OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  2017年01月

お茶を入れる道具

普段、作業中に水を飲んだりお茶を飲む習慣があるので、
いかに簡単にお茶を入れるか? なんとなくいつも気になっています。


まあそのようなワケで、
これまでにいくつかの茶こしを購入してきましたが つまり幾つも持ってはいますが

この度 iHerbでもティーインフューザーを・・

それが先ほど注文から3日くらいで届きまして、なかなか調子が良いので
簡単にレポートいたします。



iHerb Goods, ステンレススチール ティーインフューザー-iHerb
170128-02.jpg


蒸らすための蓋つきで、上の写真ではそれを下に敷き受け皿にしています。


オールステンレス製ですが、重厚というより薄々な作りで、
ちょうどすこし割引セールだったので1000円しなかったです。


このように、細かい穴がたくさん開いているのでお茶っぱは出ません。

170128-01.jpg


レビューをみると、
取っ手が取れたひとが何人かいるようですが、
私のところに来たのは今のところ良くついている感じで、
蓋もパコッとハマるので、最初どうやって開けるのか? と焦りました。

でもまあ、蓋の切り端は丁寧には仕上げていないねぇ。でも、たぶんそれやったら2000円超えちゃうよねぇ。
時間のある時に紙やすりでやすればイイと思ったけれど、
それプラス、千枚通しの軸部分で角を丸めるように撫でると良いようです。

それに、この細かなパンチ穴は高価な加工だから、良い買い物したかも。

プロダクト的には、お客さんに出すためのアイテムというよりも、
仕事場の自分の机の上のアイテムという感じで、
使う・洗う・保管する時々のシーンをよく考え作られています。


個展も近いのでPCに張り付く時間がさらに長くなるし、寒い日々も続くので
コイツはイイかも !

と期待しています。


p.s. 九州産のお茶を出してみましたが、なかなか甘い味に出てイイ感じです。


スポンサーサイト
[ 2017年01月28日 23:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

風邪ひいていたみたいです

この金曜日は、
仕事帰りに友達のグループ展を観に行き、
その流れでなんとなくたま〜にしか出ない飲み会に参加して
飲み物は水しか飲んでいませんが、
やっぱり騒がしいところは苦手だなぁと思いつつもどうにかクリアーし帰宅したら・・

アメリカ大統領就演説がこれからあるんだ !  と気づいて、結局見ていたら・・
風邪をひいたようで。。

土曜は風邪でダウンしていました。。。


でまあ、トランプ大統領の演説を聞いていて、
これを言ってくれる日本の政治家がいないのがなんとも残念.. って思いました。。


私はアメリカ人用の同時中継を見ていましたが、
後日ネットで探したところ、ノーカットで適切な日本語訳の映像はというと
なかなかないですね。。

で、そのような中、さすがに向う生まれの方の翻訳はいいなと思ったのが以下です。





彼が「アメリカ」と言っているところを「日本」に置き換えて聞くと、

そうかぁ。 あっちの一般市民も大変な生活を送ってきたのね。 とわかりますし
実際2012年にひさしぶりに行って見て、細切れのパートタイムで働いている人が多いことは見てきましたし、

上に書いた、これを言ってくれる日本の政治家がいないのがなんとも残念..  という気持ちも理解していただけるのではと思います。


今後、政治家だけでなく一人一人の行動が
「結局は口先だけで、みんなのためになんにもしていないよね。」と即検証される国際社会に変質することが予測されます。

国際社会で無視されないよう、日本社会もスミズミまで変質する時が来たのでしょう。


[ 2017年01月22日 13:00 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)

アジア初 ! 台湾が脱原発法を可決

TVが家にないので、今頃知ったのですが、
台湾が脱原発法を可決、アジア初 25年廃炉、再生エネ拡大へ-2017.0111-京都新聞

台湾の立法院(国会)は11日、2025年までに、3原発6基の原子炉を事実上、全て廃炉にすることを盛り込んだ電気事業法の改正案を可決
〈中略〉
代替の再生エネルギー拡大を進めるとのこと。


すばらしい ! !

日本は原発事故を起こしているのに政治的決断はまだできていない。けれど !
地域地域でできることをスタートしていて、その成果が形になりつつあります。

電力を地産地消する動きが加速、原子力に依存しない分散型へ移行 (1/4)
-017年01月13日-スマートジャパン

日本の電力供給の構造が大きく変わり始めた。特定の地域に集中する大規模な発電所による供給体制から、再生可能エネルギーの電力を地産地消する分散型へ移行する。災害が発生しても停電のリスクが低く、新しい産業の創出にもつながる。特に原子力発電所の周辺地域で取り組みが活発とのこと。

日本の再生可能エネルギー関連の強みは、
1. 地理的に多様性に富んでおり、さまざまな方法を導入する可能性を秘めている点。
2. 日本人らしい細やかな視点による発電技術の開発研究に多くの方々が取り組み、特に311以降、次々と成果を積み重ねられている点にあります。

ただ導入するだけでなく発電の仕組みを工夫しながらの導入の取り組みは、その種類の豊富さもあって、今後の地球環境における再生可能エネルギー発電のあり方の雛形になるでしょう。

これからは地産地消ですね。



問題は、東京都です。
トップクラスの世界都市と言われているし、これだけ高密度都市東京で成功できれば世界への影響力はハンパなく大きいのになぁ..

                          

【おまけ】
これほしいなぁ〜
水と塩で発電、80時間使えるLEDランタン-2017年01月12日-スマートジャパン

"ちょうちん"もすごい発明だと思っているので、そのDNAを感じます。
[ 2017年01月15日 16:50 ] カテゴリ:創造の時代 | TB(0) | CM(0)

センター試験の日はよく雪が降る

センター試験のある1/15くらいって、本当に雪がよく降ります。

今年も各地で大変な大雪のようで、受験生のみなさん がんばってください !
焦らず、やってきた事を出し切れるよう願っています。


1ヶ月くらい前に、
日本の大学院進学率はいくらか上がったのだろうか?
それとも、景気低迷が続いているので下がっているのだろうか?
とふと思いネットで調べてみると・・・

日本国内の進学率の変化よりも、そして大学院進学率以前に、国際的に見た日本人の大学進学率の低さにビックリ !

見たのはこちらのPDF資料。
我が国の大学・大学院の現状-文部科学省

大学進学率の比較(2008) (入学者数(年齢は問わない)の入学年齢相当人口に対する割合)

91 オーストラリア
78 ポーランド
73 スロバキア
72 アイスランド
72 韓国
70 ニュージーランド
69 フィンランド
63 スウェーデン
63 アメリカ
60 オランダ
59 ハンガリー
59 デンマーク
59 チェコ
56 イギリス
56 タイ
54 イタリア
50 オーストリア
49 日本


これは・・・

日本が5割いかない時に、オーストラリアは9割以上、韓国も7割以上だしアメリカも6割以上。

単純に考えて、日本人10人中に5人いないかもという状況。

こどもの数は減っているはずなので、かなり切迫しているなあという印象です。
海外の高い比率の国は、社会人大学生率が高いというのもありますが、なべて社会の中に大卒が多いのです。
英語力がどうのこうのいう前に、学ぶ期間を早急に長くしないと !

というのは、AIが急速に発達し社会に浸透しつつあるので、今後は単純労働は減ってゆくだろうことが予測されますし、また上の資料から読み取れるように、全地球的に学ぶ期間が長くなりつつある傾向があるわけですから、単純労働から複雑な労働まで外国から働きに来る人も増えそうなこの頃、
どのような職種でも考えて実行でき学位をもっている日本人を増やさないと、就職試験で日本人が落ちる事態も考えられるのです。
「ゆとり」って、つくづくまずい政策だったなあと思います。

今年のセンター試験の受験者数はいくらか増えているようなので今後に期待しつつ、

受験生の皆さん、雪にめげず がんばって !


[ 2017年01月14日 19:54 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

ぐんて手袋

外から、さむそうな風の音。
寒波到来のようです。


170108-01.jpg


ぐんてを手袋にしているここ数年。

311をきっかけに、すぐに捨てられるようにというのが当初の理由でしたが、
何度か洗って起毛してくるとなかなかあたたかい事に気づき、積極的に使うようになりました。

しかし、電車に乗るとなると女の子たちの冷たい目も感じて、
ならば見た目に、積極的にぐんてを使っているとわかる工夫をすればいいのではないか?

と思って、刺繍しました。


170108-02.jpg



うらおもてがないので、模様もラウンドで入れた方がいいかなとぐるりと刺繍しましたが、
結構伸び縮みする生地なので、糸1本ですべて刺繍してしまうのではなく、
2-3本使って、途中に糸の切れ目ができるようにすると良いようです。


こうしてみると、ぐんてって手芸素材として結構イケるかも??


100円で何組か買えるし。


雑貨ブームに乗って、いろいろ工夫できそうです。



わたくし的には、ぐんては多少ごわついて硬いので、使う前に柔軟剤やリンス等で一度洗って
やわらかくした方が好きです。

それと、サイズはL使用かな。
いや、手はちいさいんですけど、ぴったりサイズよりだぶつき目で、
空気の層ができた方が暖かく感じます。


それにしてもぐんてって、継ぎ目もないのにこんなに安価に作られていてすごいですよね。
日本にしかないのかな?と
ぐんて軍手についてウィキペディアで調べると、
これがなかなかおもしろい。


軍手-ウィキペディア

もともとは鉄砲伝来の時に、鉄砲を素手でさわって錆びないように用いられたのがはじまりのようで、
この細かな感性は日本人特有ですね。


また、軍手が今の形になったのは戦後らしく、

1955年、作業時の安全性を向上させるため手首の部分にゴム糸を挿通して編み上げる「ゴム入り安全手袋」が島精機製作所の島正博によって発明された



島正博さんについて調べると、
和歌山県和歌山市出身。10代の頃から発明に熱中し、16歳の時には手袋編み機の特許を取得している。
県立和歌山工業高校卒業後、1962年に「手袋編機の自動化」という課題を掲げて島精機製作所を設立した。「研究開発」に力を注いでおり、1995年には画期的な無縫製ニット横編み機「ホールガーメント」を世に送り出した。
2014年07月11日- アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィアに在るドレクセル大学より名誉経営学博士号が授与された
-wiki


この方の発明により、軍手が安く継ぎ目なく作られるようになったのですね。



そしていまや、世界のアパレルや車のシートに、なくてはならない存在になっているようです。




こんなマシンもあるようです。






戦後、軍手からはじまりこんなに短期間に次元が変わってしまったかのようです。

日本人がすごいと言われるのは、こういうところでしょうね。
創意工夫が深いから、やはり日本人は世界を進化させるためになにか作って行かなくてはと感じます。


こういう技術って大量生産というより個別生産向きだから、これからのindustry4.0に重要でしょうね。

[ 2017年01月09日 02:55 ] カテゴリ:作り方 | TB(0) | CM(0)

あけましておめでとうございます !

2017年 あけましておめでとうございます !


今年もよろしくお願いいたします。


2017-nenga-3.jpg


そろそろ起きようかなぁ という「ほりきりん」です。
[ 2017年01月01日 15:27 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
828位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR