサイト
[ 2016年12月30日 20:13 ] カテゴリ:ブログ | TB(0) | CM(0)

マグカップのパーソナライズサービス受付開始

かねてより

「ほりきりん」マグカップをパーソナライズしたい !

という声があり、どうにかできないものかとここ数年、いろいろな素材を試してきました。


そして、実証実験を経てようやくこれなら行けるという感触を得ましたので、
「ほりきりん」マグカップのオプションサービスとして、
パーソナライズの受付を開始いたします。
「ほりきりん」マグカップであれば、これまでにご購入いただきましたマグも対象となります。


161223-07.jpg


京成本線「堀切菖蒲園」駅 駅前の、茶店「こみやえん」さんに見本を置かせていただきましたので、
ご興味のある方はぜひごらんください。--> 地図



これらの写真は、


161223-11.jpg



いろいろなところに付けられる ! という見本です。通常のパーソナライズより自由度が高い。


161223-06.jpg
161223-03.jpg

こんなところも、いいかも。


店頭用にPOPも作りました !


161223-12.gif


このPOPが店頭にあらわれるのは、12/26(月)以降になりますが、すでに見本や注文票はお店に届いており、
受付はスタートしています。


素材は、


161223-10.jpg



シリコンラバーのSugru(すぐる)というものを使っています。世界的には有名で「TIME」誌の表紙も飾ったことがある素材なんですけど、なぜか日本には入ってきていなかったので私は個人輸入して補修材として使っています。
なんにでもよくついて、人体に安全。
私の「ほりきりん」マグカップにくっつけてここ半年くらい使ってきましたが、取れることはありませんでした。

このSugru。使い勝手は良いのですが、すぐに固まってくるので小出しに使えず、30分以内にすべての作業を終える必要があります。(消費期限も製造から13ヶ月と短く、下手すると使用前に固まっているようです。)

また単品では買えず、3個セットから。さらにイギリスからの送料がかかりますから、
このように少しだけ使いたい場合はかなり高価になる素材です。

そのようなわけで、予約がたまったら作業しますね。
ゆるゆる待てる人用の有料サービスです。


こんなの希望する人、いるのかねぇ〜?

と言われてますが、

「ほりきりん」マグカップをパーソナライズしたい方はぜひどうぞ !



「ほりきりん」マグカップ本体は、同じく京成本線「堀切菖蒲園」駅 駅前の、茶店「こみやえん」さんで、
ラッピング素材やミニステッカーのおまけ付きで 1個 1080円で販売中です。


151024-03.jpg




最近は、職場でも使っています。

161204-05.jpg



「ほりきりん」ポーチも、


161211-01.jpg


10個くらいお買い求めいただいたと聞きました。ありがとうございます !

一見シンプルに見えますが、実のところとにかく手間暇がかかりすぎたため追加は絶対作りたくないので、
今回納品した分だけになります。 


こちらも、よろしくお願いいたします。




[ 2016年12月24日 08:26 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

「ほりきりん」缶バッチ大凧第9回バージョン

161219-01.jpg

12/17土曜に開催されました「堀切大凧揚げ大会」で配布した「ほりきりん」缶バッチ大凧バージョンです。


今回から大会が年内開催となったため、

こまったな〜と思ったのは、

2016年1月にも開催していたため、


160116-01.jpg


これがその缶バッチ。

2016年を2個作るわけにも行かず、考えに考えた結果、

The 9th としました。


当初は、9thで行こうとしていたのですが、Google翻訳を通すと9日になってしまい、
Theをつけました。

それ以外にも、2016を入れてくれという声もあって・・


そもそもこのバージョンは文字情報が多くて、直径32mmの缶バッチデザインとしては
非常に混み混み。。

ただ文字を入れ込むだけならすぐにできるけれど、
デザインとして成立させることができるのか??

と、いうわけで10月中にアイデアを練り、
11/3にデータ作成作業をスタート。
間がかなり空いて詰めに11/19と11/20の2日かけ、
11/21の仕事かえりに色出しと紙質決定のための出力実験でコンサルタント会社へ。
この作業中に2箇所大きくデータを変えた決定内容で量産していただいた部品を
11/29にみなさんに組み立てていただき完成 !
12/17に無事配布することができたはず? です。


当日はさすがに現場は勘弁してもらって別の仕事で1日缶詰めで絵を描いていたので会場にはいませんが
いかがでしたでしょうか?


今年は移行期の例外ということで、来年また作ることがあれば
2017だけになるかなと思っているところです。










[ 2016年12月19日 01:39 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

明日 !  堀切大凧揚げ大会

明日は、荒川河川敷で第9回堀切大凧揚げ大会です。クリックで公式ページ。

開催日
平成29年12月17日(土曜日)
時間
午前10時10分 から 午後2時 まで
午前10時40分から、凧揚げを開始します。
会場
堀切水辺公園
対象
どなたでも
事前申込
不要

今回から、年内12月開催になったようです。


そして !

今回も、堀切地区まちづくり推進のためのアンケートにお答えいただきました方々に、
「ほりきりん」缶バッチのプレゼントがあります。 限定250個くらい。


葛飾区の区報にも一面に載りましたように、
ようやく堀切地区のまちづくり事業が本格始動します。

堀切に暮らしていたり働いていたりする人達で、これからの堀切地区のあり方を自主的に検討して参りましょう !
あたらしい街に進化し終わるのは、今のお子さん方が大人になった頃かもしれませんし、
オリンピックを控え、それよりもずっと速いスピードで進行するかもしれません。
南千住の街は、私が堀切の越してきた13年前はまだ大型トラックが多数出入りする工事現場でしたけど、
いまや立派なベットタウンですから、堀切も思っているより進化は速いかも??



ぜひ、大凧揚げ大会会場のまちづくりの「ほりきりん」ブースにお越しください !  
着ぐるみ「ほりきりん」も参加予定です。


これまでの「ほりきりん」大凧上げ大会バージョン缶バッチ

160115-01.jpg
160116-01.jpg



[ 2016年12月16日 20:22 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)

「ほりきりん」ぽーち納品

昨日、12/10
京成本線「堀切菖蒲園」駅 駅前の茶屋「こみやえん」さんに、
「ほりきりん」ぽーちを納品してきました。

こんな感じです。


161211-01.jpg


しっかりした布を使用しています。
うらには「堀切」が入っています。


161211-07.jpg



今回の重要なデザイン要素は、unit_EO (にゆっといーおー) のタグです。



161211-08.jpg


このマークは、EOの化学記号からインスピレーションを得ていますが、ブランド的には人がひらめいたところを表現していて、


161211-03.jpg


わたくしOと高校からの親友Eのユニットという意味です。
素材にもこだわり、自然素材を使って自作し簡単にははずれないよう二度縫いしました。


本体も私が一つひとつ作りました。

ぽーちの口は、チャックになっているのをよく見かけますが、
今回は、あえて赤いマジックテープを一つ一つ手で「ハート」型に切り抜いてボンド付けし、
さらにジグザクミシンで縫い付けています。


161211-02.jpg


使う人だけが見られる「ハート」です。


161211-05.jpg



裏地もつけました。 実は手を入れた時に、おふとんに潜り込んでいるような感じを出したかったりしています。
ここのところ仕事がきついので、睡眠への欲求が強いようです。



そしてなんと、



161211-06.jpg



4色展開 !  合計49個の限定販売。だから1色あたり約10-12個です。


うち、たま〜に「ハートマーク」が刷られた物が混ざっていたりしますよ。
大量生産ではないからできる強みです。





と言う訳で、ようやく今回の「ポーチ」で unit_EOブランドも「マグカップ」・「手ぬぐい」の3点になりました。

形になるまで応援していただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。


そしてこれが重要なのですが、「ほりきりん」は堀切の街づくり・活性化のキャラ。
日常生活に「ほりきりん」グッズを取り入れ、堀切のまちづくりを意識していただければ幸いです。



p.s.
さきほど、ようやくここのところずっと食卓の上に出ていたミシンを片付けました。
その前に同じ場所には、5月半ばあたりから「ほりきりん」を刷るためのシルクスクリーンの版を設置していて、
それらの隙間でご飯を食べてきたので、何ヶ月かぶりに普通の食卓にもどった感じです。
今年中に終わることができてよかった〜
[ 2016年12月11日 17:02 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)

「ほりきりん」ポーチ制作 最終段階

さむくなりましたね。

昨日の土曜はくしゃみ連発で咳も出ていたのですが、
10時間寝たので本日は快適です。
巷ではインフルエンザの噂も聞きます。

さて、
おくれに遅れていた「ほりきりん」ぽーちの制作が最終段階に入っています。


161204-01.jpg


今回のぽーちの重要なデザイン要素のタグと、パッケージシール。



161204-02.jpg



アイロンかけ後の様子。
これはぽーちの裏面で、おもて面が「ほりきりん」になります。納品したらおもて面も公開します。
ご覧のように、今回は4色展開です。おかげで、そんなに数は作らなかったのに大変でした !




販売は、京成本線 堀切菖蒲園駅 駅前の「こみやえん」茶店さんが担当してくださいます。

今回、企画・試作段階でも「こみやえん」さんにはたびたび相談にのってていただきましたし、
とにかく、非常にお待たせしていましましたが、遅れますと言いに行く度に、
「いつでもいいわよ〜」と言っていただけたので、たいへん助かりました。

納品できたら、またここでお知らせいたします。



というわけで、今回も一人で作りましたけど、
別にひとりで作ることに意義を感じているわけではなくて、
地元で若い人中心に制作チームを組めたらいいなというイメージは持っているんですよ。
地域活性化の意味で。


一方で手ぬぐいは、来年もぜひ ! という声も聞かれるのですが、何分にもいろいろと大変すぎなので、
今年分は私一人で作りました。
次回は絵柄のデータを量産向きに修正して外注にしますから、
資金面で協力してください と言うと、
引かれてしまうんですね・・・ なかなか... です。
なぜ外注かというと、実際にやってみてわかったことですが、手ぬぐいは実は大画面なため版に関連した設備上の幾つもの問題が発生するのです。



と、まあ「ほりきりん」ぽーちは
こんな感じで進んでいます。




今までにない物を作ろうとする時、

まず、ものにできるほどの具体的なイメージが必要なんですが、

言っているだけでは物にはならず、

具現化するところまでやれるかというと、ハードルが多くて なかなか..



161204-05.jpg



そういえば、この「ほりきりん」マグカップも発想したのは2013年で、

物にできたのは昨年2015年だったなあ

途中、何十回もデータ作り直して、試作作って・・

ひとりでやっていると、自分が諦めたらそこでおしまいなんだよね〜

と、一息ついて こないだiHeabで購入したオーガニックの紅茶をいただいています。甘い香りがします。


161204-04.jpg


これって、フランスの紅茶だったのね と今頃気付きました。


みなさまも、暖かくしてお過ごしください。



【おまけ情報】
「ほりきりん」缶バッチ 第9回大凧上げ大会バージョンは、先週火曜日に地区センターで無事制作が終わりました。
参加者の皆様、事前に出力実験におつきあいいただきましたOさん、お疲れ様でした。

12/17(土)の荒川河川敷で行われる第9回大凧上げ大会時の、まちづくり推進協議会PRテントで
まちづくりアンケートにお答えいただきました方々にお礼として配布予定です。
昨年は、スタートから2時間でなくなりました。今年は単純配布ではないので、そこまで短時間にはなくならないとは思いますが、集めていらっしゃる方はご注意ください。

[ 2016年12月04日 21:51 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
770位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR