FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  未分類 >  ふと 思ったコト・・

ふと 思ったコト・・


最先端科学の動向は気になるところなのですが、
最近インターネットを見ていると、TVの影響か? トランスヒューマニズムなる技術が
紹介されていて、でも・・・  と思うので・・
こんな時間ですが、すこし書きます。

人体に小さなチップを埋め込んで、それによりその個人に関連するさまざまな情報との照合により、
これまで個別のアイテム、鍵やカードや小銭で行なっていたコトなどをそれらを持たなくても
人体だけで可能とする便利な技術・・ のように紹介されていますね。


でも、思うんですよ・・・

なんでそんな古風な技術をわざわざ現代でやらなくてはならないのか? 


と、考えるのはですね、
そもそも前述した便利なコトを行うのに必要なのは、"その人が絶対にその人である"ことの証明。
これを証明するために、これまで様々なアイテムが使われてきた。
こう考えれば、人体埋め込み型チップもその類(たぐい)なのです・・・

一方で、生体認証と言う技術がすでに確立していて、使われているわけですから、
なにも、わざわざチップを埋め込まんでもいいんじゃないの??
と思ってしまうのです。

要は、"その人が絶対にその人である"ことの証明は、すでに生体認証でできているのだから、
それとさまざまなデータベースをどのように連動させるか? とか、
その生体が何をしたいか? の意思の読み取り技術の推進が真に必要なコトではないかと思うのです。
つまり「ひらけ〜ごま ! 」
それを唱えている人が、適切な人なのかは生体認証でコト足りませんか?

どうですかね?

あっと言うに、チップなんていらなくなるような気がしてきませんか?

もし、"その人が絶対にその人である"ことの証明以上の目的がチップに入っているのであれば
それはそれで別ですが、そのようには聞かされていませんものね。

と、夜中にふと 思ったのでつぶやかせていただきました。

追記
ロボット義手義足とか、それらはまた別のトランスヒューマニズムなんだと思います。
でも、広く一般に必要かというとそうでもなく・・
また再生医療も進んできていますから、
そちらの方向でも古風な技術になりそう・・ と思ってしまいます。

人体に危険な環境での活動は、人体を強化するより、
自立型ロボットとか遠隔操縦ロボットが活躍する場になるでしょうしねぇ・・・

おおくのハリウッド映画が成立しなくなってしまいますが、
まあ 別の未来があると言うことです。


スポンサーサイト
[ 2018年05月28日 01:02 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1398位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR