FC2ブログ

OZAKUのブログ

小作志野 公式ブログ 自分の作品と環境関連のさまざまな事を取り上げています。
TOP  >  未分類 >  ひさしぶりにキンピラごぼう

ひさしぶりにキンピラごぼう


昨日、近所のOKスーパーに行ったら、鹿児島産のかなり太いゴボウ2本組みが売っていたので、
これにニンジン1本を足して、キンピラごぼうにしました。


180802-01-1.jpg 


作り方をYoutubeで検索して、つばめTVさんのレシピを基本に、使っている醤油が甘めのニビシのためすこし塩と醤油を追加し、実家で食べていた味に近づけました。

キンピラごぼうは、温め直さなくても食べられるので、暑い季節は助かります。

つばめTVさんによると冷凍保存もできるそうなので、半分をジップロックに入れて冷凍庫へ・・

しかし、箸をつけ始めると結構な量を一度に食べてしまったので、
近々解凍しなくてはならないかもしれません・・

日本人は、気張らなくてもベジタリアンできるなぁと思うのでした。
まあ、ダシは使いますが・・それも昆布にすれば良いのかな?
というか、あの考え方は肉が主食の白人種のものなのかも?・・・ とも思えたり・・


笹の好き嫌いのはげしいパンダの映像を見ていても、うまい笹を食べている時の顔って
笑顔。

おいしいものを食べられた時に、食べられた事に感謝する気持ちが自然と沸き起こる気がします。
もちろん、飢餓状態で・・ というような時は、おいしいおいしくないの区別はないでしょうが、
それは非常時。

で、何が言いたいかと言うと、ベジタリアンを非難するわけでは無いけれど、
なんというか、肉類を食べなくても生きていける ! というところに強く線を引きすぎている気がして・・

そうではなくて、肉類よりうまい ! というところを目指して工夫するのが、普及的にも
良いような気がするのです。

とすると、すくなくとも日本社会においては別にいつもの庶民の食べ物ではないか? となってくる。
ごはんにおしんことか梅干しとか。

江戸時代の庶民にとって魚は、月に1〜2回食べられるかどうかの豪華メニューだったとも聞きますし、基本麺類は動物性タンパク質なしでも普通に食べられるものです。


生存とか健康とかもちろん重要なんですけど、今後のベジタリアンはそれらを踏まえつつ、人類の頭を説得するのではなく、味覚という感覚を納得させる"肉食よりうまい ! "レシピを次々と創造。その事により人類全体の肉食の回数を減らす方向を目指すことで、個人の生き方の範囲を超え食料問題の解決にも貢献できる !  

と、キンピラごぼうを食べながらふと思いました。


スポンサーサイト
[ 2018年08月03日 00:23 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Lc.ズームバー v2
ズーム: 100% → 100%

プロフィール

OZAKU

Author:OZAKU

ライトに読める文章の修行をしています。

現代美術作家・表現とコンピュータに関する研究者・「ほりきりん」線形作者・公式HP略歴はこちら

3.11後は、身の回りの環境問題として放射能関連も。
Free area
PDFファイル配布中

ほりきりん絵はがき ほりきりんのし紙
検索フォーム
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1988位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR