OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  未分類 >  水害に思う・・

水害に思う・・



私も「堀切地区まちづくり」に関わるまで、
普段から歩いている範囲をこえて、広域に地域を意識することはありませんでした。

堀切は荒川越えてすぐのところにありますから、
このような映像を見ると、我が事のように思え身につまされます・・

被災された方々に、謹んでお見舞い申し上げます。1日も速く日常を取り戻せますように。
また、亡くなられた方々に対しご冥福をお祈り申しあげます。


荒川にかかっている京成本線の荒川橋梁架替が計画されてから長い月日が経ちました。
でもなかなか実行されずにいます・・

橋梁は1931年(昭和6年)3月に完成しており、今年で87歳超え。

また、
荒川は一級河川なので国土交通省の管轄ですが、日本における鉄道橋梁は100%鉄道会社の持ち物。

国土交通省的にも、京成本線荒川橋梁が古く低いため、電車が走る部分だけ土手がV字に切れ低くなっている事を気にしていると、まちづくりの会合で聞きました。

ここで決壊すると、国土交通省の調べでは葛飾区の被害規模しか試算していないのですが、成田空港への路線のひとつですから、実は国政的にもマイナス影響が出てしまうのです・・

またここへ来て年々自然災害の規模が大きく、さらに多発していきている印象・・

ますます、広い視野で考える事が大切な時代になってきたと感じます。


ところで
荒川って、とても長い河川 なんですよ!   ほんとうに長い ! 
荒川-ウィキペディア
水系として、流路延長173 km流域面積2,940km2。川幅(両岸の堤防間の距離)は御成橋(埼玉県鴻巣市吉見町)付近で2,537 mになり、日本最大

だから、上流で雨が多く降ると、支流からどんどん水が流れ込み・・・

という事で、荒川下流河川事務所のライブカメラ映像は重要だなぁ と思っています。

堀切船着場ライブカメラ映像-国土交通省関東地方整備局 荒川下流河川事務所


最近、カメラの見ている方向を変えたのですね ! これなら、土手と水量の関係がわかりやすそうです。

スポンサーサイト
[ 2018年07月10日 08:14 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
753位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR